衝撃の裏返しデザイン – リーバイス×ビームスの「インサイド・アウトコレクション」

リーバイスがビームスと「THE INSIDE OUT COLLECTION(インサイド・アウトコレクション)」を発表。衝撃度の高い裏返しデザインや世界初のレッドタブ反転ロゴなどエピックなポイントが多いコラボレーションをピックアップ。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : BEAMS

リーバイス、ビームス両社にとって歴史的なアイテム

突如発表されたLevi’s(リーバイス)とBEAMS(ビームス)のカプセルコレクション「THE INSIDE OUT COLLECTION(インサイド・アウトコレクション)」。リーバイスは過去にもビームスと手を組んで商品を発表したことがあるものの、今回のアイテムはなかなか衝撃度が高い。
ご覧の通り服を裏返したようなデザインで統一されており、セルビッジ(赤耳)が表に出ている仕様が強烈だ。
インスタグラムなどを見ていると稀にこういう着方をしているコアなデニムファンを見かけるので、彼らは「このデザインは俺の着方を参考にしたに違いない!」と興奮しているかもしれない。また、LEVI’S(ビッグE)のレッドタブが逆さになっていて、これは何と世界初の試みだという。保守的な一面も強いリーバイスがここまで思い切ったデザインを敢行したことは歴史的なニュースと言えるだろう。


ジャケットもジーンズも裏返し。このコラボレーションを知らない人が見たら単純い裏返して着ていると思われるに違いない。

正面からのショットもインパクト大。これをクールと捉えるかはまさに人それぞれ。

史上もっとも奇妙な501が誕生

まずは定番の501を裏返したアイテムを見てみよう。シルエットこそいつもの501。しかし表裏が逆になるととてもじゃないけどリーバイスの製品だとは思えない。右フロントにギャランティーチケットのスタンプが押されているので、よく見るとデニム好きは気付くかもしれないが、大部分の人はこれがリーバイスだとは気付かないだろう。それくらい意外性の高い発想であり、商品化自体がデニム好きにとっては信じられない新作だ。
通常裏側にあるセルビッジが表側に出るため、いわば「100%ロールアップ」しているような状態。ウエストバンドはひっくり返さず表側のままになっており、これも良いデザインアクセントになっている。
右フロントにはギャランティーチケットのスタンプ。これも左右反転したデザイン。また、コインポケットも裏返しなのでミミが表に出ている。


ロールアップすると通常表側のデニムが現れるという世にも奇妙なジーンズ。

革パッチのデザインも型番を表す「501」とサイズ表記以外は左右反転している。コラボレーションであることを証明する「BEAMS」ロゴも途中で反転するデザインで面白い。

デニムジャケットももちろんインサイドアウト

今回のコラボレーションでは2ndタイプのデニムジャケットやウエスタンシャツ、KIMONO型ブルゾンとTシャツも発売。デニムジャケットも裏返しデザインでユニーク極まりない。
襟と袖、ウエストバンドが裏返していないデニムになっており、コントラストを楽しめるデザインになっている。こちらも通常裏側に隠れるセルビッジがフロントに出ており、ミミ好きにはある意味たまらない仕様かもしれない。


シルエットはややボックス型のクラシカルな形状。ミミ以外にチェーンステッチも表側なので、普段隠れる魅力的なディテールを着ていて目で楽しめる一面も。

裏側のポケット部分にもセルビッジが。何度見てもこれが裏側だとは思えない。

ウエスタンシャツとTシャツはどことなく可愛らしい

続いてウエスタンシャツとTシャツを見てみよう。ソートゥースウエスタンシャツもデニムジャケットと同じ仕様で裏返したデザイン。今回発表されたデニム製品の中ではもっとも着やすいアイテムかもしれない。
Tシャツは世界初となる逆さのレッドタブ。BEAMSのロゴもそれに合わせて反転している。このTシャツは着こなしに苦労しないのと、逆さロゴが面白くて個人的にはちょっと欲しいと思ってしまった。


ウエスタンシャツは何だか可愛らしい。こちらもセルビッジがフロントに出る仕様。

世界初の反転レッドタブ。コレクターズアイテム化するかも?

果たしてこれらはカッコいいのだろうか?

一通りじっくり眺めていても、これらがカッコいいのかどうかは判断が難しかった。レアでユニークであることには誰も異論を挟めない。完売後にコレクターズアイテムになる可能性も高いだろう。しかし、デニムウェアとしてオシャレなのか、カッコいいのかは疑問が残るコレクションと言えるだろう。
普通のアメカジファッションに突然これらを組み合わせても浮いてしまう気がするし、カッコ良く自然に着こなせるのは個性の強いファッションを普段から来ている人なのではないだろうか。
リーバイスがこういうアイテムをリリースしたことには意義があるだろうし、単純に面白いとは思う。最初に見た時は買ってしまおうかと思ってしまったのも否定しない。ただ、見れば見るほど「普通のデニムがいい」という気持ちになったのも確かだ。
「THE INSIDE OUT COLLECTION(インサイド・アウトコレクション)」は4月26日にビームスジャパンで先行発売し、5月3日からリーバイス ストア大阪店のほか、ビームスの原宿店や六本木ヒルズ店、名古屋店といった一部のカジュアル店舗で取り扱われる予定とのこと。気になる方は店舗から姿を消す前に手に取って見てみることをおすすめする。

ITEM CREDIT
  • Levi’s x BEAMS:THE INSIDE OUT COLLECTION : 501 / Denim jacket / Western shirts / T shirts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。