【第2回】腕時計とスター – ブラッド・ピットとブライトリング

ハリウッドスターやミュージシャンたちはどんな腕時計を着けているのだろう。連載「Watches & Stars」第2回はハリウッドスターのブラッド・ピットをフィーチャー。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : BREITLING / SENATUS / WatchPro

ブラッド・ピットは今も昔も男が憧れる理想の男性像

ハリウッドの映画業界の中でもっとも成功したスーパースター。誰もが認めるハンサムの中のハンサム。演技派の中の演技派。ブラッド・ピットを形容するにはどれも陳腐な表現に思えてならない。
私が初めて見たブラッド・ピットが出演する映画がどれだったかは記憶が定かではない。「インタビュー・ウィズ・バンパイア」だっただろうか。「セブン」だったかもしれない。たぶんどちらかだったと思う。その後「12モンキーズ」や「スリーパーズ」「デビル」「ジョー・ブラックをよろしく」といった90年代に主演を務めた名作はほとんどすべて観た。
ティーンエイジャーの頃に観て一瞬でぶっ飛ばされてから今まで、ブラッド・ピットが常にお気に入りの俳優であり続けたのは、演技が凄いことはもちろん、彼がとてつもなくカッコ良かったからに他ならない。「もっともセクシーな男」に2度選ばれたくらいなのでセクシーであることは間違いないけれど、ここでもやっぱりセクシーの言葉ひとつでは説明できない。ワイルドで知的で威厳があり、ユーモアたっぷりなのに繊細だったりもする。役によって面白いくらいイメージが変わる俳優だが、素に近い状態のインタビューなどを見ていると前述したような形容詞がどれも当てはまるのだ。
ブラッド・ピットの女性ファンが全世界に何千万人いるか分からない。それと同じか、またはそれ以上に男性ファンを抱えていることが彼の魅力を端的に表していると思う。


公式アンバサダーを務めるブライトリングの広告写真から。ラフなTシャツとブルージーンズだけでこれほどカッコいい男はほとんどいない。隣のシャーリーズ・セロンも美しい!

50代半ばにしてこのルックス!スポーティーなクロノグラフが似合う鍛え上げた肉体も男の憧れ。

自他共に認める時計マニアはブライトリングのアンバサダーに

ブラッド・ピットは20代の頃からロレックスを愛用してきたことで有名だ。GMTマスターⅡ、デイトナ、デイデイト、エクスプローラーなど、現在製作されているほとんどすべてのモデルを個人的に所有し、オンオフ問わず身に着けている。ロレックス以外にもA.ランゲ&ゾーネやパテック・フィリップ、ブランパンなど錚々たるブランドを持っていて、この辺はさすがハリウッドスターという感じ。
そして最近もっぱら愛用しているのがブライトリングのクロノグラフだ。2018年にブライトリングが立ち上げた「スクワッド構想」のメンバーの一人として活躍している。スクワッドとは、アンバサダーに任命した各ジャンルのプロフェッショナルが3人1組となったチームのこと。探検家やサーファーなどジャンルごとに結成されており、ブラッド・ピットはシャーリーズ・セロン、アダム・ドライバーと共にシネマ・スクワッドというチームで起用されている。
契約があるのでレッドカーペットや映画のインタビュー時などで積極的にブライトリングを着用しているのだが、プライベートでも気に入って愛用しているとのこと。パイロットやレーサーたちから絶大な信頼を寄せられるブライトリングはブラッド・ピットとのイメージにもピッタリで、さり気なく身に着ける様はやっぱり超が付くほどカッコいい。


ワイルドなダブルライダースとVネックのカットソー、縦落ちしたジーンズ。そしてクロノグラフ。コーディネートはやっぱり普通だけどクールさは普通じゃない。

ド派手な幾何学模様のポロシャツにブライトリングのクロノグラフ。こういったちょっと妖しい雰囲気もイヤらしくならずセクシーになるのがブラッド・ピットの真骨頂のひとつ。


最新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のワールドプレミアにて。黒いハンチングにシャツ、そして腕元は2カウンターのクロノグラフ。

初共演となったレオナルド・ディカプリオと。ハリウッドを代表する2大スターの共演は映画ファン待望の組み合わせ。映画も大ヒットした。


年齢を重ねても男前っぷりはいささかも衰えない。渋さを増し、これから更に円熟した演技を見せてくれることだろう。

意外かもしれないが、ブラッドはファッションに関してそれほど強くこだわりを持っていないと言われている。しかし、男らしい着こなしをして右に並ぶ人間はほとんどいない。


「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の共演者、レオナルド・ディカプリオと監督のクエンティン・タランティーノと。古き良き時代の空気感を違和感なく演出するゴールデントリオ。

きっと誰もがブラッド・ピットになりたい

ブラッド・ピットは出演作すべてが気になってしまう稀有な俳優だ。次はどんな役柄を演じるのだろう…そんなワクワク感を90年代の頃から変わらずに感じさせてくれる。また、ファンの一人ひとりがそれぞれ違う映画のキャラクターがお気に入りで、いまだに最高の出演作は「セブン」か「ファイト・クラブ」かで議論されていたりする。
若い頃の圧倒的な美貌とセクシーさに年齢相応の渋さと佇まいを加え、これからも男が憧れる男であり続けることだろう。誰もがブラッド・ピットになりたいと夢見てしまう。その夢は叶わないが、もし彼と同じか、あるいは似たアイテムを身に着けることができたら、それは理想の男性像に少し近づくことなのかもしれない。

ITEM CREDIT
  • BREITLING:PREMIER B01 CHRONOGRAPH 42

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。