Is the classic the best? Nike Air Pegasus '83

結局クラシックが一番?レトロ極まりないナイキ・エアペガサス 83の不思議な魅力

オジサンが履いたら悲しいくらいオジサン感が出てしまいそうだけど、そこがまた良いと思ってしまう不思議なモデル。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : Nike

〈ナイキ〉屈指の癒し系モデル?実は非常に使い勝手の良いのがAir Pegasus 83

レアなコラボレーションモデルや誰もが知っている知名度の高いモデルに人気が集中しがちな〈Nike(ナイキ)〉のスニーカー。LIVE IN RUGGEDでもこれまでいくつものレアモデルや人気モデルを掲載してきたが、スニーカーブーム真っ只中の今思うのは「それだけでいいのか?」ということ。言うまでもなく〈ナイキ〉には様々なモデルがあり、どれも個性がある。エアジョーダンやエアマックス、ダンクのような分かりやすいモデルに人気が集まるのは自然なことであり、私自身もそれらが大好きだけれど、ここ最近気になるのはもっとクラシックなモデルだったりもする。
例えば4月12日(月)に発売されたばかりのクラシックなランニングシューズ、Air Pegasus 83の新色「Stone」はその最たる例だ。ダッズスニーカーのお手本のような「ザ・ランニングシューズ」なルックスと落ち着いた配色。40年近く前に生まれたモデルらしくハイテク感は皆無でただひたすらクラシックなデザインは、スニーカーブームの今改めて見ると不思議なほど魅力的に見える。一周回って少し野暮ったいくらいのデザインが気になり始めているのか?単純に自分がオジサンになってしまったからある種のシンパシーを感じているのか?自分でも良く分からないけれど、Air Pegasus 83を見ていると心が落ち着くのだ。
〈adidas(アディダス)〉のスタンスミスや〈CONVERSE(コンバース)〉のオールスターにもそんな感情を感じることがあるけれど、Air Pegasus ’83はなぜか輪を掛けて癒される今日この頃。注目度がひときわ高いコラボレーションモデルが「SNKRS」で0秒でSOLD OUTになったり、過去に発売されたレアモデルが定価の数倍で売買される魑魅魍魎の世界を覗きすぎて心が疲労しているのかもしれない。
ただし、癒しだけを求めてAir Pegasus 83に感動しているのではないことはハッキリと書いておきたい。地味ながら完成されたデザインと優れた履き心地、アメカジから大人っぽいジャケパンスタイルまで幅広くカバーしてくれる使い勝手の良さもAir Pegasus 83の素晴らしさだ。誰もが欲しがるようなエアジョーダンには似合わないような格好でも、このスニーカーであればしっくりくることもあるだろう。


ランニングシューズのお手本のようなデザインのAir Pegasus 83。靴自体が比較的コンパクトなのでサイドのスウッシュがやや大きめに感じる。

何も足せず、何も引けない。まるでお酒のキャッチコピーのようだが、ランニングシューズとして完成されたデザインであるからこその見た目なのだ。


オジサンが履きそうなスニーカーを「ダッズスニーカー」と呼び、地味で野暮ったいルックスに可愛らしさを感じる女性にも受けそう。

「NIKE」「AIR」のフォント使いもクラシック。このレトロなテイストに惹かれる方もきっと多いのではないだろうか。

見れば見るほど深い魅力に気付く不思議なスニーカー
ジョーダンシリーズの次に来るブームはこんなモデルかも…?

Air Pegasus 83の新色「Stone」はアッパーの大部分にホワイトのナイロンを使用し、マッドガードとアイステイ、ヒールクリップにはストーンカラーのスエードを採用。スウッシュとヒールタブにはブロンズエクリプスカラーのレザーでまとめている。どこまでもクラシックで世間のトレンドなんてまったく気にしていないように見えるこのスニーカー、やっぱり流行には疎いオジサンを連想してしまったり。でも、朴訥とした雰囲気と守備範囲の広さに目を向けると、Air Pegasus 83がいかに優れた名品であるかに気付く。そろそろスニーカーブームも落ち着き始める頃のようにも感じるので、次に来るのはこんなモデルなのかもしれない。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ナイキ〉のスニーカーはこちらから。
eyeジュンヤ・ワタナベ×ニューバランス BB480もレトロ好きにはぜひチェックしていただきたい。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。