Permanent standard BUCO JH-1

「いつもとは少し違う」Dr. Martens x Bodegaの3ホールシューズが4/24に発売開始

深いことは何も考えずガシガシ履きまくった者勝ちの一足。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : WAREHOUSE

ベースモデルの良さを活かしながら「いつもとは少し違う」アレンジが加えられたコラボモデル

男女問わず高い人気の〈Dr.Martens(ドクター・マーチン)〉から、アメリカ・ボストンのセレクトショップ「Bodega(ボデガ)」とのコラボレーションモデルが登場。2019年以来2度目のタッグとなり、定番モデルである3ホールシューズの1461をベースに「いつもとは少し違う」アレンジが施されている。
アッパーは〈ドクター・マーチン〉らしくブラックカラーで統一。ただしスムースレザーやスエードなどの異なる素材を用い、トゥキャップにはTechtuff素材を採用することで見た目的に通常モデルとはさり気なく差別化する手法が取られている。
アウトソールにはグリップ力が高いオリジナルの滑り止めソール「Wintergrip」を搭載し、雨天時でも気にせずに履ける高い機能性を確保。下のギャラリーをご覧いただければ一目瞭然かと思うが、見るからに耐久性も高そうなソールはデイリーユースにピッタリだ。


シボ感の強いスムースレザーと起毛したTechtuff素材がさり気なく質感の違いを出している。

アウトソールの太いイエローステッチが〈ドクター・マーチン〉らしい。


素材の切り替えは左右で異なるところも本コラボレーションの特徴。

ブランドオリジナルの滑り止めソール「Wintergrip」。見るからにグリップ性能が高そう。耐摩耗性も高いので何年も着用できるはず。

全天候に対応する機能性と耐久性も魅力

〈ドクター・マーチン〉の良さはイギリス発祥ブランドらしくパンクの空気感があること。靴自体の形状はオーセンティックでも、そこはかとなく音楽の匂いが感じられるところが「マーチンらしさ」であり、このブランドの魅力とも言える。「ボデガ」とのコラボレーションモデルは定番モデルに手を加えたデザインなので、コーディネートを問わず気軽に取り入れることができそうだ。
こちらのモデルは4月24日(土)より〈ドクター・マーチン〉の公式オンラインストアや「BEAMS」の一部店舗にて販売される予定。価格は26,400円(税込)で通常モデルよりは多少お高くなっているものの、耐久性の高さなどを考えるとコストパフォーマンスの高さは非常に高い。シーズンを通してガシガシ気兼ねなく履けるタフな一足をワードローブに追加してみてはいかがだろう。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ドクター・マーチン〉の記事はこちらから

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。