WACKO MARIA WOLF'S HEAD | This is Attitude, not fashion

ワコマリアとウルフズヘッドが教えてくれる、ファッションではなくアティチュードのかっこ良さ

男のファッションを追求し続ける〈ワコマリア〉と〈ウルフズヘッド〉が自由に制作したレザージャケットから漂う危険な匂いを感じつつ、洋服におけるアティチュードについて少し考えてみよう。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : FASHION PRESS

ファッションにおけるアティチュードについて

Attitude(アティチュード)という言葉を辞書で調べると「態度、心構え、気持ち、考え」とある。ファッションを語る際のアティチュードは、多くの場合トレンドとは一線を画した個性やこだわりとして使われることが多い。簡単に言うと「何がどれだけ流行っていようと関係ない、俺はこれが大好きなんだ!このファッションこそが俺そのものなんだ!」ということ。大なり小なり洋服が好きであれば自分なりのこだわりを持っている人が多いかと思うが、アティチュードの割合が多ければ多いほど世間一般のメインストリームとは外れた格好になっていく。それが悪いことではないことはLIVE IN RUGGED読者の皆様には言うまでもないはずだ。ファッションなんて自分なりに楽しむのが正解であり、流行りのファッションに全身を包んでいればオシャレというわけではない(もちろんトレンドを強く意識したファッションが似合う人もかっこいいけど)。
そして、男が自分なりのこだわりや個性を目いっぱい注ぎ込む代表格が革モノや時計、アクセサリー、そして靴。本日は〈WACKO MARIA(ワコマリア)〉が過去に発売したレザージャケットを見ながら、メンズファッションにおけるアティチュードについて少し考えてみよう。
2018年に発売されたこのレザージャケットは、カリスマ的人気を持つブランド〈WOLF’S HEAD(ウルフズヘッド)〉とのコラボレーション。〈ウルフズヘッド〉のデザイナーである幹田卓司氏が描き下ろしたオリジナルのグラフィックは、顔の半分がデビル、もう半分はスカルという「らしさ」全開のデザインだ。2018年秋冬シーズンの〈ワコマリア〉と〈ウルフズヘッド〉のコラボレーションは写真のA-2ジャケット以外にN-1デッキジャケット、クルーネックTシャツ、スカジャンなどいくつかの洋服がリリースされていたが、その中でもタフでラギッドなA-2ジャケットは当時の〈ワコマリア〉の大本命だったことを覚えている。
アンダーグラウンドなストリートファッションの世界でコアな人気を持ち続ける〈ウルフズヘッド〉代表の幹田氏は手作業で作品作りを行うデザイナー兼職人でもある。また、ヴィンテージファッションやアメリカンカルチャーの素晴らしさを独自の感性でアレンジし、マスに媚びないロックな姿勢でクリエイトし続けることでも知られている。〈ウルフズヘッド〉自体の個性的で強烈なファッション性と、幹田氏がずっと持ち続ける強烈にロックな姿勢は、まさに男が憧れる強いアティチュード。だから、これまたロックでアーティスティックなモノ作りを得意とする〈ワコマリア〉とのコラボレーションはごく自然な流れであり、友人同士が遠慮なしで良いモノを作ろうという空気感のようなものも伝わってくる。

時に、男のファッションはトレンドとは真逆になるほどかっこいい

ミリタリーウェアを代表するレザージャケットであるA-2の背中にガツンと入るデビル&スカルのグラフィックは、決して誰でも似合う洋服ではない。むしろこれをかっこよく、そして違和感なく着こなせる人の方がはるかに少数派だろう。しかし、時に男のファッションがトレンドとは真逆になるほどクールであることを、このA-2ジャケットは無言で教えてくれる。
アティチュードは「態度、心構え、気持ち、考え」。〈ワコマリア〉と〈ウルフズヘッド〉が3年前に制作したレザージャケットからは、周囲に媚びずにファッションを楽しむことのリスクと楽しさが同時に伝わってくる。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ワコマリア〉の記事はこちらから。

ITEM CREDIT

RECOMMEND

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。