生涯を通して付き合う相棒 – オメガ・スピードマスター・プロフェッショナル(1982 Vintage)

時に腕時計は単純なファッションアイテムや道具としての柵を超えて、よりパーソナルな存在になる。昨年末に手に入れたヴィンテージのオメガ・スピードマスター・プロフェッショナルは、まさにその柵を超えて、私にとって生涯を通して付き合い続ける相棒になった。


Written / photo : LIVE IN RUGGED

「腕時計、買ってあげるよ」

私事になってしまい恐縮だが、このスピードマスター・プロフェッショナルを初めて語るうえで、私事の話は避けて通れない。5年弱付き合ってきた女性と2018年12月22日に結婚した。結論から言うと、これは妻からのプレゼントであり、だからこそ腕時計も生涯の相棒となった。
2年ほど前から私の腕時計への情熱は特に盛り上がり、特に結婚の準備をし始めた2018年11月頃は我ながら狂ったように毎日腕時計のことを考えていた。暇さえあれば専門書や雑誌を読み漁り、ネットを開けば出物を探す毎日。そんな姿を見かねたのだろう、彼女が夢のような言葉を私に掛ける…「腕時計、買ってあげるよ」。
腕時計好きの方であればご理解いただけると思うが、この言葉は天にも昇るほど嬉しい気持ちと、申し訳なさを伴うものだった。というのも、2~3万円程度のカジュアルな腕時計であればまだしも、結婚記念なので遠慮せず欲しいモノを言ってほしいと言われたからだ。
彼女は私が常々欲しがっている腕時計はどんなものかを何となく知っているし、それらがどれくらいの金額なのかも大体把握している。つまり、私がリアルに欲しがっているオメガのスピードマスター・プロフェッショナルやチュードルのクロノタイム(後期型)の相場…約30万円から50万円弱という金額を知ったうえで買ってあげると言ってくれたのだ。
まともな男ならこんな高額なプレゼントを女性からもらうことに抵抗を感じるだろう。さすがに悪いと何度か辞退したが、話し合った結果、一生に一度の結婚であることと、私が今の会社に勤め初めてから勤続10年であることを祝い、やはりプレゼントしてくれることになった。何ということだろう。こうなったら最高の腕時計を見つけるしかない。数日迷い、私はスピードマスター・プロフェッショナルに的を絞ることにした。


精悍という言葉がピッタリの顔付き。大きすぎず小さすぎない40mm弱のケースサイズは手首に心地良くハマる。

裏蓋に刻まれる「THE FIRST WATCH WORK ON THE MOON」などの文字は、経年変化で白くなっている。

結婚記念にふさわしい最高の逸品を発見

スピードマスター・プロフェッショナルに的を絞ってから次に決めるべきことは、いつ作られたモデルにするかだった。この腕時計は数十年前から基本的な仕様が変わっていないとはいえ、年代によって微妙な違いがある。並行輸入された現行モデルも候補だったものの、ふと素敵なアイディアが頭に浮かぶ。自分と同じ生まれ年のモデルが見つかれば完璧だ、と。
早速ネットを駆使して探し始めたところ、生まれ年ピッタリ(1982年製)のスピマスプロはなかなか見つからなかった。84年製や89年製などは何本か見つけたがそれだと意味がない。しかし幸運なことに、さらに時間を掛けて探すと横浜市にある名店「FIRE KIDS(ファイヤー・キッズ)」で82年製を発見。後日お店に伺ってみると物凄く綺麗な状態で驚いた。ダイヤルに傷や痛みなどがなく、針の夜光すら緑色で残っているくらいだから相当だろう。しかも、ムーブメントはお店のタイムグラファーで計測したところ、日差プラスマイナス1秒程度という極上のコンディション。私にとってこれ以上望めないほど完璧な逸品で、まさに縁を感じるような出会いだった。その場で妻が購入してプレゼントしてくれた。その時の嬉しさも、きっとご理解いただけると思う。


ぷっくりとしたドーム風防がヴィンテージ好きにはたまらない。意味もなく風防を手で撫でてしまう。

タキメーターベゼルが圧倒的に多いスピマスプロだが、これはテレメーターベゼル。このマニアックさも気に入ったポイント。

お金には換えられない唯一無二の存在に

このようにして手に入れたので、私にとってこのスピードマスター・プロフェッショナルは本当に特別な腕時計になった。妻の気持ちが詰まった最高のプレゼントであり、これから何十年も毎日のように一緒に時を刻んでくれる相棒。腕時計を手に入れるにあたり、これ以上素晴らしいエピソードがあるだろうか?
ちなみに精度の良さはお店の謳い文句ではなく、実際に素晴らしいレベルで安心している。82年製というセミ・ヴィンテージが日差1秒前後というのはちょっとした驚きだろう。
手に入れてから毎日のように愛用しているが、まるで新しい靴を与えられた子供が嬉しさのあまり足元ばかり見て歩くように、時間を知りたい時以外でも私はこの腕時計を眺めてしまう。一日に何十回も。オメガ・スピードマスター・プロフェッショナルは素晴らしい腕時計でありクロノグラフの傑作だが、私にとってはそれ以上の存在…妻の愛が詰まった唯一無二の大切な相棒なのだ。

ITEM CREDIT
  • OMEGA:Speedmaster professional 1982 vintage

Specifiction
YEAR : 1982REFERENCE : 145.022CALIBRE : 861MOVEMENT : ManualSIZE : 39.8mmCASE : Stainless steelGLASS : HesalitePower reserve : 48 hours

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。