Rugged as hell Wesco bison leather

ラギッドの極み!バイソンレザーのウエスコ・ジョブマスター

「ワークブーツの王様」ウエスコから今年登場した、日本限定のバイソンレザー仕様。オーダー受付は2020年末まで。急げ!


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : EMPTY GARAGE

日本限定。ラギッドを極めた強烈なジョブマスター

強いシボ。肉厚な革質。深いブラウンの色味…。ウエスコが今年日本限定としてオーダーを受け付けているバイソンレザーシリーズは、まさにラギッドを極めた強烈なオーラを放っている。バイソンとはアメリカの水牛のことであり、分厚さとシボ感の強さが特徴。また、ワイルドな見た目からは意外なほど柔らかさも備えており、水に強い。バッグや財布などの革小物に採用するブランドもあるが、ワークブーツ用として強度や耐久性の面でも最適なレザーと言えるだろう。
このジョブマスターはアッパー全体にバイソンレザーが使われており、通常モデルとの違いは一目瞭然。乾いてひび割れた大地を思い起こさせる銀面は部位によってシボ感や色の濃さが微妙に異なり、豊かな表情を醸し出している。いかにも重厚に見えるが、先に述べたようにバイソンレザーは見た目よりも柔軟な革。履きこむことで柔らかさは増し、オーナーの足元をしっかり守りながらひとりひとりの足に合ったエイジングをしてくれる。


このひび割れたようなシボがバイソンレザーの魅力。美しいブラウンカラーは、あくまでも革が本来持つ質感を活かすための「お化粧」のように染料ベースで染められている。

シュータンとアッパーで大きく異なるシボ感に注目。部位によって模様を変えるバイソンレザーならではの表情だ。8インチ丈のジョブマスターは正面から見ても美しい!


ジョブマスターに用意されている3種類のレースパターンから、バイソンレザーモデルは中間の「セミレーストゥ・トゥ」が採用された。ブラウンカラーのレザーにホワイトのダブルレースがくっきりと映える。

細かいステッチも丁寧に施されている。真鍮製のアイレットとフックスもブラウンカラーのアッパーと相性抜群で、金属パーツのエイジングも楽しめそうだ。

全体のバランスをしっかり考慮して作られた特別モデル

バイソンレザーモデルは「バブルトゥ木型」が採用されている。これは通常のジョブマスターをベースに縦のボリュームがありながら上から見るとBOSSトウよりもシャープなシルエットで成形されたもので、ワークブーツにクラシックでオーセンティックなシェイプを求める方には最適な木型のひとつだという。また、ソールはワックス仕上げの「Vibram 430ソール」を採用。タフで重厚なアッパーに合いながら、程よいドレス感も感じさせる上品なソールだ。これも全体を見てクラシックでオーセンティックなスタイルを目指した結果なのだろう。


新品状態で既に味わい深いが、数年履きこんだ後の表情の変化は間違いなく絶品。

滑りにくい機能性の高さを担保しながら、ごつくなりすぎない「Vibram 430ソール」。もちろん履きこんでソールが減った場合は交換も可能。

オーダー受付は2020年12月31日18時59分まで。急げ!

この特別なウエスコ・ジョブマスターは受注生産で、納期は約4ヵ月。2020年12月31日18時59分までの受付なので、それを過ぎると二度と手に入らない可能性が高い。最強レベルでラギッドな日本限定ジョブマスター、自分へのクリスマスプレゼントにどうだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。