Paraboot x nonnative Malo cow leather

サマーシーズンの足元を上品にするParaboot×nonnativeのデッキシューズ

これからの季節にこそおすすめしたい、大人のスタイルが完成する革靴が本日から販売開始。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : vender

上品さに少しだけ加わるミリタリーのエッセンス

世界的なスニーカーブームが冷めやらぬ2021年。確かにスニーカーはオシャレだし、様々なデザインや色を楽しめて、履いていて最高に楽だ。スニーカーに慣れすぎてから革靴やブーツを久し振りに履くと、鉛でも入っているのか?と思うほど重く硬く感じることがある。これはスニーカーと革靴およびブーツを分け隔てなく愛用する人にとって共通するフィジカル的な問題。でも、メンタルに目を向けるとどうだろうか?スニーカーばかり履いていると、端正な革靴や男らしいワークブーツに足を通したくはならない?
本日紹介する〈Paraboot(パラブーツ)〉と〈nonnative(ノンネイティブ)〉によるコラボレーションモデル「MALO COW LEATHER」は、そろそろ革靴が恋しくなってきた人(もちろん生粋の革靴好きにも)におすすめしたい逸品。ベースとなったのは「MALO」というモデルで、このモデル自体がフランス海軍潜水艦部隊に納入されていたデッキシューズの名作「BARTH」をアップデートしたもの。なるほど、どうりで上品なフレンチテイストがありながらタフさを感じるわけだ。
全体的にはカジュアルで中性的な雰囲気すら感じるが、デコボコしたソールや太いステッチがさり気なく男らしい。潜水艦でミッションを果たす時に履かれていたというストーリーにも惹かれてしまうのは男の性だが、ガチのミリタリー系ではなく上品であるところがこの革靴の良いところだろう。


奇をてらわない王道のデッキシューズのデザイン。〈パラブーツ〉製は安心感とステータスも抜群。

マリンテイストを強く感じるサイドビュー。ミッドソールが通常よりも分厚いこともよく分かる。


もちろんコラボモデルでもサイドにはブランドロゴの入るタグが付く。

明るめのサンドカラーのスウェードはサマーシーズンにもぴったり。

真夏のスタイリングを引き締めるサンドカラーの上品な一足

アッパーは滑らかな手触りを想像させる上質なスウェードレザーで、ナチュラルなサンドカラーなので本格的なサマーシーズンでも暑苦しくならずにスマートに履けそうだ。また、本モデルはソールに注目してほしい。通常よりも厚みのあるミッドソールにライトクライミング用のデコボコしたレイドソールを合わせることで、デッキシューズなのにアウトドアシーンで履かれるトレッキングシューズのような雰囲気が出ていることが分かるはず。この「ありそうでない」発想と、具現化した時に違和感なくまとめてしまうバランス感覚はさすがの一言。
ライニングはアッパーとは打って変わってブラックカラーで、上品さに拍車をかける。もちろんインソールには特別なコラボレーションであることを証明するネーム入り(Paraboot for nonnative)だ。
梅雨が明けて暑さが本格化してきた今日この頃。サンダルやスニーカーは楽で見た目にも涼しげだけれど、たまには上質な革靴で足元を楽しんでみてはいかがだろうか?もちろんオールシーズン活躍することは言うまでもない。
価格は52,580円で、venderCOVERCHORDで本日から販売がスタートしている。13年ぶりのコラボレーションとなった〈パラブーツ〉×〈ノンネイティブ〉、ソールドアウトになる前に急げ!
リングモカシンの踵をカットオフした〈foot the coacher(フットザコーチャー)〉のサンダルもお見逃しなく。
また、〈ALDEN(オールデン)〉が作る正統派のローファーも紳士たる者押さえておきたい逸品だ。

ITEM CREDIT

RECOMMEND

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。