RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147

nonnative の藤井隆行が監修した RED WING – 第3弾は精悍なオールブラックタイプが登場

現在は廃盤となっている #2900 と #3147 をベースに、オールブラックで精悍なルックスに仕上げたコラボ〈RED WING〉が発売。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : RED WING

高い人気を集める〈RED WING〉×藤井隆行、再び

スニーカー全盛期が長く続いている日本のファッションシーンにおいても、〈RED WING(レッドウィング)〉の人気は衰えることを知らない。アメリカらしさを強く感じるタフでラギッドなデザインと確かな作り、他のブランドでは絶対に実現できないと言われるクオリティとプライスの絶妙なバランス感。これらは〈レッドウィング〉が一大帝国を築き上げた直接的な理由であり、同ブランドの本質でもあるのだが、不定期的に登場する特別モデルに惹かれる方も多くいらっしゃるだろう。
nonnative(ノンネイティブ)〉の藤井隆行氏が監修した〈レッドウィング〉は2022年4月にも発売されたことを覚えていらっしゃるだろうか? #8167 と #2925 をベースにした3タイプのブーツは、まるで経年変化したような枯れた色合いを見事に再現。熱狂的な〈レッドウィング〉ファンはもちろん、ファッション好きからも大歓迎されたことが記憶に新しい。
昨年に続くコラボレーションとなる本モデルでは、前回同様に現在は廃盤になっている #2900 と #3147 をベースにした2タイプが登場。いずれもダブルミッドソールに交換し、ソールとアウトステッチをオールブラックで仕立てるというクールな方向性が採用されている。

RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147
RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147

RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147
RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147

RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147
RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147

RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147
RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147

RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147
RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147

RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147
RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147

RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147
RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147

RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147
RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147

RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147
RED WING × TAKAYUKI FUJII Part2 #2900 #3147

アメリカ的ヘリテージとモダンな感性の融合

ディレクションを務めた藤井隆行氏は、「レッドウィング 公式サイト」のインタビューで「シューズでコーディネートが決まると思ってます。変な話、服は全部ファストブランドで揃えても、たとえば足元に〈レッドウィング〉を合わせていたら成立すると思うんですよ。逆の言い方をすると、メンズの服って大差がないから、靴を間違えるとダメになってしまう。そういう考え方は昔からありますね」と語る。どれほど流行が移ろいで行っても靴が肝要であることはいつの時代でも変わらないという考え方は、〈ノンネイティブ〉のような人気ブランドを牽引する藤井隆行氏が語ると当たり前だが説得力が高い。
本モデルでは良い意味で〈レッドウィング〉っぽくしたくなかったという意図があったことから、モードなオールブラックにしたようだ。考えてみると黒いスウェードの〈レッドウィング〉はあまり見かけることがないので、こういうのを待っていた!という方も多いはず。また、ミッドソールを採用した点にも藤井隆行氏ならではのこだわりと気遣いが現れている。現在は太いパンツが好まれる傾向があるため、スッキリとし過ぎているシューズを合わせるとバランス的に収まりが悪くなる場合が多い。しかし、ミッドソールを足すことで程よいボリューム感がプラスされ、パンツのシルエットを問わずに程よいバランスで着用できるのだという。
藤井隆行というフィルターを通して通常の〈レッドウィング〉とはひと味もふた味も違う個性を楽しめる本モデルは、アメリカ的なヘリテージとモダンな感性が絶妙にミックスされた逸品と言えるだろう。
〈RED WING〉× Takayuki Fujii #2900 #3147 は、6月3日(土)にローンチ。販売は「BIOTOP」東京店および大阪店、「COVERCHORD」、そして「レッドウィング 公式オンラインストア」のみとなる。即完売が予想されるので、気になる方は各ショップをチェックしてみよう。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈レッドウィング〉の記事はこちら
ブランドを問わないブーツ/革靴関連の記事はこちらから。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

RECOMMEND