Updated classics Rebuild by Needles

解体→再構築のプロセスを経て生まれるRebuild by Needlesの新しいアメカジ

いくつもの古着を用い、コラージュするようにドッキングする独創的なデザイン。〈Rebuild by Needles〉はリアルタイムで古着を経験してきた大人たちからも絶大に支持されている。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : COLLECT STORE

アメカジならではの土臭さとDIY精神を持つ〈Rebuild by Needles〉の魅力を探る

モードやストリートなどいくつもの系統に分かれるメンズファッションのテイストの中で、アメカジは常に独自路線を歩んできた。ブルージーンズやローテクスニーカー、ネルシャツ、パックT、ワークブーツなどなど…どれも時代を問わず定番として愛されている名品揃いだ。時に「ダサい」「古臭い」「オヤジっぽい」と揶揄されることもあるテイストかもしれないけれど、日本人男性でアメカジをまったく経験していない人は少数派なのではないだろうか。
ヨーロッパのビッグメゾンが毎シーズン提案する最新のファッションとはある意味で真逆の精神性を持つアメカジ=アメリカンカジュアル。こちらの記事では、アメカジならではの土臭さとDIY精神を持つ〈Rebuild by Needles(リビルド・バイ・ニードルス)〉のネルシャツとTシャツをピックアップ。テイストを問わず支持されている人気ブランドの魅力を探る。

解体→再構築のプロセスを経て作られる独創的なデザイン

まずはブランドの定番アイテムとして高い人気を持つネルシャツを見てみよう。アメリカンなネルシャツは新品もユーズドも世の中に溢れかえっていて差別化が難しいことは想像に難くない。〈Rebuild by Needles〉の凄さは、誰が見てもユニークに感じるルックスに仕立てていることと、着用時のシルエットにある。
ユーズドのネルシャツを解体し、7つのパーツから再構築するという非常に手間の掛かる手法で作られるこちらのアイテムは、縦のラインで異なる柄がドッキングしたユニークなルックスが特徴。ボディ、スリーブ、ポケットなどにいくつもの柄が使われる独創的なクレイジーパターンは、〈Rebuild by Needles〉のアイテムであることが一目見て判別できる主張性も備えている。洋服好きであれば誰もが惹かれてしまう一点物を、アメカジの超定番アイテムであるネルシャツで楽しめるところもヒットした理由だ。
アメリカンなネルシャツは新品もユーズドも世の中に溢れかえっていて差別化が難しい。〈Rebuild by Needles〉の凄さは、誰が見てもユニークに感じるルックスに仕立てていることと、着用時のシルエットにある。


いくつもの異なる柄のネルシャツを繋ぎ合わせたありそうでなかなかないデザイン。クレイジーパターンと呼ばれる柄ではあるものの、誰でも気負わず着られる色味。

裾が不揃いなので着用すると独特のドレープ感が生まれる。


起毛感のある生地。男なら誰しも触ったことのある古着屋のネルシャツが使われている。

パターンの異なる柄がいくつも重なることで立体感のあるルックスに。

古着ならではのヤレた雰囲気を活かしながら、立体的な構造でリビルドされるTシャツ

Tシャツもヴィンテージを7つのパーツに解体してから再構築。こちらはアメリカらしさを感じるカレッジTシャツをメインに色の異なる素材をドッキングさせている。古着ならではのヤレた質感とかすれたプリント、今のファッションブランドにはない独特なフォントデザインなど、数十年前の素材の良さを味わえる逸品に仕上がっている。
シルエット的にはワイドでざっくりと着るのが正解。ネルシャツと同様に裾が不揃いになっているため、体の動きに沿って独特のドレープ感が生まれる。7つものパーツに解体し1枚のTシャツに仕立て直すには特に縫製に手間が掛かるはずだが、〈Rebuild by Needles〉はご覧の通り立体感の強いデザイン。Tシャツやネルシャツといった製造コストを抑えられがちなアイテムであっても、手間の掛かった製法でひとつひとつ作られているところも特別感を感じられる。


フロントのグレーボディを主役に様々な色の素材を使用。色の違いをひとつのTシャツで楽しめるのも〈Rebuild by Needles〉の面白さだ。

プリントではなく生地として異なる色や柄が繋がる贅沢な仕様。バックビューも独創的。


既存のタグは切り取り、〈Rebuild by Needles〉のブランドネームなどを首元にプリント。ミシン目が縦に走る製法すらデザインのひとつとして成立している。

ところどころダメージがあり、逆にそれが雰囲気を高めているのも古着をベースにしたTシャツならでは。

すべてが一点物なのでビビッときたら迷わず購入しよう

古着は多くの人が若い頃に経験したことのある洋服。値段が安いため、初めて自分で買った洋服は古着だったという方も多いだろう。大人になるに従って古着からは遠ざかってしまうかもしれないが、多感な学生時代に経験したアメリカンな古着だけが持つ枯れた味わいや雰囲気を持つ〈Rebuild by Needles〉のアイテムには無条件で惹かれてしまう。
コストを度外視した製法の〈Rebuild by Needles〉の洋服は、大人になった今だからこそ着たいと思えるデザイン。すべてが一点物であることも古着屋での出会いと同じ一期一会のワクワク感がある。買い逃すと二度と同じデザインは手に入らないので、発見→あまり迷わず購入をおすすめする。
3月19日(金)にローンチされる〈A.P.C.〉×〈sacai〉のコラボレーションもオリジナリティたっぷりのドッキング系デザイン。忘れずにチェックしよう。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。