Should we buy UNIQLO plus J jeans?

ユニクロ+Jのセルヴィッジジーンズは本当に「買い」なのか?

ある意味で現在もっとも注目されているブランド、〈ユニクロ+J〉。ジル・サンダーの息吹きが掛かったセルヴィッジジーンズは果たして「買い」なのか?


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : FASHIONSNAP

今季もっとも注目されている〈UNIQLO +J〉のジーンズに買う価値があるかを探る

世界でもっとも売れている量販ブランド〈UNIQLO(ユニクロ)〉と偉大なファッションデザイナー、〈Jil Sander(ジル・サンダー)〉氏のタッグである〈UNIQLO +J(ユニクロ・プラスジェイ)〉。2021春夏シーズンの注目度は非常に高く、各ファッション誌やメディアでも大々的に取り上げられている。
〈UNIQLO(ユニクロ)〉単体でも売れまくっているセルヴィッジジーンズが〈+J〉からも発売されたとあってはLIVE IN RUGGEDも黙っていられない。ジル・サンダー自身が「一生物にもなり得ると思う」とコメントした〈+J〉ラインのセルヴィッジジーンズ、果たして本当に「買い」なのか?


やや細身ながらゆとりもしっかり取っているシルエット。この写真ではやや分かりづらいが、裾に向かってゆるやかにテーパードしていく。

お尻周りはもたつきがなくスッキリしている。バックポケットの位置は低め。

ジル・サンダーが積極的に関わったことでデザイナーブランドのようなルックスに

スリムフィットストレートと称するこのジーンズ、上の写真を見る限りだと、モデル名の通りやや細身ながらしっかりゆとりもあるシルエットになっている。スキニーに近いシルエットはトレンド自体が過ぎ去りつつあることと、〈+J〉の場合あらゆる体型のユーザーが顧客になり得ることを考慮すると、やや細身くらいのシェイプがベストなのだろう。実際、モデルの着用画像を見るとクセのない程よいシルエットで穿きやすそうだし、それでいて野暮ったさは感じられない。伝統的な5ポケットジーンズの意匠もありながら、どことなく〈A.P.C.〉や〈NUDIE JEANS(ヌーディージーンズ)〉を彷彿させる雰囲気があると思うのは筆者だけではないはず。
ユニクロのフリーマガジン「LifeWear magazine」によると、使われるのは旧式力織機で織られたセルヴィッジデニム。しかし、いきなり出鼻をくじくようだが、このデニムは100%コットンではなくポリウレタンが1%混紡されている。つまりストレッチジーンズなのだ。生粋のデニム狂としてはこの時点で「さようなら!」と言いたくなるところだが、ジル・サンダー自身は「LifeWear magazine」でこう語っている。
「旧式のシャトル織機で作られており、折り目がきついので、ほどけず、型くずれしません。丁寧に作られた製品であれば、セルヴィッジジーンズは一生ものにもなるアイテムだと思います」
〈ユニクロ〉にはないリベットが打たれていたりと、より本格的な5ポケットジーンズの仕様を再現した〈+J〉のジーンズ。意外とチェーンステッチも使われており、ウエストバンドや裾にうねりのあるステッチが確認できる。ステッチ自体の色味はオレンジ系であることも〈ヌーディージーンズ〉を彷彿させるポイントだったりする。
トップボタンは銅製のオリジナルを使用しているが、ボタンフライではなくジッパーフライタイプだ。ここもデニム狂にとっては許せない部分かもしれない。ただ、先に述べたようにエンドユーザーの数が桁違いに多いので、ボタンフライにすると売れ行きに影響するのかもしれない。
個人的に興味が惹かれたポイントはバックポケットの位置だ。意外なほど下に配置されており、バックポケットの位置が低く見える。一般的にバックポケットの位置は低ければ低いほど腰穿きしているように見えて子供っぽくなるのだけれど、ヨーロッパのデザイナーブランドはスッキリした小尻効果を狙ってわざとバックポケットの位置を下げることがある。〈+J〉はジル・サンダーが絡んでいることから、ジーンズにとってもっとも重要なパーツのひとつであるバックポケットの位置や形状、大きさについてももしかしたら〈ユニクロ〉側というよりはジル・サンダー側の希望なのかもしれない。


くすんだ濃い色味の銅製ボタン。「J」のロゴが刻印される。ベルトループは中盛りのないフラットなタイプだ。

ここだけ見るとステッチのない〈ヌーディージーンズ〉のように見えたり見えなかったり。


リジッドデニムに映えるオレンジステッチ。

「+J」のロゴがスタンプされたパッチ。本革ではなく合皮であることもデニム狂がガッカリする仕様。値段を考えると仕方ない…。

個人的には「買い!」とはならなかった

気になるのはサイズ感。公式サイトを確認すると、32インチの場合〈ユニクロ〉のスリムフィットストレートジーンズはウエスト87cm、ワタリ幅31cm、股上25cm、裾幅18cm、股下は84cmとある。それに対して〈+J〉のスリムフィットストレートジーンズはウエスト86.5cm、ワタリ幅31cm、股上24.5cm、裾幅18cm、股下は84cmなので、インラインのモデルとまったくと言っていいほど同じ寸法であることが分かる。
価格的には〈ユニクロ〉のスリムフィットストレートジーンズ(セルヴィッジ)が3,990円。〈+J〉のスリムフィットストレートジーンズ(セルヴィッジ)は5,990円。その差2,000円。ジル・サンダーがハンドリングした(可能性のある)〈+J〉に2,000円上乗せしてまで欲しくなるか?これは人それぞれだろう。ごく個人的な印象では「買い!」にはならなかった。
セルヴィッジデニムなのにポリ混紡であること。ジッパーフライであること。安っぽい合皮のパッチであること。〈ユニクロ〉のジーンズとほぼ同じ寸法で違いがほとんど感じられないこと…そしてセルヴィッジデニムであることを謳ってはいるものの、強度は低く薄い生地であること。これらの情報を整理すると、約6,000円という対価を払って欲しいモノではない。


シングルの赤耳がジグザグ状に走るセルヴィッジデニム。裾もチェーンステッチ。

コインポケット裏はセルヴィッジデニムではない。この辺りはやはりと言うべきか、求めること自体が酷と言っても良いだろう。

デニムがお好きな方々のご意見もぜひ伺いたい!
お気軽にコメントまたはインスタグラムでDMをくださいませ

つまり、調査すると〈+J〉のジーンズはデニムに強いこだわりがなく、セルヴィッジデニム自体にそれほど詳しくないライトユーザー向けのモデルという結論に至った。流行り物であればとりあえず穿いてみたいという層は購入するのかもしれない。怒られるかもしれないけれど、ジル・サンダー自身の「一生物になり得ると思う」というコメントには同意しかねる。一生物になり得るのはもっと良い素材を使い、丁寧にタフに作られたモノではないだろうか。デニム好きの方々のご意見も気になるところ。ぜひ本記事の下にあるコメント欄でコメントいただくか、LIVE IN RUGGED公式インスタグラムのDMでお気軽にご意見をいただきたい。
忖度なしで投稿したユニクロを買ってはいけないいくつかの強い理由もお時間があればぜひ。ただし〈ユニクロ〉好きが見ても怒らないでほしい。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。