A bracelet that becomes a heirloom

【TOP5】一生物になり得るブレスレットをLIVE IN RUGGED目線で厳選

〈エルメス〉や〈クロムハーツ〉など、老人になっても愛用し続けたいブレスレットを厳選。5位~1位までランキング形式でお届けする。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : RINKAN

ハイブランドから老舗シルバージュエリーブランドまで、最高の中の最高をピックアップ

待ちに待った暖かな春が到来。そろそろ衣替えをし始めている方もいらっしゃるだろう。重いアウターが不要になり軽やかなコーディネートになると気になり始めるのは腕元のアクセサリーだ。そこで本日は一生物になり得るブレスレットをLIVE IN RUGGED目線で厳選。ハイブランドから老舗シルバージュエリーブランドまで「これはずっと愛用できる!」と思うモノをランキング形式でお届けする。ぜひライフタイムの相棒選びの参考にしていただきたい。

【第5位】FRED フォース10 K18WG ブルージーン2連スティールケーブルブレスレット

まずは老舗ジュエラーの〈FRED(フレッド)〉を代表するシリーズ、「フォース10」のブレスレットから。男女問わずさり気なく身に着けられるミニマルなデザインはまさに時代を超えて愛用できる。
こちらのブレスレットはK18ホワイトゴールドとスティールケーブルという異素材コンビが新鮮。ラグジュアリーとチープをミックスさせるハイセンスなアイデアが〈フレッド〉の底力を感じさせる逸品だ。ケーブルはブルージーンの名の通りインディゴカラーに染められ、身に着けていくとデニムのように色落ちしていくのも面白い。老舗ジュエラーのアイテムなのに経年変化まで楽しめるのは、肩肘張らずに気軽に身に着けられるカジュアルさも兼ね備えている。145,200円(税込)。


K18ホワイトゴールドの留め具とフェイドしたインディゴカラーのスティールケーブルのコンビがカジュアルでGood。

2連タイプのブレスレットは腕時計と重ね着けするのもおすすめ。

【第4位】CELINE by Hedi Slimane トリオンフハンドカフチェーンブレスレット

第4位は〈CELINE by Hedi Slimane(セリーヌ by エディ・スリマン)〉から、ハンドカフ(手錠)をモチーフにしたシルバーチェーンブレスレットを。ファッション業界で常に時代を作ってきたエディ・スリマンが手掛ける〈セリーヌ〉というだけでお腹いっぱいなくらいハイクラス感が漂うが、こちらのブレスレットも実に「らしさ」が詰まっている。
ロックやパンクをファッションに落とし込んだら天下一品のエディ・スリマンの好みが存分に反映されたと思われるトリオンフハンドカフチェーンブレスレットは、手錠モチーフのパーツが大きめの大胆なデザインが特徴。しかしチェーンを含めて彫り込みなどがないシンプルなデザインなので、想像以上にサラリと身に着けられるはずだ。
手錠をモチーフにしたブレスレットは〈CRAZY PIG(クレイジーピッグ)〉や〈CHROME HEARTS(クロムハーツ)〉、〈JUSTIN DAVIS(ジャスティン・デイビス)〉なども販売しているが、〈セリーヌ by エディ・スリマン〉はそれらと比べても不思議とモードな空気感があるところも魅力だ。いつまでもロックな精神を忘れたくないあなたに最適な一本ではないだろうか。86,273円(税込)。


マイナスネジまで再現されたハンドカフパーツ。全体的にシンプルなので実は男女問わず身に着けられる。

一見〈セリーヌ〉には見えないロックテイストのあるデザインであるところもポイント。年齢を重ねてから身に着けているとかなりカッコいい。

【第3位】HERMES トゥアレグ民族柄シルバーバングル

第3位は〈HERMES(エルメス)〉の大人気シリーズから。サハラ砂漠を遊牧するトゥアレグ族に制作を依頼して作られるシルバージュエリーは、ハンドメイドの温もりと幾何学的なデザインが大ヒット。国内の〈エルメス〉のブティックでも在庫が揃っていることがほとんどないほどの人気だという。
トゥアレグシリーズは民族的な雰囲気があるのにどことなくモダンさがあるところも大ヒットした理由だろう。トゥアレグ族のジュエリーは鏨(タガネ)という鋼鉄製のノミを駆使しながら一点一点制作する100%ハンドメイドの手法で生み出される。その伝統的手法の彫金技術の高さに〈エルメス〉が惚れこみ、このユニークなタッグが実現した。
写真のバングルは幅広でボリューム感のある逸品。トゥアレグ族らしさの詰まった彫金を思う存分堪能できる。カジュアルなスタイルはもちろん、少しドレスアップする時の腕元の外しとしても最高に威力を発揮してくれることだろう。男も女もこのバングルを気負うことなく自分のモノとして着用できたら、最高にクールだとは思わない?220,704円(税込)。


国内のブティックでオーダーをすると数年待ちになる可能性も。自分が納得できるコンディションであればリユースショップで購入するのもおすすめだ。

裏面にも精巧な彫金が施される。インディアンジュエリーに近しい精神性があるが、デザインは少し方向性が異なる。トゥアレグ族特有のパターンをシルバージュエリーで楽しもう。

【第2位】CHROME HEARTS クラシックリンクブレスレット

第2位は〈CHROME HEARTS(クロムハーツ))〉の永久定番、クラシックリンクブレスレット。ブランド初期から継続的に作られるブレスレットは、喜平チェーンをヒントにしながら他のどこにもないルックスにアレンジ。ひとコマひとコマの厚みやカーブ、大きさまでオリジナルで設計し、それが最高のバランスで成立している奇跡のようなデザインなのだ。喜平チェーンという下手をすると安っぽくなるデザインをラグジュアリーかつ普遍的な逸品に昇華する〈クロムハーツ〉のデザイン性の高さを思い知ることができる。
今回紹介しているブレスレットの中でも特に重量感があるが、重みも同時に楽しむのが男のジュエリーとの付き合い方だ。ブランドを象徴するCHクロスモチーフもいくつになってもワクワクする。217,261円(税込)。


〈クロムハーツ〉には選びきれないほどのブレスレットが用意されているが、迷ったらクラシックリンクブレスレットと断言していいくらい飽きずに着用できる。

スターリングシルバー特有の輝きと燻された黒のコントラストも〈クロムハーツ〉らしさ。これが似合うおじいちゃんになりたいものだ。

【第1位】HERMES シェーヌダンクルTGMシルバーブレスレット

そして栄えある第1位は迷わずに〈エルメス〉のシェーヌダンクルTGMシルバーブレスレットを選んだ。説明不要の傑作であり、今後地球が滅びるまで永久に人々から愛される宿命を背負うベストオブベストである。波止場に停留する船をつなぐチェーンからヒントを得たという錨モチーフのチェーンはクラシックの極み。誕生以来、様々なブランドがシェーヌダンクルからインスピレーションを得たデザインを発表するほどの絶大な影響力も持つ。性別も年齢も超えて常に憧れの存在として君臨する女王のような存在で、筆者もいつかはシェーヌダンクルを…と憧れ始めて早10年強だろうか。40代になってから手に入れられたらいいなぁと妄想している。
シェーヌダンクルTGMシルバーブレスレットは第3位で紹介したトゥアレグシリーズよりも〈エルメス〉のブティックでは入手が困難なことでも知られている。数年待ちは当たり前の世界なので、今すぐ手に入れたい方は信頼できるショップで状態を確認してから購入しよう。275,880円(税込)。


何も足せず何も引けない完成されたデザイン。シェーヌダンクルのシルバーブレスレットは太さにバリエーションがあるので、自分好みのサイズ感を吟味されたし。

30年前は10万円くらいで購入できたのに…と遠い目になってしまうのはここだけの話。しかし一度手に入れたら半永久的に愛用できるので、20万円台で中古を購入できると前向きに捉えたい。

ブレスレットは「本物」を選べば一生物になる

計5つのブレスレットをランキング形式で紹介したがいかがだっただろうか。ブランドもデザインもそれぞれ違っているけれど、共通しているのはシンプルであること。例えばチェーンタイプのブレスレットであれば、装飾過多になり過ぎないデザインの方が年齢を重ねても変わらず身に着けられる可能性が高い。一方、3位にランクさせた〈エルメス〉のトゥアレグシリーズのような民族系のアイテムであれば、ボリュームを全面に押し出す方向もアリだろう。これからどんどん暖かくなるので、数十年単位で愛用できる一生物のブレスレットをぜひ見つけてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。