Let's dress up with TOM WOOD necklace

秋冬のトップスに洗練されたクラス感をプラスしてくれるTOM WOODのネックレス

今欲しいのはシンプルかつミニマルなスカンジナビアンデザイン。〈トム・ウッド〉のネックレスなら今もこれからも首回りをエレガントに彩ってくれる。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : TOM WOOD

ペンダントからチェーンネックレスまで、〈トム・ウッド〉のネックレスからこの秋冬におすすめのアイテムを厳選してピックアップ

例年にないほど穏やかな気候が続くとはいえ、いよいよ秋も深まってきた。もうそろそろお気に入りのTシャツともしばしのお別れだ。その代わりに日々袖を通すのはシャツやニット、ジャケット、スウェットやフーディーといった洋服たち。それからすぐにコートやライダースジャケット、ダウンといった重衣料を身にまとうことになるのだけれど、意外とおろそかにしがちなのが首周りの装飾だったりする。トップスに露出が少なくなる分アクセサリーの類は必要ないのでは?と思う方が多いかもしれない。でも、オシャレな人は秋冬シーズンでも春夏と変わらずネックレスやペンダントで装っていることが多いのだ。例えばシンプルな白シャツやニットを着る際に長めのチェーンのネックレスをシャツの上に重ねるだけで大人のジュエリースタイルが完成。こんなにイージーなのに人よりもワンランク上のコーディネートになるのがジュエリーのパワーだったりする。
そこでプッシュしたいブランドが〈TOM WOOD(トム・ウッド)〉。2013年にMona Jensen(モナ・ヤンセン)が立ち上げたノルウェーのブランドである〈トム・ウッド〉は、ごくシンプルでミニマルなデザインながら男女問わず身に着けられるエレガントさに満ちており、所々エッジの効いたスパイスも感じられるオリジナリティあふれるクリエイションが魅力。主力であるスターリングシルバーやイエローゴールドのソリッドな特性を活かしたモダンなデザインは高感度なセレクトショップがこぞって取り扱うほどの人気を誇っている。スカンジナビアンデザインを彷彿させる削ぎ落としたルックスはまさに大人のためのジュエリーと言っていいだろう。
本記事では〈トム・ウッド〉の豊富なラインナップの中から飽きずに愛用できそうなアイテムをピックアップ。大人のネックレスで秋冬シーズンのファッションをさらに楽しもう。


サークル形の土台にカービングを施したオニキスをセットしたClytia Onyx Pendant L。76,872円。

長さを選択できるチェーンは極細でミニマルなルックス。写真のようにシャツの上から長めに身に着けるのが今っぽい。


9KゴールドでプレーティングしたClytia Onyx Pendant L。色味がゴールドになるとシルバーとはまったく違う雰囲気になる。82,558円。

シャツの中にひっそりと忍ばせるのもおすすめ。胸元をセクシーに演出してくれる。


南イタリアのファクトリーで作られるCameo Eros Pendant Lは、貝に伝統的なカメオ装飾を彫り込んだ一品。愛と欲望を象徴するエロスをモチーフにしたデザインはクラシックな魅力を放つ。75,660円。

チェーンの長さを変えながら重ね着けを楽しめるのもミニマルなデザインの〈トム・ウッド〉ならでは。


細身の喜平チェーンが上品なRounded Curb Chain Thickは、輝きが長持ちするようホワイトロジウムでコーティング。81,665円~。

ユニセックスで着用できる絶妙な細さ。着脱が可能なオリジナルのロックシステムもポイント。


オリジナルのクリップで着脱するCurb 7 Chain。ボリュームがありながら下品にならないデザインはさすがの一言。191,126円~。

程よい重厚感なので女性にもおすすめ。これくらいボリュームのあるシルバー製のネックレスを身に着ける女性はなかなかいないので、男性目線ではかなりかっこいいと思うのだけれど、いかがだろうか?


大きさの異なるパーツを丁寧にロウ付けしたオールシルバー製のLiz Necklace。見るからに重量感のある贅沢な作りと、モード感あふれるルックス。304,982円。

どんなトップスでも特別な雰囲気に格上げしてくれるチェーンネックレスは一生物として。


〈トム・ウッド〉の中でも屈指のゴージャスさがあるLiz Necklace Goldは、スターリングシルバーに9Kゴールドをプレーティング。ずっしりとした重みとゴールドカラーならではの華やかな見た目を思う存分楽しむことができる。355,987円。

ゴールドのチェーンネックレスというとラッパーが身に着けるイメージが先行しがちだが、〈トム・ウッド〉の洗練されたデザインであればモード感の強い雰囲気になる不思議。

コーディネートを問わずハイクラスなセンスをもたらしてくれるスカンジナビアンデザイン

ペンダントとネックレスでは構造もボリュームも大きく異なるのに、シンプルなテイストで統一されている〈トム・ウッド〉のジュエリー。北欧は家具や雑貨、キッチンツールなどでも卓越した品質と洗練されたルックスを持つことで世界的に知られているが、ジュエリーの世界でも自国らしいミニマルな美しさを最大限に活かしたデザインで作られていることが分かる。必要以上に主張しない〈トム・ウッド〉のネックレスであれば、どんな系統のトップスを合わせてもコーディネートにハイクラスな雰囲気をもたらしてくれるだろう。ここ日本でも感度の高いファッション好きからもっとも注目されているブランドのひとつへと成長した〈トム・ウッド〉は、これからも継続的にチェックしていきたい。
LIVE IN RUGGEDがお届けするジュエリーの記事はこちらから。
タイムレスな魅力があるアンティーク・ティファニーもずっと身に着けられる相棒としておすすめだ。
ストリートにアートを持ち込んだジュエラー、〈LONE ONES(ロンワンズ)〉のシルバージュエリーも要チェック。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。