KAWS x AllRightsReserved BRONZE EDITIONS

KAWS が AllRightsReserved の 20周年を記念してブロンズ製の彫刻を抽選発売

KAWSと「AllRightsReserved(ARR)」の10年以上に渡るパートナーシップの節目を祝い、それぞれの彫刻で過去のプロジェクトを表現。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : DDTStore

各ピース250個限定

アメリカ・ニュージャージー州生まれのアーティスト、KAWS(カウズ)が「DDTStore」だけで手に入れることのできる限定のブロンズ製彫刻を製作。12月19日(月)午前5時(香港現地時間)までの抽選販売が行われている。
「DDTStore」は厳選されたアートオブジェクトや限定アイテム、アーティストの商品を提供する「AllRightsReserved(ARR)」の仮想小売店。と言っても著作権表示のために用いられる「All rights reserved(オール・ライツ・リザーブド)」ではなく、「AllRightsReserved」は2003年に香港で設立されたクリエイティブスタジオのこと。「AllRightsReserved(ARR)」は2018年5月にKAWS初の恒久的な屋外ブロンズ彫刻、「SEEING/WATCHING」を製作し、同年7月には長さ28メートルの巨大なフロート「KAWS:HOLIDAY」をキュレーションするなど、両者の関係性は深い。
本稿で紹介する「KAWS BRONZE EDITIONS(カウズ・ブロンズ・エディションズ)」は「AllRightsReserved(ARR)」専用のエクスクルーシブアートで、各ピース250個だけ製作されたもの。計12個のブロンズ製アート作品はKAWSと「AllRightsReserved(ARR)」の10年以上に渡るパートナーシップの節目を祝い、2010年に最初に作られた「KAWS: PASSING THROUGH」から現在進行中の「KAWS:HOLIDAY」まで、それぞれの彫刻で過去に製作したグローバルプロジェクトを表現したという。

KAWS x AllRightsReserved BRONZE EDITIONS
KAWS x AllRightsReserved BRONZE EDITIONS

KAWS x AllRightsReserved BRONZE EDITIONS
KAWS x AllRightsReserved BRONZE EDITIONS

KAWS x AllRightsReserved BRONZE EDITIONS

時代を象徴するHYPEな空気感

様々な姿勢を取る彫刻はいずれもKAWSを代表する目が×の形の「コンパニオン」。アートにさほど興味がない方でも一度は見たことがあるであろうこのキャラクターはある意味でカルト的な人気があり、市販された場合は現代アートの世界ではもっとも高値で売買される作品の代表格でもある。現在抽選販売を受け付けている「カウズ・ブロンズ・エディションズ」は一体ごとの価格は21,980香港ドル(日本円で約38万円)に設定されており、決して安いものではないが、まず間違いなく売値以上のプレミアがつくだろう。ちなみに全12体が手に入るフルセットバージョンは263,760香港ドル(日本円で460万円以上)!新車が買えるレベルだが、よりレアなフルセットバージョンの方が金額的にも「化ける」可能性は高い。
ファッション業界と現代アート業界が密接になった今の時代において、KAWSのようなカリスマ性の高いアーティストの作品を手に入れる機会はかつてよりもずっと増えた。アンダーグラウンドだったモダンアートやストリートアートが市民権を得た、と言い換えてもいいかもしれない。しかし、密接になったからこそアーティストはもちろん、手に入れたいと願う普通の人々が望まない凄まじいほどのプレミア化が進み、投資の対象として手に入れる人が増えたことも事実だ。
「カウズ・ブロンズ・エディションズ」は生産数と今回限りの特別なアート作品であることを考慮すると、投資または転売目的で購入しようとする人が殺到していることも想像に難くない。そういった生々しさを考えると時として微妙な気持ちになることもあるのだが、KAWSのアート作品にはネガティブな気持ちを差し置くほどの「可能であれば欲しい」と思わせるパワーがある。本稿でフィーチャーした真っ黒な「コンパニオン」には今の時代を象徴するHYPEな空気感が前面に漂っている。
「カウズ・ブロンズ・エディションズ」は先に述べた通り「DDTStore」だけで販売中。抽選形式となり、12月19日(月)午前5時(香港現地時間)で打ち切られるため、気になる方は早めに申し込もう。
LIVE IN RUGGEDがお届けするアート関連の記事はこちらから。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターはフォロー済み?

EVENT INFORMATION

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。