発見・即購入が鉄則?チュードル・バラサブの魅力を探る

現在もっとも手に入りにくい腕時計になってしまった「バラサブ」。枯れた雰囲気と男らしい造形、そしてレアさが相まって、時計好きの間で争奪戦になっている。発見・即購入が鉄則のバラサブの魅力を探る。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : HODINKEE

超プレミア化!バラサブには現在の相場に見合う価値があるのか?

元々チュードルはロレックスの知名度や売れ行きを向上させるために生まれたディフュージョンブランドだった。主要パーツを共有しながら汎用ムーブメントを採用することでコストカットを図り、同程度の品質を保ちながらより安価なモデルを製作。あくまでも兄貴分を支える弟的存在だったチュードルだが、誕生から60年以上の時を経た今は、独立した時計メーカーとして確固とした立ち位置を築いている。
昨今の「ロレックス・バブル」に引っ張られるような形で相場が急上昇した時計が、ヴィンテージのチュードル・サブマリーナである。特にブランドロゴが現在の盾マークではなく、より古い時代の薔薇…通称バラサブは目を疑うような価値が与えられている。7年ほど前は60~70万円ほどだったのが、現在は250~300万円前後で即売り切れるという。
ある種異常事態とも言える値上がり具合だが、果たしてバラサブには現在の相場に見合う価値があるのだろうか?


パッと見はロレックス・サブマリーナと酷似しているが、細部を見るとチュードル特有のオリジナリティも目立つ。薔薇マークやクラシカルなTUDORロゴ、カーブした「SELF-WINDING」のフォントなどはマニアを唸らせるデザインだ。

誰にとっても着けやすい40mmのケース径は着け心地も抜群。焼けたインデックスがヴィンテージウォッチであることをさり気なく主張する。文字盤も角度によっては茶色掛かったような色味に変化し、新品では味わえない風格がある。

綿々と受け継がれるダイバーズウォッチの意匠

チュードル・サブマリーナは1954年に誕生した。その名の通りダイバーのためのツールウォッチなので、デザインは機能に従っている。というか、ロレックス製のサブマリーナに倣っていると言う方が正解かもしれない。高い視認性を確保するためのシンプルでコントラストの強い文字盤や、高い耐久性を誇るケース。これらはロレックスと共有するパーツがふんだんに採用されている。
また、ダイバーズウォッチならではの創意工夫が初代から綿々と受け継がれている。Ref.7922は水中でかなりの圧力を受けた場合でもねじ込み式のケースバックとクラウンが優れた防水性を保証。100m防水を実現した。1959年に誕生したRef.7928ではいくつかの設計変更を行う。リューズ保護の観点からリューズガードが装備され、200m防水を実現。ちなみにこの時代には2つのリューズガード(スクウェア/スライトリー・ポインテッド)が存在し、それぞれにマニアがいる。
本日紹介している1967年製も前時代と比べていくつか仕様が異なる点がある。文字盤にプリントされる文字は金色から白に変更。ミニッツマーカーはより大きくなり、視認性を更に向上させた。シンプルでタフ。どの時代のサブマリーナにも共通する設計理念を感じさせるデザインだ。


ロレックス製のケースやリューズであることはやはり嬉しい。ぷっくりと盛り上がるプラ風防もヴィンテージならではの意匠である。

「AUTO-PRINCE」と入るのはチュードルだけ。17石の自動巻きムーブメントはメンテナンスさえ怠らなければ今でも快調に時を刻んでくれる。


これから始まるサマーシーズンは腕元の演出がオシャレの秘訣。さり気なくヴィンテージのサブマリーナを身に着けるのを想像するだけでワクワクしてくる。

オリジナルのリベットブレスは伸び具合もチェックしたい。なお、例え伸びていても時計店によっては調整可能。諦めずに相談した方が良いだろう。

例え相場が下がっても変わらず愛し続ける気持ちが重要

実際のところ、腕時計に数百万円という対価を支払うのは価値観によると言うほかない。興味のない人が見ればまったく理解できないだろう。しかし、どうしても欲しくて余裕を持って買えるだけの資金があるなら、買ってしまって良い。ヴィンテージウォッチの相場が今後どのように推移していくかは誰も分からないのだ。
特にロレックスやその系譜に並ぶブランドの5年後、10年後の価値は予測不可能。極めて生産数が少ないバラサブに至っては、現在が高値の頂点なのか、これからも上がり続けるのか…正確には誰も断言できない。
大切なのは、きちんとしたお店で探すこと。気になることはスタッフにすべて相談すること。そして、例え相場が下がったとしても後悔しないという強い意志が必要になる。つまり、世間的な評価には関係なくその時計を愛し続ける気持ちが必要なのだと思う。
ヴィンテージウォッチはオーナーの愛が特に重要なアイテムなのだ。

ITEM CREDIT
  • Tudor:1967 Oyster Prince Submariner Ref.7928

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。