【バーゼルワールド2019】ロレックスから新作が登場

現在開催中のバーゼルワールド2019でついにロレックスの新作モデルが発表された。コアなファンは既に一喜一憂しているとのこと。世界中が注目する最新作をお届けする。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : Rolex

スポーツウォッチからドレスウォッチまで万遍なく発表された最新作

発表前は「GMTマスターⅡのコークベゼルが登場するのでは」「バットマンベゼルのGMTマスターⅡが廃盤になるのでは?」などと様々な噂が飛び交っていたが、バーゼルワールド2019でアンベールされた最新作はトップ写真の通り。スポーツモデルはヨットマスター、シードゥエラー、GMTマスターⅡ、ドレスウォッチはデイデイトとデイトジャストから新しいモデルが登場した。既に各メディアが速報を報じているが、LIVE IN RUGGEDでは美しい写真と共に大注目の最新作を解剖する。

ヨットマスター42

ヨットマスターコレクションに直系42mmの新モデルが加わった。自社専用の鋳造場で精製される18金ホワイトゴールドを素材に使ったケースは、グレーのベゼルとブラックの文字盤とのコンビネーションがモノトーンでクールな印象。サブマリーナとは異なる両方向回転ベゼルと、マットブラックセラミック製の60分目盛り入りセラクロムベゼルインサートが備えられており、ブレスレットは柔軟性のあるチタン・ニッケル合金製ブレードを装備する。
ヨットマスターはその名の通り、ざっくばらんに言うと「海の男(と女)」のために作られるモデルなので、水分はもちろん、海水や潮風に含まれる塩分への耐久性は必須だ。このブレードはそういった環境からの影響を受けにくく、極めて耐久性に優れる高性能ブラックエラストマーで覆われている。
また、ロレックスが開発・製造した新世代ムーブメント「キャリバー3235」を搭載。特許を取得した新しいクロナジーエスケープメントが採用され、高いエネルギー効率と信頼性を実現しているという。耐衝撃性と耐磁性が向上し、パワーリザーブは70時間を保証。より実用的でハイスペックなムーブメントへ進化している。


ヨットマスターのアイデンティティであるポリッシュレイズド仕上げの数字と目盛り。自社製造のホワイトゴールドケースとのコントラストは知的で優雅な印象を与える。

ケース径が42mmと大型化されているが、デザイン自体はシンプルにまとまっているので着けやすそうだ。スーツスタイルにも相性が良さそう。

Specifiction
MODEL : Yacht Master 42REFERENCE : 226659CALIBRE : 3235MOVEMENT : AutomaticSIZE : 42mmCASE : 18k White goldWATER-RESISTANCE : 100m / 330 feetPOWER RESERVE : Approximately 70 hours

シードゥエラー

ダイバーズウォッチのシードゥエラーからはイエローロレゾールモデル(オイスタースチールとイエローゴールドのコンビネーション)が登場する。シードゥエラーコレクションでは初めて18金イエローゴールドを採用。
深海調査用に開発されたシードゥエラーにゴールド素材は不要では?という冷静なツッコミをしたくなってしまうが、美しいので良しとしよう。ベゼルには特別に開発したセラミック素材が使われており、耐蝕性と耐傷性をさらにアップさせた。ただ美しいのではなく、常に実用性を兼ね備えているのがロレックスのスポーツウォッチなのだ。シードゥエラーに関しては、イエローロレゾールであることと、新開発のキャリバー3235が搭載されること以外は既存のモデルと違いはない。


シードゥエラーならではのボリューミーで立体的なケースに、イエローゴールドのコンビネーションが強烈なインパクトを与える。今回発表された新作の中ではもっともゴージャスなルックスだ。

3連ブレスレットもイエローゴールドとのコンビネーションになるとグッとゴージャスで大人っぽい。もちろん金属パーツの精度は世界トップレベル。

Specifiction
MODEL : Sea DwellerREFERENCE : 126603CALIBRE : 3235MOVEMENT : AutomaticSIZE : 43mmCASE : Oyster steel and yellow goldWATER-RESISTANCE : 1,220m / 4,000 feetPOWER RESERVE : Approximately 70 hours

GMTマスターⅡ

廃盤が心配されていたGMTマスターⅡの青黒ベゼル、通称「バットマン」は、ブレスレットを3連タイプからジュビリータイプに装いを新たにして生まれ変わることとなった。ロレックスファン以外からも人気が高いバットマンを廃盤するなんてバカげていると思っていたのでひと安心。
シードゥエラーと同様、耐蝕性と耐傷性が向上したハイテクセラミック素材を採用。紫外線にも強く、新品時の輝きをより長い期間維持する。経年変化の観点からは面白味の少ない素材かもしれないが、高級路線を貫くロレックスの技術力を享受できる素材だ。
もちろんこのジュビリーブレスレットは特許を取得したセーフティーキャッチ付きオイスターロッククラスプを装備している。誤ってクラスプが開閉してしまった経験は誰もが味わったことがあるだろう(私はつい2時間前に味わった)。セーフティーキャッチ付きのブレスレットはその心配が皆無になるので、日常使用はもちろん、アクティブな活動をする際にも安心して着用できる。


バットマンの愛称を誰が最初に思いついたのか分からないけど、素晴らしいネーミングセンス!青と黒に塗り分けられたベゼルはクールそのものだ。

昨年発売されたペプシベゼルのGMTマスターⅡも熱狂的なほど人気が高いが、より多くのシチュエーションで着用できるのはバットマンだろう。

Specifiction
MODEL : GMT Master ⅡREFERENCE : 126710BLNRCALIBRE : 3285MOVEMENT : AutomaticSIZE : 40mmCASE : Oyster steelWATER-RESISTANCE : 100m / 330 feetPOWER RESERVE : Approximately 70 hours

デイデイト36

ドレスウォッチの頂点に君臨するデイデイトからは贅を尽くした新モデルが登場。写真のイエローゴールドモデルはインデックスにダイヤモンドがふんだんにあしらわれている。6時位置と9時位置にはバゲットタイプのダイヤモンドがセットされるという凝ったデザインになっており、よりオンリーワンで贅沢な腕時計を求める顧客にはもっともアピールする新作だろう。
ロレックスのコーポレートカラーであるグリーンカラーをダイヤルに採用し、美しいグラデーションを描いているのもデイデイト36の特徴。もちろん、デイデイトを象徴するデイト表示は様々な言語から選択可能だ。


イエローゴールドとダイヤモンド、そしてグリーンカラーのダイヤルが役満状態。贅沢そのものである。

フルーテッドベゼルの美しさにも注目。ロレックスは金属加工の技術力も卓越していることが伝わってくる。

Specifiction
MODEL : Day Date 36REFERENCE : 128238CALIBRE : 3255MOVEMENT : AutomaticSIZE : 36mmCASE : Oyster Yellow goldWATER-RESISTANCE : 100m / 330 feetPOWER RESERVE : Approximately 70 hours

デイトジャスト36

ロレックスのラインナップの中でも、普遍性と言う観点で常に代表するモデルであるデイトジャスト。今回発表された2つの新作は、いずれもホワイトロレゾール(オイスタースチールと18金ホワイトゴールドのコンビネーション)を採用している。この記事ではブラックダイヤルモデルを取り上げよう。
サンレイ仕上げのブラックダイアルとフルーテッドベゼルを備えるデイトジャスト36。その名の通りケース径36mmという往年の腕時計黄金時代のサイズ感が本当に嬉しい。GMTマスターⅡの40mmサイズも捨てがたいが、やはり36mmは日常使いに最適なサイズのひとつだと思う。何を着ても邪魔にならないのだ。
先日発表された新デイトジャスト36にも新世代ムーブメントであるキャリバー3235を搭載。機能面の向上を果たしながら、クラシカルなルックスはそのまま維持している点が素晴らしい。上で紹介したスポーツモデルはどれも男らしく精悍だが、デイトジャスト36には大人の男だけが醸し出す色気に満ちている。


ホワイトゴールド製のフルーテッドベゼル。キラキラと光を反射する様子を間近でじっくり眺められるのはオーナーの特権。

「SWISS MADE」表記の真ん中に王冠マークが入るのは、新キャリバー搭載を意味している。

Specifiction
MODEL : Datejust 36REFERENCE : 126234CALIBRE : 3235MOVEMENT : AutomaticSIZE : 36mmCASE : Oyster steel and white goldWATER-RESISTANCE : 100m / 330 feetPOWER RESERVE : Approximately 70 hours

デイトジャスト31

デイトジャストのレディース版であるデイトジャスト31からも新作が登場した。エレガントなオリーブグリーンダイヤルにセットされるのは18金イエローゴールドのローマインデックス。クラシカルなデザインが女性の腕を気品たっぷりに演出する。
今回紹介している新作の中で唯一のレディースモデルだ。レディースモデルでも気にせず身に着ける男性もいるが、さすがにこのデイトジャスト31はサイズ的にはまだしも、ルックス的には男が身に着けるには女性的過ぎるだろう。よって、パートナーへの贈り物として(リッチな方は)候補に入れておくのが良いかもしれない。


イエローゴールドのフルーテッドベゼルやコンビタイプのジュビリーブレスレットが実に華やか。文字盤に目をやればより一層ゴージャス!

ロレックスを象徴するアイコンであるサイクロプスレンズは、レディースモデルでも当然使われている。ケース径が小さいレディースモデルにこそ必須の機能とも言える。

Specifiction
MODEL : Datejust 31REFERENCE : 278273CALIBRE : 2236MOVEMENT : AutomaticSIZE : 31mmCASE : Oyster steel and yellow goldWATER-RESISTANCE : 100m / 330 feetPOWER RESERVE : Approximately 55 hours

まとめ

今年の新作の中でもっとも人気が高く、売れるであろうモデルはGMTマスターⅡ(バットマン)だろう。ロレックスのスポーツモデルは常に高い人気だが、ジュビリーブレスレットが装着されるバットマンの精悍なルックスは早くも世界的に人気の模様。個人的にも、もしお金を出して購入するならバットマンかデイトジャスト36だろうと思う。
サブマリーナやデイトナ、エクスプローラーといった超人気モデルから新作が出なかったことは多くのファンを落胆されているようだが、恐らく来年には何かが発売されるだろう。
ロレックスファンはもちろん、腕時計好きは首を長くして待ちわびるのもまた一興…かもしれない。

ITEM CREDIT
  • Rolex:Yacht Master 42 / Sea Dweller / GMT Master Ⅱ / Daydate / Datejust 36 / Datejust 31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。