What to buy for 100,000 yen pt.2

給付金10万円で何を買おう?(パート2)

新型コロナウイルスの経済対策として支給される10万円で何を買うか?LIVE IN RUGGED流に独断と偏見でおすすめアイテムを紹介する短期連載「給付金10万円で何を買おう?」パート2となる今回はプレミア感溢れるジーンズとアメリカが生んだ至高のローファー、そしてゴージャスかつロックを極めたベルトを紹介する。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : 45R / ARK nets / RINKAN

目玉が飛び出る価格のジーンズも実質21,000円で購入可能!

ジーンズが元々ワークウェアであることを考えると「プレミアムデニム」なるアイテムは矛盾の極みなのかもしれない。しかし、45Rの「eleven eleven オーガニックデニム」にはジーンズのひとつの到達点を感じてしまう。最上級の素材を美しいカットで構築。副資材のひとつひとつもこだわり抜いたプレミアムなパーツを惜しげもなく採用。当然生産数もごく限られているのだろう。オーガニックコットン100%のデニムは藍染めで深みがありながらふくよかで、柔らかな質感をたたえる群青色に染められている。
細部を見ると、機械による大量生産ではなく、ひとつひとつを手仕事で作り上げたことがとても伝わってくる。不揃いのステッチがゆるい空気を漂わせていて微笑ましい。きっちりと正確に作られた洋服にはないハンドメイドならではの独特の魅力があるじゃないか。バックポケットにはインドの職人が遊び心たっぷりに刺繍を施しており、深いインディゴとのカラーコントラストも美しい。極めつけはトップボタン。アンティークのシルバーコインを採用し、このジーンズが真にプレミアムであることを象徴付けている。121,000円(税込)と給付金の10万円を21,000円もオーバーしてしまったが、これほどレアで特別なジーンズを実質21,000円で購入できると考えれば安いものかもしれない。


全体的にスッキリした美麗なシルエットにも注目。裾幅18cm(32インチ)とテーパードの効いたシェイプなので、アメカジ的着こなし以外にもドレスアップの外しアイテムとしても活躍してくれるだろう。

アンティークのシルバーコインを採用したトップボタン。ありそうでなかったアイディアで、ヴィンテージ好きにはたまらないパーツ使い。

アメリカントラッドの最高峰もポン!と買える

続いて紹介するのはアメリカが生んだ最高峰のシューズブランド、ALDEN(オールデン)のペニーローファー。時代も流行も超越した普遍の傑作に数えられるペニーローファーは一足あると非常に心強い。キャップトゥシューズやVチップシューズ、ウィングチップシューズのような「ザ・紳士靴」然とした靴よりも抜け感のあるデザインゆえ、オンオフ問わず気兼ねなく履けることも魅力だ。靴紐がないデザインはどこか軽やかで、これからの季節にもピッタリ。ジャケパンスタイルはもちろんデニムオンデニムやTシャツ+ジーンズのようなカジュアルなアメカジファッションとの相性も抜群。その際は石田純一のように素足では履かずちゃんと靴下を履いてほしい。
写真のペニーローファーは光沢のあるブラックカーフモデル。新品状態が美しすぎるのは言うまでもないが、エイジングを重ねた後の深い艶やシワも楽しんでほしい。いつの時代も色褪せないアメリカントラッドの空気を足元に取り入れるのは紳士の喜び。長い年月を掛けて愛用できる。価格は106,700円(税込)。こちらも若干足が出てしまったが約10万円で購入できるアイテムとして間違いない逸品だ。


非の打ち所のない完成されたシェイプ。簡素ながら手の込んだルックスと作り。アメリカンクラシックを存分に堪能できる。

滑らかな流線型は眺めているだけで満足できそう。もちろん実際に履くと感動は更に倍加するはず。どんな洋服に合わせよう…そんな妄想をするだけでワクワクする靴だ。

ロック&ラグジュアリーなクロムハーツのベルトも10万円で!

3つめはパート1にも登場したクロムハーツからベルトの紹介。ブランド初期から製作され続けているクラシック3PCベルトは、その名の通りバックル・ベルトループ・ベルト先端のエンドパーツの3ピースをスターリングシルバーで製作したベルトだ。それぞれのパーツにはクロムハーツでしかあり得ないクラシカルな装飾が彫金されており、唯一無二のオーラを放つ。
ご存知の通りクロムハーツを新品で購入しようとすると常軌を逸した金額を支払わなくてはならないが、中古であればグッと抑えた価格で購入可能。こちらのベルトは98,120円(税込)とクロムハーツのベルトにしては随分買いやすい?価格だ。ベルトに10万円なんて信じられない…そういう意見は勝手に言わせておけばいい。この素晴らしいデザインとリッチな素材使いのアイテムを約10万円で手に入れられる喜びにだけ注目すべきだ。
なお、10数年間クロムハーツのベルトを愛用している人間としてひとつだけアドバイスしておきたい。雨の日の着用は避けよう。クロムハーツといえどもレザーは水分に弱い。万が一台風の日にでも着用しずぶ濡れになったまま放置するとダメージは確実に蓄積してしまう。長く愛用していくためにも過度な使い過ぎは禁物。過保護にする必要はないが大事に扱ってこその相棒なのである。


肉厚なバックルとフローラルモチーフが躍るデザイン。ヨーロッパ的なモチーフをアメリカ流に大胆にアレンジしたクロムハーツの素晴らしいデザインを存分に堪能できる。

クラシック3PCベルトは90年代初頭に生まれたデザイン。クロムハーツがもっともピュアな情熱に燃えていた時代の傑作のひとつだ。

ITEM CREDIT
  • 45R:eleven eleven organic denim
  • Alden:Penny loafer
  • Chrome Hearts:Classic 3 piece belt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。