The legendary Mayfair is back

ジョン・レノンが愛用した伝説の眼鏡「メイフェア」が白山眼鏡店から完全復刻

ジョン・レノンが愛用したアイウェアの伝説「メイフェア」が完全復刻。白山眼鏡店とレノンのストーリーを紐解く。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : 白山眼鏡店

ジョン・レノンと白山眼鏡店の出会い

ジョン・レノンが生前から愛用し、凶弾に倒れるその瞬間も身に着けていた眼鏡、「メイフェア」。日本のアイウェア業界のみならず、レノンファン、ビートルズファンにも広く知られた伝説の眼鏡が、2021年1月に完全復刻する。
1980年12月8日、熱狂的なファンに射殺されたジョン・レノンと白山眼鏡店には心が温まるストーリーがある。
1979年の夏、原宿の白山眼鏡店にディスプレイされていた一本の眼鏡をジョン・レノンが興味を持ったことがすべての始まりだった。白山眼鏡店のオーナーに友人でもあるブティックのオーナーデザイナーから「ジョン・レノンがお店にディスプレイされている白山の眼鏡にとても興味を持っている」という連絡が入る。意外に思えるが、当時ジョンは音楽活動から離れ、息子であるショーン・レノンの育児に専念する主夫になっていたという。日本びいきのジョンは夏休みの時期にお忍びで訪日。お気に入りのショップで洋服やスーツを誂えている流れで、白山眼鏡店の「メイフェア」に非常に興味を示したそうだ。
白山眼鏡店のオーナーはすぐに当時のオリジナルモデル5種類すべてを指定された宿泊先であるホテル・オークラの最上階のペントハウスに持参。スターの中のスターであるジョンには威圧感などなく、気さくで穏やかな雰囲気。最初のミーティングでジョンがオノ・ヨーコさんと一緒に選んだのは、やはり原宿で目にした「メイフェア」。イエロー系のらん甲、茶系のべっ甲、そしてクリアの3本を特に気に入ったそうだ。
2回目のミーティング時にはレンズのカラーリングについてリクエストがあった。らん甲はとにかく濃い色を希望しアポルックスブラウン75を採用。べっ甲にはアポルックスブラウン50、そしてクリアには淡いブルーのソフルックスS1を組み合わせることに。ジョンは強度の近視で、乱視はそれより更に強いため、愛用の眼鏡のうち最も見やすいというメタルフレームのレンズと同じ度にしてほしいという依頼もあった。そして、プライベートで愛用している黒いフレームのレンズも同じ度のレンズに入れ替えてほしいというリクエストまで受けたという。ジョンが白山眼鏡店のクオリティをいかに気に入ったかを示すエピソードである。
オーダーの2週間後となる1979年8月24日、レンズの位置や角度、フロントの傾き、テンプルのフィット感などを幾度も調整し完成した「メイフェア」をベッドルームでフィッティングしたジョンは「Good!」と満面の笑みで喜んでくれたそうだ。当時白山眼鏡店では毎年数本の新作をリリースしており、それを聞いたジョンからは「僕用に各アイテムを取り置きしてくれないか」という言葉が。オーナーにとってはこれ以上ないほどの喜びだっただろう。翌年の夏の再会を約束して3度目のミーティングを終えた白山眼鏡店のオーナーは早速ジョンをイメージした新作に取り掛かる。完成したモデルはジョンのミドルネームにちなんで「ウィンストン」と名付けられた。


ブラウンは日本人でもオン・オフ問わず着用できる知的な雰囲気。深いブラウンカラーが落ち着いた印象を醸し出してくれる。

どことなくアーティスティックなクリアは、デザイナーやクリエイターが身に着けても個性を出せるアイウェアだ。無色透明のフレームは個性的ではあるものの、必要以上に自己主張しない。


らん甲(イエロー)にクローズアップ。アイウェアは細部まで高い精度で成形し組み立てられることが要求されるが、白山眼鏡店にはメイドインジャパンならではの高いクオリティが備わっている。

ジョンがリクエストした濃い色味のレンズとイエローのフレームのコントラストが美しい。この色の組み合わせのセンスもさすがジョン・レノン!

凶弾に倒れたジョンへの思いを胸に封印された「メイフェア」
40年の月日を超えて完全復刻

しかし、白山眼鏡店のオーナーとジョン・レノンが再び会うことは叶わなかった。1980年12月8日夜、ニューヨークの自宅「ダコタハウス」の門前で、ジョンが凶弾に倒れる。犯人はジョンの熱狂的なファンで、その傍らには血に染まったクリアフレームの「メイフェア」が残されていた。事件の数時間前にはらん甲の「メイフェア」をかけてファンにサインをしている写真が残されており、ジョンがいかに愛用していたかを物語っている。
普通に考えると「ジョンが亡くなったその瞬間も身に着けていた愛用品」というキャッチフレーズはこれ以上ないほどのビジネスチャンスを生み出す。実際、白山眼鏡店のオーナーにはそういった言葉も多く寄せられたという。しかしオーナーには、ジョンとの想い出が詰まった「メイフェア」モデルをビジネスにはしたくないという強い思いがあり、生産を中止。事実上封印することにしたのだ。
しかし、ジョンが亡くなってから長い時を経て、日本の同業者が「メイフェア」を無断で商標登録し、以前から製作していたモデルを「MAYFAIR」と改称し販売。「伝説のミュージシャンが愛用した…」という謳い文句と共に発売することは、亡くなったジョンへの冒涜でもあり、オリジナルである白山眼鏡店への侮辱でもある。この出来事もあり、今回白山眼鏡店から完全復刻として40年の月日を超えて「メイフェア」の封印を解くことになった。


らん甲の「メイフェア」をかけるジョン・レノン。レザージャケットにジーンズという普段着のセンスもさることながら、イエローフレームのアイウェアを自分のモノとして着けこなすオーラに脱帽。ジョンが「メイフェア」をかける姿は他にも写真として残されている。

すべてのモデルに白山眼鏡店のロゴが深く刻まれる。漢字のロゴがそのまま刻まれるところに日本製・日本のブランドであることの誇りが詰まっているのだ。

ジョン・レノンの個人的な愛情とセンスが詰まった「メイフェア」は2021年1月6日に完全復活

ジョン・レノンがファンの凶弾に倒れるという衝撃的な事件は、40年を超えた今も薄れることはない。当時リアルタイムでその一報を目にされた方の衝撃度は想像以上だろう。その死はファンだけではなくビートルズのメンバーにも強い影響を与えたし、音楽業界全体にとってもかけがえのない損失だ。もし今もジョンが生きていたら…と思わずにはいられない。
白山眼鏡店の「メイフェア」には確かなモノ作りと高いデザイン性、そしてジョン・レノンのごく個人的な愛情やセンスが詰まった本当に特別なモデルだ。伝説的な「メイフェア」が完全復活したことは、アイウェアファンだけでなく、レノンファン、ビートルズファンの間でも早くも話題になっている。
「メイフェア」は2021年1月6日に予約先行販売開始。2020年12月8日から白山眼鏡店全店でサンプル展示されている。価格は46,200円(税込)。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。