BARK OUTSIDERS drops new belt at April

【4月発売】BARK OUTSIDERSから春の新色ウォッチベルトが登場

目指すは数年後のくったりとヤレたエイジング。新進気鋭のレザーブランド〈BARK OUTSIDERS〉の新作をクローズアップ!


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : Net Car Show

「春の衣替えはウォッチベルトも一緒に」がオシャレな大人の嗜み

まだまだ肌寒い日が続いているものの、季節の変わり目はもう目前。そろそろ衣替えの準備を始めている洋服好きもいらっしゃることだろう。洋服は当たり前のように衣替えをするのについ忘れがちなのが腕時計のベルト。メタル製・レザー製を問わず一年中同じベルトのまま…という人は意外と多い。理由は簡単、ウォッチベルトの交換は面倒だという先入観があるからだ。
実際は一本の専用工具があれば誰でも簡単に付け替えできるのだけれど、そんな道具を用意するのは更に面倒…という方。近所の時計店に持ち込めば5分程度で交換してくれることをご存知だろうか。腕時計好きの間では季節や気分でウォッチベルトを付け替えるのは密かに楽しめる大人の嗜みとしてすっかり定着している。
そこでおすすめなのが上質なレザー製のウォッチベルト。革の素材や色でお手軽に手元の雰囲気が変わり、何年も掛けて経年変化を楽しめるからだ。筆者も愛用している〈BARK OUTSIDERS(バーク・アウトサイダーズ)〉は新作がリリースされる度にソールドアウトを繰り返す新進気鋭のレザーブランドで、4月に2ピースストラップの新色が発売される。先日公式インスタグラムに投稿された見るからに素晴らしいエイジングに成長しそうな新作をチェックしてみよう。


4月1日発売予定の新色はベージュ、カーキ、ブラックの3色展開。

もっとも強烈なエイジングを見せてくれそうなのが手前のベージュ。シボ感のあるレザーの質感もストレートに楽しめる。

新作は「春らしさ」を演出すべくピックアップされた3色展開

〈BARK OUTSIDERS〉のデザイナーである森田さんによると、ベージュ、カーキ、ブラックの新色は「色味を出して春らしさを感じてもらえるように」とのこと。落ち着いたブラックは定番カラーとして一本は押さえておきたいが、ひと際素晴らしいエイジングを見せてくれそうなベージュカラーは特に春らしい穏やかな色味だ。また、カーキはミリタリーテイストがありながら春の息吹きを感じさせるナチュラルさもあり、少し落ち着いた大人っぽい洋服と非常に相性が良さそう。洋服によって付け替えても良いし、1週間に1度週末に付け替えるのもリラックスした時間を過ごせそうだ。
使い慣れた腕時計もベルトを交換するだけでまったく違うモデルのように感じられる。ましてや〈BARK OUTSIDERS〉のような上質なモノであれば愛着もひとしお。


〈BARK OUTSIDERS〉のデザイナー、森田さんの着画。落ち着いたブルーでまとめたトップスと明るいベージュのウォッチベルトが見事に調和している。

腕時計はその人の個性を強く出すもの。あまり妥協せずに自分にとってのベストを選びたいところだが、ウォッチベルトを上質なモノに替えるだけでも随分印象が変わる。


森田さんが愛用する〈SEIKO(セイコー)〉のヴィンテージウォッチとのショット。SARB033にはカーキ、SZSB017にはベージュ。NATOタイプのベルトにはやはりヴィンテージウォッチがもっともよく似合う。

どの色を選んでも身に着ける度に少しずつ色が変化していく。そのゆるやかなエイジングを楽しめるのはオーナーの特権だ。

迷ったら大人買いしちゃう?
春を彩るハンドメイドウォッチベルト、4月1日の発売日をお楽しみに

ひとつひとつ丁寧に制作される〈BARK OUTSIDERS〉のウォッチベルトは生産数がごく限られているため、発売時までにどのカラーにするかを決めておきたいところ。公式インスタグラムはもちろん、オフィシャルサイトも随時チェックして備えよう。

ITEM CREDIT

RECOMMEND

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。