Deep shades of Black cherry excalibur

【RED WING 2021秋冬新作Pt.2】深みのあるブラックチェリー・エクスカリバー、#8847

「ブラックチェリー・エクスカリバー」、「ブラックチェリー・エクスカリバー」、「ブラックチェリー・エクスカリバー」…。何度もつぶやきたくなるクールなネーミングも素晴らしい。〈RED WING〉2021年秋冬新作ブーツ、#8847の艶っぽい魅力に迫る。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : RED WING

履きこむほど上質なエイジングを見せる新色レザー、ブラックチェリー・エクスカリバー

昨日投稿した#8864に続き、〈RED WING(レッドウィング)〉の2021年秋冬新作ブーツである#8847をフィーチャー。#8847は6インチ丈の名作である#875をベースに、新しく登場した新色レザーであるブラックチェリー・エクスカリバーで装った新作モデルだ。オイルを多く含んだリッチな風合いのレザーと深みのあるブラックチェリーカラーの相乗効果で何とも「美味しそう」なカラーに仕上がっている。新品状態でところどころ色ムラがあるのもブラックチェリー・エクスカリバーの特徴。これは間違いなく履きこめば履きこむほど、より深みのある色合いにエイジングしていく…そう思わせるリッチなレザーはブーツ好きと革靴好きにはたまらない魅力のはず。
#8847にはGORE-TEX®が搭載されていないため、#8864のような防水性はない。ただし、昨日の記事にも書いたように通常モデルであっても実は防水性が高いのが〈レッドウィング〉の特徴。また、GORE-TEX®を装備することで同じモックトゥであっても履き心地に若干の変化があるため、いつもの着用感を求める方にはGORE-TEX®非搭載の#8847の方が合うかもしれない。

名作、#875をベースにした高い完成度も魅力

トラクショントレッドソールの軽やかな履き心地も見逃せない。ワークとハンティングを用途とする男性用のブーツに初めて導入されたトラクショントレッドソールは、1952年以来〈レッドウィング〉を象徴するいわばアイコン的パーツ。アッパーとコントラストを描く白く清潔感のあるカラーは、重厚感がありながら爽やかな独特の雰囲気を足元にもたらしてくれる。名作ワークブーツ、#875がベースなのでルックス・着用感の両方で完成されたクオリティを楽しむことができるだろう。
深みのあるブラックチェリー・エクスカリバーを身にまとった#8847は〈レッドウィング〉公式オンラインストアなどですでに発売中。価格は41,690円となる。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈レッドウィング〉の記事はこちらから。
GORE-TEX®を搭載するもうひとつの新作、#8864はこちらの記事をご覧いただきたい。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。