Freely combined half and half

【組み合わせ自由自在】クロムハーツが提案する新しいリングの楽しみ方

〈クロムハーツ〉最新作はまさかのぶった切りリング!しかし新鮮な驚きと楽しみが隠れていた。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : pen online

「何だこれ?」からの「やってみたい!」

「何だこれ?ついにネタ切れか?」
つい先日発表された〈CHROME HEARTS(クロムハーツ)〉新作リングを見た時の率直な感想だ。しかし、これが作られた目的と背後に隠れた遊び心を知ると「面白い!」に変わった。さすが〈クロムハーツ〉。いつだって新鮮なサプライズを用意してくれる。
ご覧の通り、フローラルクロスやキーパー、ダガー、K&T、クラシックオーバルクロスという定番デザインを真っ二つにぶった切ったのが2021年秋冬シーズンの最新作。ありそうでなかったアイデアだ。でも、たぶん古くからのファンは筆者と同じような感想を持つと思う。定番リングを半分にしただけじゃん!と。
鋭い方ならお気づきかもしれないが、これは異なるモチーフを重ね着けしてほしいというブランド側からの新しい提案なのだ。例えばダガーとフローラルクロス。キーパーとK&Tのように、まったく異なるモチーフを重ねて着けることでこれまでになかったルックスのリングが完成するというわけ。さらに、スターリングシルバーとK22イエローゴールドの異なる素材を組み合わせることも可能。上半分はゴールドのフローラルクロスで、下半分がシルバーのキーパーのようなコンビネーションもできる。すでに完成しきっている定番デザインも、異なるモチーフを組み合わせることで新鮮なデザインが成立する。そんな魔法のようなアイデアなのだ。


左から、ダガー、クラシックオーバルクロス、K&T。下半分がなくなると思いのほか新鮮な見た目になる。

左から、K&T、キーパー、フローラルクロス。どれも〈クロムハーツ〉初期からある定番モチーフのリングだ。


スターリングシルバーとK22イエローゴールドの2つの素材で展開される。もしかしたら今後他のデザインも追加されるかもしれない。

K22イエローゴールドとスターリングシルバーのフローラルクロスを重ねた状態。上下で素材が異なるという斬新なルックスを楽しめる。

柔軟な発想で生まれたユーザー体験型の新しい〈クロムハーツ〉

定番デザインを真っ二つにして新作と発表することに否定的な意見も生まれるかもしれない。しかし、多くの人から愛されてきた不変のデザインを柔らかい頭で再解釈し、これまでになかったデザインとして完成させる想像力に筆者は感動した。ユーザーの好みで異なるモチーフ(または素材)を組み合わせて遊べるのは、ある意味で体験型の新しいジュエリーの楽しみ方とも言えるだろう。もちろん1つだけ購入してハーフ状態を楽しむのも新鮮だ。
モチーフによって値段は異なるが、スターリングシルバー製の場合は最安値がダガーの108,900円、もっとも高額なのがK22イエローゴールド製クラシックオーバルクロスの1,672,000円となる。さすがにイエローゴールドは目玉が飛び出るほど高いので気軽に大人買いはできないけれど、どのモチーフを組み合わせるかを想像するだけでも楽しい。2021年の自分へのご褒美として、〈クロムハーツ〉が提案する斬新な最新作はいかがだろうか。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈クロムハーツ〉の記事はこちらから。
本物を知る大人のためのK22イエローゴールド製のリングと、筆者が愛用しているクラシックオーバルクロスリングも併せてどうぞ。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。