A place where all HYPEs are available

すべてのHYPEが集う場所 – RINKAN公式ECサイトがオープン

ハイブランドやストリートブランドなどの買取と販売を行うRINKAN(リンカン)が公式ECサイト「RINKAN ONLINE」をローンチ。1,300を超えるブランド、常時2万点以上ものアイテムを展開する巨大マーケットが誕生した。セカンダリーマーケット(二次流通市場)においてトップに君臨する名店が満を持して公開したECサイトは、ファッション好きには見逃せない存在となる。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : RINKAN

ハイブランドからストリート、ジュエリーまで、RINKANのネットワークを駆使した膨大なラインアップを展開

RINKAN公式ECサイトがローンチされたことは、ブランド側にとってはあまり歓迎できないニュースかもしれない。セカンダリーマーケットで自社ブランドの商品がどれだけ売れようが一銭も入ってこないからだ。ただし、良いモノをより安く手に入れたい、またはすでに販売が終了している何かを今手に入れたいと思う一般消費者にとっては朗報である。
取扱いブランドはRINKAN各店舗の主力となるブランドの定番アイテムから激レアアイテムまで豊富にラインアップ。〈LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)〉や〈GUCCI(グッチ)〉、〈PRADA(プラダ)〉、〈BALENCIAGA(バレンシアガ)〉、〈DIOR(ディオール)〉、〈SAINT LAURENT(サンローラン)〉、〈CELINE(セリーヌ)〉、〈HERMES(エルメス)〉のようなハイブランドを始め、〈Supreme(シュプリーム)〉、〈Off-White™(オフホワイト)〉、〈ESSENTIALS(エッセンシャルズ)〉、〈Nike(ナイキ)〉といったストリートもしくはスニーカーブランド、さらに〈CHROME HEARTS(クロムハーツ)〉や〈Goro’s(ゴローズ)〉などのジュエリー/アクセサリーブランドまで、今世の中から支持されている人気ブランドが勢ぞろい。アイテムは毎日更新され、すべてに商品の状態も記載される。

RINKANなら探しているアイテムがきっとある
そう思える充実度と信頼感をウェブ上でも

今後は限定セールの開催や店頭に取り寄せて試着できるサービスの展開を予定。また、商品の購入と買取を同時に行うことで購入金額を安くする「環境に配慮して購入」機能の設置に向けて開発を進めているという。RINKANはこれまで楽天やYahoo!ショッピングなどでEC展開をしていたが、自社ECサイトはまさに満を持しての展開となる。いち消費者としては既存のモール系サイトでも実店舗でもなく、ECサイトで買い物をするメリットをシビアに見ることになるだろう。最大のメリットはわざわざ店舗に足を運ばなくてもネット上で買い物ができることと、無限に広がるアイテムをマイペースにチェックできること。当然人気のあるアイテムは早い者勝ちとなるので、狙っていたモノを見つけたら出合って即ゲットの精神と判断力も試されることになる。高価格ブランドをメインに取り扱うセカンダリーマーケット内のお店としては日本トップの人気を持つRINKANのECサイトは、ファッション好きであれば要チェックの存在になるはずだ。
筆者も何度かお世話になっているお店なので、このニュースは個人的にも朗報。まずはこちらから気になるアイテムがあるかをチェックして、2022年1発目の買い物をするのはいかがだろうか。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈クロムハーツ〉の記事はこちらから。
RINKANにはもはや資産価値レベルで売買される「〈ゴローズ〉の大イーグル」のような激レアアイテムも常に入荷してくるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。