TOO SOON TO KNOW from International Gallery BEAMS

International Gallery BEAMS から新ブランド TOO SOON TO KNOW がデビュー

デザイナーに〈CLASS〉の堀切道之氏を迎え、2022年秋冬シーズンにデビュー。極限までディテールを削ぎ落としたミニマルなデザインで、男女問わず都会的なスタイルを提案する。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : FASHION SNAP

UKムードを表現した新しいテーラードスタイル

日本を代表するセレクトショップである〈BEAMS(ビームス)〉のレーベルである〈International Gallery BEAMS(インターナショナルギャラリー・ビームス)〉から新ブランド〈TOO SOON TO KNOW(トゥー・スーン・トゥ・ノウ)〉が誕生。〈CLASS(クラス)〉のデザイナーである堀切道之氏をデザイナーに迎え、2022年秋冬シーズンから展開を開始する。
〈インターナショナルギャラリー・ビームス〉では大人のテーラードをはじめ、国内外のカッティングエッジなファッションを長年展開してきた。ビジネスからカジュアルまで、世界の先端をひとつの場所で体験できる層の厚さこそが同店の最大の魅力と感じる方は多いだろう。どんなテイスト・ジャンルであっても〈インターナショナルギャラリー・ビームス〉としての格式と提案力を持つブランドやモノを紹介する…この志が年齢と性別を超えたファンを多く生み出してきた理由のひとつと言えるのではないだろうか。
今シーズンから展開される〈TOO SOON TO KNOW〉は〈インターナショナルギャラリー・ビームス〉が得意とするビジネスシーンを主軸に置いたテーラードスタイルではなく、UKムードを表現したファッションとしてのテーラードアイテムを提案したいと考え、堀切氏に依頼したことで実現。「〈クラス〉の延長線上にあるブランド」をコンセプトに、極限までディテールを削ぎ落としたミニマルなムードの洋服がユニセックスで展開される。

TOO SOON TO KNOW from International Gallery BEAMS
TOO SOON TO KNOW from International Gallery BEAMS

TOO SOON TO KNOW from International Gallery BEAMS
TOO SOON TO KNOW from International Gallery BEAMS

TOO SOON TO KNOW from International Gallery BEAMS
TOO SOON TO KNOW from International Gallery BEAMS

テーラードの格式高さと現代風のリラックス感を絶妙にミックス

ご覧の通り可能な限りミニマルに徹したデザインは、インポートブランドの洗練を彷彿させながら、日本的な詫び寂びをも感じさせる雰囲気がある。「TailerLab(テーラーラボ)」「Genderless(ジェンダーレス)」「Ageless(エイジレス)」「Seasonless(シーズンレス)」をイメージワードとした各アイテムは、古き良きテーラードスタイルのカッチリとした格式と現代風にリラックスしたシルエットで構成されており、どのアイテムを選んでも今っぽく、それでいてこれから何年も着用できそうな予感。それもミニマルに徹したデザインの成せる業だ。

TOO SOON TO KNOW from International Gallery BEAMS
TOO SOON TO KNOW from International Gallery BEAMS

TOO SOON TO KNOW from International Gallery BEAMS
TOO SOON TO KNOW from International Gallery BEAMS

合わせたい小物を考える楽しみが増えるニュートラルな空気感も魅力

〈TOO SOON TO KNOW〉の洋服をまっさらなキャンバスだとすると、合わせたくなるのは世界観の似た靴やバッグ、ジュエリー、そして時計。〈Maison Margiela(メゾン・マルジェラ)〉の靴やバッグ、〈Hermès(エルメス)〉や〈Tiffany(ティファニー)〉のヴィンテージジュエリー、〈ROLEX(ロレックス)〉や〈IWC〉のヴィンテージウォッチなどは完璧にマッチしそうだ。限りなくシンプルでミニマルな洋服は、持ち主にコーディネートを考えさせる喜び・楽しさを改めて教えてくれる。〈TOO SOON TO KNOW〉の洋服には、ニュートラルな空気感も大きな魅力だ。
ちなみに〈TOO SOON TO KNOW〉というブランド名の由来は堀切氏が好きなアーティストのRoy Orbison(ロイ・オービソン)の曲名から。「君にはまだ早いよ」というニュアンスに面白さを感じ、堀切氏自身が次にブランドを作る時に使いたい名前として温めてきた言葉だったという。
期待すべきファーストコレクションの発売日は9月23日(金)。気になる方は原宿の名店に足を運んでみてはいかがだろうか。
LIVE IN RUGGEDがお届けする様々なファッション関連の記事はこちらから。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。