Dior x Nike Air Jordan 1 High OG Dior

Dior x Nike Air Jordan 1 High OG Dior に100万円以上の価値はあるのか?

〈Nike〉屈指のプレミア価格で売買されているAir Jordan 1 High OG Diorとは?目を疑うような価格で買う価値はあるのか?スニーカーヘッズを今なお魅了する超級コラボレーションモデルの魅力に迫る。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : FARFETCH

300万円を超える個体も

本来カジュアルな履き物であるスニーカーに別格の高級感とプレミアム性をもたらした〈Dior(ディオール)〉×〈Nike(ナイキ)〉によるAir Jordan 1 High OG Dior。2020年7月に発売され、定価264,000円という常識破りの高価格にもかかわらず即完売となったことは記憶に新しい。発売前からとんでもないプレミアが付くと予想されていたが、実際は大方の予想を上回る異常なほどの価格で売買されている。
2022年10月現在、このスニーカーは中古モデルであっても平均80万円以上、新品モデルであれば100万円を下回る個体はほぼなく、中には300万円を超えるものも。スニーカーとしてはもちろん、エキゾチックレザーを贅沢に使用したハイブランドの革靴やブーツであってもここまでの価格で売買されることは滅多にない。ハードコアなスニーカーヘッズやレア物好きが血眼で探し求めていると言われるAir Jordan 1 High OG Diorには、本当に100万円以上を支払う価値があるのだろうか?

Dior x Nike Air Jordan 1 High OG Dior
Dior x Nike Air Jordan 1 High OG Dior

〈ディオール〉が持つ素材とスキルをふんだんに使用
数年間に一度登場するかどうかというレベルのスペシャルモデル

〈Dior〉×〈Nike〉Air Jordan 1 High OG Diorは先に述べたように2020年7月に抽選販売形式にて発売。世界8,500ペア限定という少量生産に対してとてつもない数の応募が殺到し、見事なほどに需要と供給のバランスが偏ったモデルとなった(ちなみにローカットモデルも発売され、そちらは定価231,000円で世界4,700ペア限定だった)。264,000円という定価であることから本気で欲しいユーザー以外は応募すること自体を躊躇した(あるいは諦めた)と思われるが、ヨーロッパを代表するメゾンとのコラボレーションモデルという話題性と〈ディオール〉らしさを強く感じるデザインは発売から2年以上が経過した今見ても別格の存在感がある。
完全イタリア生産の「Air Dior」こと〈Dior〉×〈Nike〉Air Jordan 1 High OG Diorは、普段〈ディオール〉の製品に使われる高品質のカーフレザーをふんだんに使用。染色、カット、縫製に至るまですべての工程で職人の手も介して制作された。ルックス的にはいつものエアジョーダン1の形ではあるものの、制作環境や手法、使われる素材、そして作る人に至るまで、通常のエアジョーダン1および〈ナイキ〉の製品とは完全に異なること…世界に名だたるメゾンである〈ディオール〉の息吹が込められている点は重要な注目ポイントのひとつだ。だからこそ264,000円という強気な定価でも当然であると認められたのだし、その後爆発的に上昇するプレミアも〈ディオール〉ならではのラグジュアリー性があってこそと言えるだろう。
ルックス的には〈ディオール〉の総柄で彩られたスウッシュと、「AIR JORDAN 1」のウィングロゴが「AIR DIOR」に変更されている点がもっともアイコニックな特徴。上品で落ち着いたディオールグレーのカラーリングも実に美しい。その他、シュータン部分にもロゴが配置され、ソールの裏面には大きく「AIR DIOR」ロゴと〈ディオール〉のロゴが入る。シンプルでミニマルながら、どこをチェックしても特別なコラボレーションであることを感じさせるデザインに仕上げられたAir Jordan 1 High OG Diorは、まさに数年間に一度登場するかどうかというレベルのスペシャルモデルなのだ。

Dior x Nike Air Jordan 1 High OG Dior
Dior x Nike Air Jordan 1 High OG Dior

Dior x Nike Air Jordan 1 High OG Dior
Dior x Nike Air Jordan 1 High OG Dior

どれほどこのスニーカーを愛しているか?に尽きる

〈ナイキ〉のスニーカーにはAir Jordan 1 High OG Dior以上のプレミア価格に化けたモデルがあるし、スニーカーに限らず常識破りのプレミア価格が与えられているモノは星の数ほど存在する。それらを見て「自分には理解できない」「これにこんな価格を支払うなんてイカれている」と思う気持ちも分かるし、それもひとつの答えなのは確かだ。これは、ギターメーカーの〈Gibson(ギブソン)〉が1959年に製作していたLes Paul Standard(レス・ポール・スタンダード)や、イタリアの自動車メーカー〈FERRARI(フェラーリ)〉が1990年代に生産していたF40と同じ次元の話なのだと思う。前者は数千万円で売買され、後者は近年2億円を超える個体も出てきている。たかがギター、たかがクルマにこんな値段が与えられることはバカバカしいのだろうか?ファッションやアートの世界でも同様のモノは多く存在し、それらを死ぬほど欲しいと願う人々によって宝物のように大切にされている。突き詰めて考えるとたかがスニーカーである〈Dior〉×〈Nike〉Air Jordan 1 High OG Diorにも最低100万円前後という価値が与えられており、その背景には生産数の少なさや転売ヤーの存在もあるとはいえ、本当に欲しい人にとっては200万円でも欲しいことに変わりはない。
だから、〈Dior〉×〈Nike〉Air Jordan 1 High OG Diorの常軌を逸したプレミア価格に納得できるか?という問いにはイエスと答える。100万円で買うか?と訊かれればノーだ。なぜなら、筆者自身はスニーカーに100万円を支払う価値観を持っていないから。そういう人でも〈ROLEX(ロレックス)〉のヴィンテージウォッチであれば数百万円をポンと出したりもする。
もしこの記事を読んでいるあなたがAir Jordan 1 High OG Diorに他に代えがたい価値を感じ、居ても立っても居られないほど愛しているのであれば(懐事情と相談しつつ)思い切って手に入れてしまっても良いのではないだろうか。周囲から狂気の沙汰だと責められても気にすることはない。きっと10年後には今よりもさらに高額で取引されているだろうし、この美しいスニーカーがあなたを裏切ることはないだろう。
ちなみに本稿に掲載している〈Dior〉×〈Nike〉Air Jordan 1 High OG DiorはFARFETCHにて発売中の一品。専門家が鑑定した確実な正規品で、価格は2,018,200円(輸入関税込み)となる。気になる方はFARFETCHオンラインストアをチェックしてみよう。
そうそう、〈Dior〉×〈Nike〉Air Jordan 1 High OG Diorは精巧な偽造品も多く流通しているので、購入を検討される際は確かな購入先であることも強くおすすめする。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ナイキ〉の記事はこちらから。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。