Uniqlo U 2023 Spring Summer

普遍的なデイリーウェアを再解釈する – Uniqlo U 2023年春夏シーズン

クリストフ・ルメールが作る「今」を感じるデザインと、実用性への強いこだわり、そして豊かさと繊細さを兼ね備えた上品なニュートラルカラーが人生をポジティブに彩る。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : UNIQLO

日々に安らぎの感覚を

「Future LifeWear Essentials」というテーマを掲げ、上質な日常のワードローブを追求する〈UNIQLO U(ユニクロユー)〉が2023年春夏コレクションを発表した。パリを拠点とするアーティスティック・ディレクター、Christophe Lemaire(クリストフ・ルメール)が〈ユニクロ〉という超巨大企業のプラットフォームと共に開発する機能的で洗練されたライフウェアは清廉で瑞々しく、洋服を着るという行為への喜びに満ち溢れている。
来たるべき2023年春夏シーズンの〈ユニクロユー〉は、「日々の生活にやすらぎをもたらす服」をテーマに、「今」の雰囲気とタイムレスなデザインを反映したワードローブが揃う。新型コロナウイルスによる世界的なパンデミックが発生してから数年が経過してもいまだに不自由な生活を強いられるシーンが多い。しかし、そんな中で発表された〈ユニクロユー〉最新コレクションは、閉塞的な空気を打ち破るように様々なシーンに対応するもの。メンズ・ウィメンズ共に都会的で洗練されたテイストで統一されているが、特に印象的なのはポジティブなカラーウェイだ。ニュートラルカラーと豊かな色彩のブルーとベージュを基調に、差し色としてグリーン、オレンジ、イエロー、パープルとピンクを採用したカラーリングは、人生そのものを祝福するような前向きな空気感が漂っている。

Uniqlo U 2023 Spring Summer
Uniqlo U 2023 Spring Summer

Uniqlo U 2023 Spring Summer
Uniqlo U 2023 Spring Summer

Uniqlo U 2023 Spring Summer
Uniqlo U 2023 Spring Summer

Uniqlo U 2023 Spring Summer
Uniqlo U 2023 Spring Summer

着用感と使い勝手をアップデート

また、都会的なファッションであることを何よりも重視しつつ、アクティブシーンにも対応できるウェアが用意されている点も特徴だ。クリストフ・ルメールはパリにある〈ユニクロ〉R&D センター(リサーチ&デベロップメントセンター)にて、アクティブウェアの機能性を維持しながらも見た目がスポーティーになりすぎないことを心がけながらデザインを制作した。ヨガやランニングなどアクティブなシーンの際は一枚で着用でき、日常的なシーンではインナーとしても活躍するなど、重ね着によってファッション性の高い装いができる〈ユニクロユー〉の強みを活かした考え方で統一されている。
ちなみに本コレクションでクリストフ・ルメールが特に気に入っているアイテムのひとつは、カットソーだそうだ。特殊な機械を用いて異なるパーツを筒状に織り上げ、最後にすべてを組み合わせるという手間の掛かる工程を経て作られるシームレスなカットソーは、サイドの縫い目を取り除くことができるため、一般的な製法で作られるカットソーよりも着用感が改善されているという。
メンズウェアの定番アイテムに遊び心を持たせるストライプ柄のシアサッカーシャツとチェック柄のショートパンツ、軽やかでモダンなドローストリングショルダーバッグなども2023年春夏コレクションを象徴するアイテム。ドローストリングショルダーバッグは継続品番となるが、その使い勝手の良さからパリ R&D センターのデザインチームの全員が愛用しているほどの仕上がりだという。

Uniqlo U 2023 Spring Summer
Uniqlo U 2023 Spring Summer

Uniqlo U 2023 Spring Summer
Uniqlo U 2023 Spring Summer

Uniqlo U 2023 Spring Summer
Uniqlo U 2023 Spring Summer

Uniqlo U 2023 Spring Summer
Uniqlo U 2023 Spring Summer

Uniqlo U 2023 Spring Summer
Uniqlo U 2023 Spring Summer

普遍的なデイリーウェアを一歩踏み込んだ視点で再解釈すること

日々の暮らしをデザインすることを何よりも重要なテーマとする〈ユニクロユー〉は、すでに完成されたと思われている普遍的なデイリーウェアをもう一歩踏み込んだ視点で再解釈している。言うまでもなくこれは誰にでもできることではなく、クリストフ・ルメールをはじめとしたパリ R&D センターのデザインチームが豊富な知識と経験を持っているからこそ。実用性を見直し、快適でスタイリッシュなデザインと着心地・使い心地を追求する最新コレクションは、多くの男女に共感されることだろう。
〈ユニクロユー〉2023年春夏コレクションはメンズ20アイテム、ウィメンズ26アイテム、グッズ7アイテムという豊富なラインアップで2月10日(金)にローンチされる。詳しくは「〈ユニクロ〉公式サイト」をチェックしてみよう。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ユニクロ〉関連の記事はこちら
LIVE IN RUGGED公式ツイッターはフォロー済み?

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。