©SAINT Mxxxxxx x Yutaka Fujiwara Part3

©SAINT Mxxxxxx が BerBerJin の藤原裕と第3弾のコラボ – T-BACKディテールを持つ 2nd タイプのデニムジャケットを発売

大注目コラボ第3弾は、マニア垂涎のT-BACKディテールを持つ2ndタイプのデニムジャケット


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : yuttan1977

近年ますます価格が高騰するT-BACKディテールのデニムジャケットを再現

©SAINT Mxxxxxx(セント マイケル)〉が原宿の名店「BerBerJin(ベルベルジン)」のディレクターを務める藤原裕氏と3度目のコラボレーション。オリジナルのデニムジャケットが10月21日(土)にローンチされる。
〈セント マイケル〉は〈READYMADE(レディメイド)〉のデザイナーである細川雄太と、アメリカ・ロサンゼルスを拠点に活動するマルチビジュアルアーティスト、Cali Thornhill DeWitt(カリ・ソーンヒル・デウィット)が手掛けるブランド。ブランドとしての歴史は長くないものの、生々しいほどの質感を持つハイレベルな加工を得意とし、ストリートファッションの枠を超えたファン層を一気に獲得している。
10月7日(土)にローンチされた第2弾に続き(詳しくは上記の「併せてチェックしたい」を参照)時間を空けずに登場した第3弾では、藤原裕氏自らが日常的に愛用している2ndタイプのデニムジャケットをベースモデルに選定。注目すべきは、背中がTの字にセパレートされたT-BACKディテールが採用されたことだ。ヴィンテージデニム好きであればご存じのように、Tバックディテールを持つ2ndタイプのデニムジャケットは古着市場で滅多に流通することのないレアモデル。近年ますます市場価値が上がっており、まさにマニア垂涎の逸品として人気を集めている。

©SAINT Mxxxxxx x Yutaka Fujiwara Part3
©SAINT Mxxxxxx x Yutaka Fujiwara Part3

©SAINT Mxxxxxx x Yutaka Fujiwara Part3
©SAINT Mxxxxxx x Yutaka Fujiwara Part3

デニムマイスターの究極のこだわり

だからこそ、ヴィンテージデニムを知り尽くした藤原裕氏とのコラボレーションでTバックディテールを持つデニムジャケットが発売されることは非常に意義がある。新品でありながらリアルヴィンテージのような風合いを備えている点も魅力的だ。ヴィンテージディテールの再現などは藤原氏がディレクションを務める〈New Manual(ニュー マニュアル)〉のチームが担当。非常に希少価値の高い幻の52サイズ以上であるデニムジャケットをベースにデザインし、ボディには藤原氏のヴィンテージコレクションの中から厳選されたダメージサンプルを組み合わせた加工を施すなど、究極レベルのこだわりが注がれている。
上のフォトギャラリーをご覧いただければ分かるように、新品とは思えないほどリアルなヴィンテージ加工が施された本アイテムは圧巻レベルの存在感を持つ。ただヴィンテージを模倣するのではなく、〈セント マイケル〉のモダンな感性と藤原氏自身が所有するリアルヴィンテージのダメージをサンプリングしているという複数の要素が、本当に特別な逸品に昇華しているのだ。
〈セント マイケル〉と藤原裕氏の第3弾となるコラボレーションアイテムは、先に述べたように10月21日(土)に発売開始。販路は全国の〈セント マイケル〉取り扱い店舗となる。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈セント マイケル〉の記事はこちらから。
デニム関連の記事はこちらをチェック。
LIVE IN RUGGED 公式インスタグラムのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

RECOMMEND