What to buy for 100,000 yen pt.3

給付金10万円で何を買おう?(パート3)

新型コロナウイルスの経済対策として支給される10万円で何を買うか?LIVE IN RUGGED流に独断と偏見でおすすめアイテムを紹介する短期連載「給付金10万円で何を買おう?」パート3となる今回はラギッドなレザージャケットとカリスマ的人気のインディアンジュエリー、そして英国のエッセンスが詰まったレザートートバッグを紹介する。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : Orgueil / RINKAN / BRITISH-MADE

年齢を重ねるほど似合うようになるレザージャケット

Orgueil(オルゲイユ)の洋服にはオリジナリティがある。そのオリジナリティとは、古き良き時代のクラシックなディテールや作りを現代的に解釈し甦らせるという手法だ。アメカジ的要素とヨーロッパ的な気品がブレンドされ、どちらかというとヨーロッパの要素が多めに入っていることも独自のオリジナリティを確立した理由のひとつだろう。気品のあるデザインを必要以上にかしこまらずにカジュアルに着ることができる…アメカジを経験し尽くしたアラフォー世代には特に響くブランド。それがオルゲイユなのだ。
今回強くプッシュするのはステアハイドを使ったコサックジャケット。ライダースやテーラードジャケットではなくコサックジャケットというのがとっても通な感じがして良い!素材となるステアハイドはアメリカ・テキサス州産。それを日本に持ってきて有名なタンナーが鞣したというこだわりっぷりだ。革本来の良さを殺さず荒々しさをあえて残したというレザーの質感は、ワイルドでありながら上質。キャメルカラーのエイジングもきっと素晴らしいはずだ。
凝ったデザインのカフスや丸みのあるカーブを描くポケットなどが落ち着いた大人っぽさを醸し出している。鋭角的でシャープなデザインとはまったくベクトルの異なる洋服だと思う。「年齢を重ねるほど似合うようになる」理由は、この暖かみのあるデザインのおかげかもしれない。108,000円(税込)。


ヴィンテージの雰囲気を再現するために最終工程でオイルを使ってハンドフィニッシュを施す。そのひと手間が説得力のある佇まいを実現している。インナーはボタンダウンシャツとタイが完璧にフィット。

両ウエストにはシルエットを微妙に変えることができるベルトが付く。切り返しのない背面にも注目。一枚革を贅沢に使用している証だ。

伝説的ブランドの本物のインディアンジュエリー

ゴローズというブランドについて今更説明するのも野暮なのでここでは省略するが、2020年代に突入した今も熱狂的なファンが多い事実は素直に凄いことだ。渋カジ全盛期はヤンチャな若者たちがこぞってショップ前に並び身に着けたゴローズのインディアンジュエリー。あの頃ほどの熱さはないのかもしれないが、伝説的なブランドであることは何も変わらない。
写真のハートホイールフェザー(大)ペンダントはフェザー+ハート+ホイールという人気モチーフがひとつになった人気アイテム。羽根部分の控えめな彫り込みがゴローズらしい。細かい線で描くような彫金バランスはゴローズのアイデンティティであり、この細かい仕事が上品さを如実に表している。
ゴローズのフェザーペンダントはマニアから初心者まで幅広く愛される傑作揃い。これも年齢を重ねても違和感なく身に着けられる相棒になってくれるだろう。109,296円(税込)。


フェザーとホイールはシルバーで、その上にゴールドのハートが乗るデザイン。カラーコントラストがあって大人っぽさも強い仕様だ。

偽物の方が多いのでは?と思うほどフェイクが出回っているのもゴローズの特徴。購入時は必ず信頼できるショップで!

メイドインスコットランドの上質なブライドルレザー製トートも約10万円で!

最後はグレンロイヤルのジップ式トートバッグを。このブランドは筆者自身が熱狂的に愛するブランドのひとつなので私情がかなり入っていることをご容赦いただきたい。
グレンロイヤルは1979年にスコットランドの中西部エア・シャーで創業。以来、ブライドルレザーを使った上質な革製品を一貫してスコットランドで作り続けている老舗ブランドである。ユーザーのことをしっかり考えた使いやすいデザインを熟練職人がひとつひとつ手作業で作り上げるスタイルは、創業時から一切変わっていない。「一生物」という言葉は時に安易に使われ過ぎな印象があるが、グレンロイヤルの製品には間違いなくそれが当てはまる。
給付金10万円を丸ごと使い切るなら2ハンドルジップトップトートバッグを強くおすすめしたい。以前からラインナップされていた縦型のトートバッグの入り口にジップを付けたモデルで、ジップが付くことにより防犯性がグッと高くなった「使える」バッグなのだ。
A4サイズの雑誌や書類を余裕を持って入れられるサイズ感と、床に置くと自立してくれる作りも非常に実用的。もちろんオールブライドルレザー製なのでエイジングは最高レベルが約束されている(ダークブルー・オックスフォードタン(茶色)・シガー(こげ茶)・ブラックという4色から選べるのも嬉しい)。使いやすくてカッコいいモノは何年も使い続けられるのだ。106,700円(税込)。


手に持っても肩に掛けても上手く収まるサイズ感も嬉しい。数年間愛用した後の経年変化を想像するだけでニヤニヤしてしまうバッグだ。

ハンドメイドならではの温もりがあるが、同時にカッチリした上質さを兼ね備えているのもグレンロイヤルの特徴。「美しく作る」ことを強く意識して生み出される革製品は時代を超えて愛用できる。

ITEM CREDIT
  • Orgueil:Cossack Jacket
  • Goro’s:Heart wheel feather pendant
  • Glenroyal:2 Handle zip top tote bag

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。