Fade into madness PURE BLUE JAPAN

ピュアブルージャパンが「根性穿き」のお手本のようなフェイドサンプルを公開中

すべては最高の色落ちのために。根性穿きを貫いたと思われる〈ピュアブルージャパン〉の魅惑のフェイドサンプルをご堪能あれ。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : PURE BLUE JAPAN

生地作りから加工まですべてを純日本製にこだわるブランド

1997年に設立した〈正藍屋〉のブランド、〈PURE BLUE JAPAN(ピュアブルージャパン)〉。生地や染めへの異常なまでのこだわりが実を結び、今や日本だけでなくヨーロッパやアメリカのデニム好きから熱狂的な支持を集めている。
〈ピュアブルージャパン〉のデニムは、天然の藍やインディゴが持つ美しいブルーに魅せられた〈正藍屋〉が、研究に研究を重ねて作り上げたオリジナルのレシピで作られている。ジーンズやジャケット、シャツなどすべての商品が純日本製であることにこだわり、染色・織り・縫製・加工などの工程を妥協せずコントロール。この愚直なまでに研究熱心な姿勢と確かな技術力、そして既成概念に捉われない美しいシェイプへのこだわりも<ピュアブルージャパン>が国内外で愛されている理由なのだ。
本日は〈ピュアブルージャパン〉のオフィシャルサイトに掲載されているフェイドサンプルを紹介。強烈な色落ちに成長した左綾のスリムテーパードジーンズの美しくも破壊的なエイジングワールドにどっぷりハマっていただこう。


全体的に濃淡のコントラストが凄まじい。オーナーの体型に合わせてくっきりとクセが付いている。

バックビューも強烈だ。膝裏はスリムシルエットならではの細かいハチノスがビッシリ。

バキバキという形容詞がしっくりくる強烈な濃淡のコントラスト

始めに断わっておくと、この色落ちは再現しようと思ってもなかなかできるものではない。着用期間1年でこれほど色落ちが進みにくい部分と進みやすい部分の濃淡のコントラストが強いのは、いわゆる根性穿きをした結果のはず。このジーンズの場合は恐らく穿き始めから最低3ヵ月程度は一度も洗濯をせず、それ以降もできるだけ洗わずに着用していたのではないだろうか。オーナーの体型に沿うようにくっきりとバキバキにクセが付き、そのクセに沿って強く色落ちしている。頻繁に洗濯をしていたらこんな濃淡は生まれないはずだ。
上の写真を見ると、よく手で触れる箇所(太腿周辺や腰回り、ポケット部分など)や歩行時に擦れやすい箇所(膝周りなど)と、日常的に触れる機会が少なく着用時も擦れにくい箇所のコントラストがかなり強い。特に膝の両サイドや膝下の穿きシワはかなり立体的に仕上がっていて迫力満点だ。
バックもエグいの一言。膝裏には細かいハチノスがビッシリと無数に。また、裾から少し上の穿きシワが加工モデル並みにくっきりと浮かび上がっている。ここまでクッキリしたフェイドにするためには、まず最初の数ヵ月はヘビロテで穿きまくり、少々の汚れや匂いを感じても洗わないという、人によっては拷問に等しいプロセスが必要だ。さすがに夏のシーズンに洗わないわけにはいかないため、勝負はいつから穿き始めるか。12月や1月に穿きこみを開始すると、頑張れば半年以上ノンウォッシュのまま着用できる。このフェイドサンプルを所有するオーナーも似たようなプロセスを経ているかもしれない。


膝周りと膝裏のハチノス拡大写真。ご覧の通り色落ちが進み白っぽい色味が見え隠れする部分と、元の濃いインディゴカラーが混在している。

こういう細かいハチノスになるのは一定以上スリムのシルエットであることが必須条件だったりする。

自分好みの色落ちへと成長してくれたジーンズは決して手放せない

デニムに興味がない人がこんな話を聞くと二度と近寄ってくれずにばい菌扱いされるかもしれない。それでもデニム狂たちが毎日デニムばかり穿いているのは、ただ好きなだけではなく、早くジーンズをカッコ良く色落ちさせたいからだ。写真のスリムテーパードモデルは着用頻度や洗濯回数が記載されていたいため完全に憶測になってしまうが、たった1年でこれほどのエイジングに成長するということは、恐らくオーナーが毎日のように着用していたから。
ちなみに裾周りがウネウネした立体的なフェイドに成長したのは、常にロールアップをせずに穿いていたからだと思われる。膝裏から足首に向かってギュッと絞るテーパードは海外でまだまだ人気で、美しいシルエット作りが得意な〈ピュアブルージャパン〉はテーパード好きのデニム狂から特にファンが多い。


裾周りは菱形に近い形状でくっきりと色落ちが進んでいる。更に一年後のエイジングも凄いことになっていそうだ。

これほど強烈な色落ちになってくれると、この先ボロボロになっていっても捨てられない宝物になること間違いなし。

すべての我慢は最高の色落ちにつながっている

オーナー自身がばい菌扱いされる前に洗うべきだが、最高の色落ちのためにはできるだけ洗濯したくない…というジレンマもデニム狂に共通する「あるある」な気持ち。洗濯をできるだけ我慢しながら育てたジーンズの激しいコントラストを経験すると、並みのフェイドでは満足できない体になってしまう。
もちろんコントラストが強いジーンズが一番カッコいいというわけではない。適度に洗濯することで生地へのダメージを減らし、結果的に長持ちすることは自明の理。それでもデニム狂たちがクッキリとしたエグい色落ちを目指すのは、<ピュアブルージャパン>のフェイドサンプルのようなカッコいいエイジングに憧れるからかもしれない。
ちなみに筆者は複数のジーンズを同時に育成中。〈STUDIO D’ARTISAN〉SD-107はまさにバキバキ系のエイジングに変身しつつあるので、お時間のある時にぜひご一読を。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。