SETTA for those with punk spirit

パンクスピリットを忘れないあなたに履いてほしい、フットザコーチャーの雪駄

真の洒落者を目指すなら足元をアバンギャルドに。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : MASTERED

アバンギャルドなルックスと高機能を両立させた斬新な雪駄

暖かな春が訪れ、軽やかな洋服を楽しめる季節がやってきた。LIVE IN RUGGED読者はブーツも革靴もスニーカーも分け隔てなく愛用されているかと思うが、気温が高くなったことで重いワークブーツに抵抗を覚える方もいらっしゃるのでは。そこでおすすめしたいのが〈FOOT THE COACHER(フットザコーチャー)〉の雪駄。そう、日本式の伝統のある雪駄である。
海外のシューメーカーではあり得ない柔軟な発想で上質な靴を作り続けてきた〈フットザコーチャー〉オリジナルの雪駄は、厚めのソールと真っ黒なカラーリングがどことなくモードな世界観を感じさせる。耐久性が高く水にも強いシンセティックレザーを使っているため、雨に濡れてもまったく気にする必要がない。汚れればジャブジャブ洗ってしまえばOKというタフさが魅力だ。
〈フットザコーチャー〉らしいのがパンキッシュなルックス。Vibram®社製のリップルソールはご覧の通りギザギザした造形で、只者ではない雰囲気を漂わせている。ただし、デザイン性に振り切っているように見えるかもしれないが、実は軽量で屈曲性・クッション性に優れ、高いグリップ力も備えた機能性の高い一足であることもポイント。ともすれば歩行性に難のある雪駄に快適性をプラスし、アバンギャルドな雰囲気と高機能を両立させているところも見逃せない。


黒一色の雪駄はありそうでなかなかない。踵部分にブランドロゴなどがプリントされており、シックな雰囲気を高めている。

ギザギザのソールは見た目状のインパクトだけではなく、グリップ力を高めるためでもある。機能性を決して忘れない〈フットザコーチャー〉らしいデザインなのだ。


リアルレザーを使えばよりラグジュアリーなのは間違いない。しかし雪駄である以上、実用性を考えるとシンセティックレザーの方がずっと便利。

Vibram®社製のリップルソール。雪駄にビブラムソールは世界初かも?

いくつになってもパンクスピリットを忘れないあなたへ

黒というモードなカラーとアイキャッチなソールが〈フットザコーチャー〉らしい世界観を演出する斬新な雪駄は、いくつになってもパンクスピリットを忘れない大人に履いてほしい。これを普段使いできたら間違いなく洒落者である。
ちなみにGORE-TEXレザーで完全防水の〈レッドウィング〉ポストマンはチェック済み?

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。