We will never forget the boy's heart

いくつになっても童心を忘れないあなたへ – 超リアルで巨大な恐竜型お香立てはいかが?

95%の男からはリスペクトされ、98%の女性からは理解されないインテリアグッズ。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : HBX

子供の頃に買ってもらえなかった「オモチャ」は、大人になった今自分で手に入れよう

子供の頃に友人の家に遊びに行き、自分がいくら親にねだっても買ってもらえなかったオモチャが飾ってあるのを見て羨ましさと悔しさを感じた経験はないだろうか?その羨ましさを家まで引きずって、改めて親にそれとなく打診してもやっぱり買ってもらえなかった経験は?
もしあなたに似たような経験があるのなら、苦い過去の思い出を10倍にして取り戻す時がやってきた。それも最高のインテリアとして。
〈Yeenjoy Studio(イェーンジョイ・スタジオ)〉が制作した長さ57cm、高さ23cmのI-REX型インセンスバーナー(お香立て)は、子供の頃に買ってもらえなかった「物凄いモノ」に限りなく近い。もしかしたらこの半分程度の大きさの塩化ビニール製の恐竜を買ってもらったことはあるかもしれないけれど、きっとほとんどの人はここまでリアルで鬼気迫る恐竜を手に入れたことはないだろう。
中国の伝統的な職人技を融合させた香炉やお香立てを手がける〈イェーンジョイ・スタジオ〉はホワイト/ブルーで彩られたセラミック製のインセンスバーナーの制作を得意としており、遊び心を知る大人の男性から密かな支持を集めている。
写真のI-REX型インセンスバーナーは、天に向かって雄叫びをあげる獰猛な瞬間を切り取ったような姿勢が童心を嫌でも刺激する逸品。肌や筋肉、骨格を限りなくリアルに再現しながら、ホワイト/ブルーというカラーリングで子供っぽくならない雰囲気を演出しているところもポイントだ。お香は恐竜の口に差し込める構造になっており、煙がゆるやかに口から出る姿はどこかシュールで可愛らしかったりもする。ただの恐竜のオモチャかと思いきや、インテリアグッズとして強烈に存在感を出してくれるだろう。


今にも走り出しそうなほどリアルな造形!この手のグッズは中途半端な作りだと興ざめしてしまうもの。その点〈イェーンジョイ・スタジオ〉のアイテムは作り込みが凄い。

ウネウネとした尻尾の造形や厚みのある皮の質感も見事に再現されている。


暗めの部屋に置くとより一層存在が際立つ。頭から尻尾までの長さが57cmもあるので、どこに飾っても強烈に目立つはず。

ガチで買う場合は事前にパートナーや家族の許可を得ること!

USドルで866ドルという高額商品なのでおいそれとは手が出ないものの、いくつになっても童心を忘れない大人としてはファッションだけではなくインテリアにも自分なりのこだわりを注ぎたくなるもの。だからといって9万円以上もする恐竜のお香立てを買わなくても…と冷静になる自分もいるが、これが部屋に飾ってあったらバカバカしくていいな~と思ったりもする。間違いなく一番の問題は家族やパートナーの許可が下りることだろう。
LIVE IN RUGGEDがお届けするライフスタイルの記事はこちらから。
熱心なスター・ウォーズファンであればR2-D2型のLEGOの方が気持ちが揺さぶられるかもしれない。また、〈Supreme(シュプリーム)の冷蔵庫も空間を一変させるインテリアとしては最高なので、併せてチェックしてみよう。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。