About the joy of getting the real thing

クロムハーツのライダースジャケットが教えてくれる、本物を手に入れる喜び

大金を払って憧れていた何かを手に入れる喜びはどんなに時代が変わっても不変。


Written : LIVE IN RUGGED

人が人である限り物欲は決してなくならない

何でもネット上で購入できるインスタントな時代に変化し、消費者の購買行動だけではなく物欲自体にも変化が起きていると言われている。確かにオンラインショッピングやSNSで得られる情報はあまりにお手軽で、私たちの生活を完全に一変させた。より安く大量に生産するファストファッションが台頭し、結果的にゴミになるモノが量産されて地球を痛めつけていることも、物欲を炸裂させることへの罪悪感を深める一因かもしれない。
筆者がファッションに目覚めた90年代はインターネットがメジャーになる前の時代で、情報源は雑誌とテレビだけ。手に入れられるごく限られたファッション誌を擦り切れるほど何十回も読み、「あれも欲しいこれも欲しい」と頭を悩ませていた。もし自分が今の時代に高校生だったら、ここまでファッションが大好きになっていたかは正直分からない。Too muchなほどモノと情報に囲まれた世の中で生きていると「若者の○○離れ」が起こって当然なのだ。
それでもこうしてファッション系のウェブマガジンを運営し日々物欲に塗れた情報を発信しているのは、物欲が決して悪いものではないことを知っているからだし、人が人である限り好きなモノを手に入れることへの欲求が消えることはないと確信しているからでもある。良いモノを安く手に入れる楽しさはもちろん、LIVE IN RUGGEDでは高額なアイテムを手に入れる背徳的な喜びについても胸を張って発信していきたい。

驚くほど高額でも〈クロムハーツ〉のライダースジャケットに多くの人が憧れを持つ理由

ということで、前置きが長くなってしまったが〈CHROME HEARTS(クロムハーツ)〉のライダースジャケットについて話を進めよう。
ご存知の通り元々デザイナーであるRichard Stark(リチャードスターク)が自分と仲間のためにバイカーウェアを作り始めたことがブランドの起源なので、ライダースジャケットはもっとも得意とするアイテム。他のブランドがなかなか手に入れられないレベルの高品質なレザーを贅沢に使い、精緻な彫刻が施されたシルバーパーツを随所に配置。結果として目を疑うようなプライス(余裕の100万円超え)で売られているのに常に品薄状態であることは、〈クロムハーツ〉のライダースジャケットが本質的に良いモノであることを多くの人が認めていることに他ならない。
写真のJJ DEANはもっともベーシックなダブルタイプのライダースジャケットとして古くから製作されている定番モデル。肉厚な牛革が使われているためお世辞にも快適な着心地とは言えないけれど、物理的な重厚感も〈クロムハーツ〉の魅力なのはジュエリーもレザーウェアも共通している。
もちろんもっとも〈クロムハーツ〉らしさを感じるのはスターリングシルバー製のパーツだ。ボタンやジッパープル、ベルトバックル、ハトメに至るまで金属部分を基本的にすべてシルバーで製作。ひとつひとつの完成度の高さと唯一無二のデザイン性はまさに向かうところ敵なし。押し出しの強さは好き嫌いがハッキリと分かれるけれど、デコラティブな感性を直球でアピールするところが痛快極まりないのも事実だ。


バックル付きのベルトが付くアメリカンタイプのダブルライダースジャケット、JJ DEANはブランド初期から継続して作られている定番モデル。

クロスボール、ダガー、ローラー、フローラル、バレルなどクラシックなモチーフが多く使われていることもJJ DEANの人気の理由だ。

支払った対価に見合う価値を永続的に感じられるのが「本物」の証

もちろん実際に〈クロムハーツ〉のライダースジャケットを購入する人は決して多くないけれど、驚くようなプライスであっても説得力があるところは超一流ブランドであることの証明に他ならない。情報が簡単に手に入る時代になり、ハイブランドが作るプロダクトがピラミッドの頂点に君臨している時代が終わりを迎えつつあったとしても、本質的に価値があるモノを作るブランドは生き残っていく。
何年も憧れ続けたモノをお金を貯めて手に入れる喜び。自分のモノになってから一緒に人生を過ごす喜び。少しずつ時間を掛けてエイジングしていく楽しさ。お金を払って手に入れて満足ではなく、長い期間愛用できるモノであればより一層愛着も沸くだろう。
〈クロムハーツ〉は確かに高額だが、支払った対価に見合う価値があることも改めて伝えておきたい。小難しいことを抜きにしても、良いモノは時代を超えて評価され続けるのだ。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈クロムハーツ〉の記事はこちらから。
今となっては懐かしい、昨年国から支給された給付金10万円で何を買おう?という妄想記事はパート1パート2共に〈クロムハーツ〉が登場しているので、お暇な時にご覧いただきたい。

ITEM CREDIT
  • CHROME HEARTS:JJ DEAN RIDERS JACKET

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。