adidas Originals by KYNE

アーティストの世界観をストレートに楽しめるadidas Originals by KYNEのスペシャルアイテム

下北沢あたりで着て歩いていると羨望の眼差しで見つめられるかも?今もっとも熱いアーティスト、KYNEのグラフィックを主役にしたスペシャルコラボレーションが近日発売。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : adidas

アート×ファッションのトレンドを決定づけるadidas Originals by KYNE

アートとファッションの距離がますます近くなる近年、人気のあるアーティストのグラフィックを自社デザインとミックスさせる(あるいはアーティストのデザインをそのまま用いる)ブランドが非常に多くなってきた。例えば〈Supreme(シュプリーム)〉や〈HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)〉はアートとファッションをミックスさせてきたオリジネイターだ。ミュージシャンやラッパー、俳優、フォトグラファーやぺインターなどジャンルも知名度も問わず、彼らがクールだと思うアーティストをフィーチャーし、極上のデザインに昇華。こういったブランドがカルチャー的な部分を洋服のデザインとして発信してきた歴史があったからこそ、アートとファッションを絡ませたプロダクトが毎月ローンチされるほどメジャーなものになったことは忘れないようにしたい。
さて、雨後の筍のように頻発しているアート×ファッションアイテムの中で最近特に「欲しい!」と思ったのが本日紹介するadidas Originals by KYNE。ご存知の通り、スニーカーやアパレルなど多様なアイテムを揃える〈adidas Originals(アディダス・オリジナルス)〉が今もっとも人気があると言っても過言ではないイラストレーター、KYNE(キネ)とコラボレート。フットウェア「STAN SMITH KYNE」とTシャツ「GRAPHIC T KYNE」の2アイテムを6月18日(金)にローンチする。
いずれもKYNEが描き下ろしたオリジナルのグラフィックが入り、パステルカラーも相まってこれからのシーズンに最適なデザインが完成。「STAN SMITH KYNE」はシュータンデザインとカラーが左右で異なり、更にヒール部分にはKYNEのシグネチャーをあしらうなど特別モデルにふさわしいデザインアレンジになっている点も見逃せない。Tシャツはフロントに〈アディダス〉のロゴとKYNEが描くイラストが入り、バックには首元にKYNEのサインが入る。


右足のシュータンにはいつものスタンスミスの顔。左足はKYNEが描く女の子の顔が。ブルー系のトーンは統一しつつ左右で色を変えているところもGood!

〈アディダス〉の傑作、スタンスミスの完成されたフォルムと履き心地はそのままに、特別モデルならではのさり気ない違いを楽しむことができる。


ヒール部分のロゴも左右で色が異なる。こういう細かいアレンジ、みんな好きでしょ?

360度どのアングルから見てもシンプルかつミニマルなデザインのスタンスミス。サイドアングルの削ぎ落としたルックスはいつ見ても惚れ惚れしてしまう。


やっぱり主役になるのはKYNEのイラスト。ポップなのにクールな世界観にファン続出。

できればスニーカーもTシャツも大人買いしたい!箱や包装紙のパッケージもさすがのクオリティだ。

アーティストの世界観を洋服で楽しめるのがアート×ファッションの最大の魅力

クリーンでポップ、それなのにクールな世界観があるのはKYNEのアートワークならでは。女性をモチーフにグラフィックを描くアーティストは数え切れないほどいるが、シンプルな線と塗りで構成されるKYNEのグラフィックは洗練された印象が強く、誰が見ても、そして着てもオシャレに決まるのが最大の魅力。6月18日(金)からSNEAKERSNSTUFF TOKYOなどで発売予定なので、この夏を乗り切るマストアイテムとしてぜひゲットしていただきたい。
アートをファッションとして楽しむなら江口寿史×BEAUTY&YOUTHの別注Tシャツも要チェック。
漫画界の巨匠、手塚治虫の名作「鉄腕アトム」をフィーチャーしたBAITのカプセルコレクションもアート×ファッションの魅力をストレートに楽しめる逸品だ。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。