BBQ goods from Chrome Hearts

【珍品好き集まれ!】クロムハーツがBBQグッズを販売中

BBQを楽しんでいる時におもむろに〈クロムハーツ〉のグッズを取り出した時の周囲のリアクションを想像してみよう。驚きと称賛、そしてヘンタイにだけ向けられる視線すら快感に感じるはずだ。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : CHROME HEARTS

ローリー・リン・スタークの子供時代の思い出から生まれた珍品

数えきれないほど多くの珍品を生み出してきたCHROME HEARTS(クロムハーツ)。このブランドは何のアナウンスもなく唐突に新作をローンチすることでも知られているのだが、先日またもや新たな珍品がオフィシャルサイトで発売されていた。何とBBQで活躍するグッズである。
〈クロムハーツ〉側の声明によると決して適当な思い付きで作ったわけではなく、ちょっとしたエピソードがあるらしい。
ブランドの創業者であるRichard Stark(リチャード・スターク)の妻であるLaurie Lynn Stark(ローリー・リン・スターク)が、子供時代に頻繁に父であるHerman(ハーマン)、そしてローリーの兄弟と一緒にバーベキューを楽しんでいたことに思いを馳せたことがひらめきの始まり。そこから〈クロムハーツ〉でBBQに使えるグッズを制作することに思い至ったのだそう。
もちろん〈クロムハーツ〉製である以上、使われるのは極上の天然素材がメイン。おなじみのスターリングシルバーはもちろん、貴重なエボニー(黒檀)、そして高品質なステンレススチールが各アイテムのパーツによって使い分けられ、このブランドでしか決して成立しない逸品に仕上がっている。さっそくウルトラレアなBBQグッズを見てみよう。


グリルした肉を突き刺すのに役立つフォーク。

メタル部分にはブランドロゴなどが細かく刻まれている。


よく見ると星条旗柄になっているスパチュラ。食材をひっくり返す時や、更に盛り付ける際に欠かせないアイテムだ。

フックにかけて吊り下げられる仕様。こういったパーツに平気な顔で銀が使われているのが何度見ても凄い。


肉や野菜をひっくり返すのに最適なトング。柄の部分は黒檀で、所々CHプラスモチーフのシルバーパーツが付いている。

こちらにもメタル部分には細かい彫り込みが。「HOLLYWOOD, USA」の文字がアメリカ製のプライドを物語っている。


肉をカットするためのナイフ。ナイフ部分のメタルはシルバーではなくステンレススチール。

ナイフにも柄の部分にCHプラスとフックにかけられる半円型のパーツが付属。そこにもブランドネームやクロスモチーフの彫り込みが施される。


木製のカッティングボード。寄木細工のようにいくつものピースで構成され、四隅にはCHプラスモチーフが入るという非常に手間の掛かる作り。

側面にはブランド名とCHプラスモチーフが彫り込まれている。トレイとして使うもよし、勇気がある方はまな板として日常使いしてもよし。キッチンタイムをラグジュアリーに彩ってくれるアイテムだ。


ワイルド極まりない広告写真がいかにも〈クロムハーツ〉らしい。

もちろん金属部分はスターリングシルバー製。立体的でゴツゴツとしたクロスモチーフは燻しのコントラストが効いていて最高にクールだ。


シルバー製ということもあり、本当にケチャップもしくはマスタードを入れて使う勇気が試されるアイテムでもある。使った後はちゃんと洗えるのだろうか…と心配してしまう筆者は買う資格なし!

とはいえ、こういった本来安価なモノをラグジュアリーな逸品に生まれ変わらせてしまうのがこのブランドの魅力のひとつ。自宅にあるだけでテンションが上がることは間違いない。

マニアックでレアなアイテムを手に入れてこそ、ハードコアな〈クロムハーツ〉ファン

〈クロムハーツ〉謹製のBBQでも使えるグッズは既にオフィシャルサイトで販売中。一般的にはジュエリーやレザーグッズ、ウェアなどを購入するユーザーが圧倒的に多い中、こういったキッチングッズを手に入れるのはそれだけで称賛に値する。夏真っ盛りなので週末のBBQを楽しんでいる方もいらっしゃることだろう。この機会にウルトラレアな〈クロムハーツ〉のBBQグッズを手に入れてみてはいかがだろうか。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈クロムハーツ〉の記事はこちらから。
本物を知る大人のためのゴールドジュエリーも人とは違う逸品をお探しの方はぜひ。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。