My favorite summer with WIND AND SEA

WIND AND SEA×ヨシフクホノカ – 去りゆく夏の匂いを感じるノスタルジーなデザイン

エバーグリーンなアメカジのテイストも色濃く漂うコレクションが豊富に登場。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : WIND AND SEA

ヨシフクホノカの爽やかでポップなイラストを楽しもう

スタイリストやディレクター、フォトグラファーなど様々なフィールドで活躍する熊谷隆志氏率いる〈WIND AND SEA(ウィンダンシー)〉がイラストレーター、ヨシフクホノカとコラボレーション。ノスタルジックな空気が漂う限定アイテムがローンチされた。
Tシャツ、ロングTシャツ、スウェットパーカ、リンガーTシャツ、タンクトップといったアパレルはもちろん、ブランドロゴを配したキャップやバケットハット、トートバッグ、PVC素材のミニバックのようなファッショングッズも豊富に登場。さらにステッカーやカーエアーフレッシュナーといったライフスタイルグッズまで幅広く用意された。いずれもヨシフクホノカらしい爽やかでポップなテイストのイラストが〈WIND AND SEA〉用に描き下ろされており、ブランドのファンはもちろん、ヨシフクホノカのイラストを好む方にとっても魅力的なプロダクトとなっている。
先だって公開されたLOOK画像を見ながら、徐々に去りゆくサマーシーズンの名残りを感じよう。なお、女性がモデルを務めているがすべてユニセックス展開となる。ファッションとアートが密接につながるアイテムを


オーバーサイズのTシャツは男女問わず着用可能。アメ車やパームツリーなど夏を感じるイラストが正面にプリントされている。

楕円形の「SEA」ロゴが左胸に入るジップフーディーはS~XL展開。背面にはフォード・マスタングのイラストが大きく入る。


襟や袖のリブがポップなリンガーTシャツには線で描いた女性のイラストが。この爽やかなテイストはヨシフクホノカの真骨頂と言えるだろう。

「SEA」ロゴのキャップも男女問わずカジュアルに着用できる。何てことのないアメリカンなキャップに見えるけれど、実は〈WIND AND SEA〉というところがファッション好きのツボだ。


車内用のカーエアーフレッシュナー。どんなクルマに乗っていても〈WIND AND SEA〉のエアーフレッシュナーがあればオシャレな空間になりそう。

こちらは女性のイラストがプリントされたカーエアーフレッシュナー。Tシャツと同様古いフォード・マスタングも描かれている。


トートバッグはエコバッグとしても最適。休日に活躍しそうだ。

今回のコラボレーションの肝となるクラシック・マスタングのイラスト。厳密に言うとマスタングをフルチューニングしたSHELBY GT500というモデルで、そのクラシックモデルは今や2,000万円以上する個体も。赤いボディが夏らしさを強く演出。


1週間ほどすっきりしない天気が続くが、まだまだ強い日差しへの対策が必要。〈WIND AND SEA〉のキャップは気負わずにデイリーウェアに取り入れられるカジュアルさが魅力だ。

〈WIND AND SEA〉は男女問わずどの年齢層でも身に着けられるデザイン。今回のコラボレーションも良い意味でクセのない良質なアメカジを楽しめる。

人と自然を愛する〈WIND AND SEA〉の世界観

ファッションとアートの距離がどんどん近くなった昨今、イラストレーターやフォトグラファー、グラフィックデザイナー、そしてストリートアーティストなどジャンルを問わずクリエイターとタッグを組むブランドが増えた。〈WIND AND SEA〉とヨシフクホノカのコラボレーションもその流れを汲むコレクションだが、気難しいことは考えずにイラストやグラフィックそのものを楽しんでほしい、というブランドのメッセージが込められているように感じる。一年に一度しか訪れない夏は、それ自体が地球からのご褒美のようなシーズン。夏をこよなく愛する熊谷隆志氏の〈WIND AND SEA〉は通常モデルでもサマーシーズンへの愛情が強く表れているファッションが多いけれど、本コラボレーションはイラストという形で人と自然への愛情をストレートに感じられる。
…と、ここまで読んでいただいて大変申し訳ないのだが、すべてのアイテムがソールドアウトになってしまった模様。この瞬殺っぷりも〈WIND AND SEA〉らしい…。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。