Masterpiece is back from UNDER COVER

90年代裏原宿ファッションの空気感を宿すUNDER COVERの伝説的スニーカーが復活

オリジナルは今でもプレミア価格で売買されている模様。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : Mastered

オリジナル開発メンバーが集結し、20年以上の時を超えてメイクオーバー

90年代裏原宿ファッションをリアルタイムで通過した洋服好きにとって最高のニュースだ。〈UNDER COVER(アンダーカバー)〉が初期の頃に制作した伝説的なジャックパーセルタイプのスニーカーを2021年の今、改めてメイクオーバー。当時の空気感はそのままに、20数年の時を超えて今も楽しめる傑作がまさかの復活を遂げる。
本モデルは〈…… RESEARCH〉の小林節正氏が主宰する〈Riding Equipment Research(ライディング・イクイップメント・リサーチ)〉とのコラボレーションによって実現。タイポグラフィーが入ることでアイコニックなルックスであるトゥには「HELTER SKELTER」というスローガンが入り、パンクやロックをストレートに感じられるデザインに仕上がっている(90年代に発売されたモデルはトゥの部分が「UNDER COVER」だった)。
〈アンダーカバー〉の熱心なファンであればご存じかもしれないが、小林氏はオリジナル開発時にシューデザイナーとして参加していた背景があり、思い出深いモデルだった模様。今回小林氏側から〈アンダーカバー〉の高橋盾氏に別注依頼を行うことでこの特別なコラボレーションが実現したようだ。
オリジナルを制作したメンバーたちが改めて開発したこともあり、当時をそっくりそのまま思い起こさせる素晴らしいデザイン。合わせるパンツを選ばない普遍性がありながら、〈アンダーカバー〉らしいちょっとした毒を楽しめる一足に仕上がっている。さっそく以下のフォトギャラリーからチェックしてみよう。

足元をロックでモードにする〈アンダーカバー〉マジック
10月22日(金)に世界同時リリース

ちなみに〈Riding Equipment Research〉は2020年の再始動時から、レザーパンツにスニーカーを合わせてカスタムバイクに乗るスタイルを提唱しているブランド。今ではレザーパンツを穿く男性はほとんどいなくなってしまったけれど、そもそもバイカーやロッカー、そして一部の感度の高いファッション好きからはトレンドに関係なく着用されているのも事実。時にはレザーパンツを合わせてロックでモードな雰囲気を楽しむのもおすすめだ。もちろんブラックデニムやスウェットパンツ、スラックスなど、このスニーカーであれば種類を問わず合わせられる。
カラーはブラックとホワイトの2色展開で、S、M、L、XLの4サイズが用意される。販売は〈…..Research GENERAL STORE〉のオンラインストアと〈Riding Equipment Research〉正規取扱店にて実施予定とのこと。90年代にリアルタイムで履いていた方はもちろん、このデザインを初めて見る方にも猛プッシュしたい傑作スニーカーは、10月22日(金)に世界同時リリースされる。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈アンダーカバー〉の記事はこちらから。
2018年に発売された〈CONVERSE(コンバース)〉とのコラボモデルも非の打ち所がないほどクールなのでチェックされたし。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。