Original or reprint?LAST ORGY TWO

【伝説の裏原宿アイテム】LAST ORGY 2 のスウェット – オリジナルと復刻、あなたならどっち?

伝説的な〈LAST ORGY 2〉のスウェットが奇跡的に同店舗に入荷しているぞ!


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : BEEGLE by Boo-bee / BEEGLE by Boo-bee

裏原宿ファッション全盛期に作られた伝説のスウェット

「LAST ORGY 2」という言葉にピンとくるようであれば、あなたは間違いなくアラフォー以上の年齢だ。そうじゃないなら周りが呆れるくらい裏原宿系に熱心な洋服好きだろう。今から約30年前、まだ「裏原宿」という言葉がなく〈Supreme(シュプリーム)〉すらなかった時代。〈UNDERCOVER(アンダーカバー)〉の高橋盾氏と〈A BATHING APE®(ア・ベイシング・エイプ®)〉のNIGO®氏が「LAST ORGY 2」という記事を雑誌「宝島」に連載していた。ファッションはもちろん、洋服以外のカルチャー(音楽やオモチャなど)を含めて様々なことを好きにしゃべる様子を記事にしていた連載で、裏原宿系ファッションを愛する人間にとってはほとんど伝説的な扱いをされている。
名前に「2」が付く通り「1」もあって、オリジナルはストリートのゴッドファーザー、藤原ヒロシ氏とヒップホップ界で活躍する高木完氏がホストを務めている。「LAST ORGY」という名前は、彼らのヒップホップグループであるTINNIEPUNXの同名の曲に由来しており、連載内容としては後に高橋盾氏とNIGO®氏が届けていたスタイルと同様、お気に入りの洋服や音楽、アート、当時2人が面白いと思ったものを共有する場だった。
今よりも圧倒的にメディアが少なかった時代において、「LAST ORGY」および「LAST ORGY 2」は当時流行りに敏感だった若者たちの貴重な情報源だった。藤原ヒロシ氏と高木完氏、そして高橋盾氏は既にファッション界隈の有名人だったけれど、裏原宿に伝説的なショップ「NOWHERE」がオープンして、NIGO®氏が〈ア・ベイシング・エイプ®〉を立ち上げたばかりの頃の話になる。
この連載から同名のブランド〈LAST ORGY 2〉が誕生し、スタジャンやTシャツ、スウェット、スニーカーなどがリリースされている。〈ア・ベイシング・エイプ®〉のごく初期のデザインが前面に出た懐かしのデザインは、40代以降のストリートファッション好きにとってはたまらないはずだ。筆者自身、洋服に目覚めた高校1年生の頃に裏原宿ファッションが全盛期だったため、〈アンダーカバー〉も〈ア・ベイシング・エイプ®〉も憧れの存在だった。当時仙台市に住んでいた私は〈ア・ベイシング・エイプ®〉の直営店だった「BUSY WORK SHOP(ビジーワークショップ)」に何度も並び、少ないアルバイト代を注ぎ込んだ思い出がある。今では数万円のプレミアが付いているボックス入りのレアなTシャツなども何とか手に入れて、幸せ絶頂。仙台市から電車で1時間以上かかる松島町に裏原宿ブランドのレアアイテムを取り扱うお店があると知れば、目当てのアイテムを買える保証もないのに電車に揺られて足を運んだことも昨日のように覚えている。蛇足だが、そのお店では一緒に行った兄が〈ア・ベイシング・エイプ®〉×〈PORTER(ポーター)〉のウルトラレアなバッグをゲットしていた(あのバッグはどこにいったんだろう…?)。
話が脱線してしまったけれど、本記事で紹介するグレーのスウェットは熱心なマニアが血眼で探す、当時発売されたオリジナル。黒は後年再販された復刻モデルとなる。どちらもお宝アイテムであることに違いはない。しかし、当然復刻モデルよりもオリジナルの方が価値が高い。以下フォトギャラリーをご覧いただければ分かる通り、襟元や袖などがボロボロになっていても140,800円という驚愕のプライスが付けられている(黒の復刻モデルはダメージが少ない状態で54,780円)。

14万円で買えるうちに買っておいた方が良いかも…?

このプレミア具合は〈シュプリーム〉のボックスロゴに匹敵するレベルだが、個人的にはこれが天井ではないと思っている。時計でも何でも同じように、オリジナルはまったく同じモノが二度と手に入らないという絶対的な付加価値がある。ましてや高橋盾氏とNIGO®氏が本当にブレイクする前に共同で運営していた伝説的なブランドのモノで、生産数の少なさは〈シュプリーム〉の比ではない。今から10年もすれば20万円、もしかしたら30万円以上で売買されるようになるのではないだろうか。そう考えると140,800円で買えるうちに手に入れておいた方が良いかも…なんて気持ちになってしまう。
いずれにしても、同じ店舗にオリジナルと復刻の〈LAST ORGY 2〉のスウェットが入荷していることなんて滅多にあることではないので、気になる方はチェックしてみよう。
オリジナルのスウェットはこちら、復刻モデルはこちらから。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ア・ベイシング・エイプ®〉の記事はこちら、〈アンダーカバー〉の記事はこちらから。
〈アンダーカバー〉と〈Riding Equipment Research(ライディング・イクイップメント・リサーチ)〉によって復刻された伝説のジャックパーセルはチェック済み?

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。