7 million pairs sold Family Mart socks

【バカ売れ】ファミリーマートのソックスが累計販売数700万足を突破

まさにブランドのコンセプトである「いい素材、いい技術、いいデザイン」が広く支持された証拠。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : FamilyMart

「ファミマのアレ」が大ヒット中!

私たちの生活をさり気なく支えてくれているコンビニエンスストア「FamilyMart(ファミリーマート)」が展開するオリジナルブランド〈Convenience Wear(コンビニエンスウェア)〉は、きっと多くの人が「ファミリーマート」店内の一角で見かけたことがあるはず。このオリジナルブランドが、2021年3月23日から2022年8月15日という約1年5ヵ月の期間でソックスを700万足も打っていたという衝撃的なニュースが飛び込んできた。
〈コンビニエンスウェア〉は「ファミリーマート」と〈FACETASM(ファセッタズム)〉デザイナーの落合宏理氏による共同開発ブランド。「いい素材、いい技術、いいデザイン」をコンセプトにTシャツやソックス、アンダーウェア、今治タオルなど日々の生活に欠かせない必需品を展開し、幅広い年齢層から人気を集めていた。また、ミニマルで絶妙な「ファミリーマート」らしさを感じるデザインの良さも定評があり、2021年にはグッドデザイン賞も受賞している。
同ブランドを代表するヒットアイテムであるソックスは、一目で「ファミマのアレね!」と分かるグリーン系のカラーリングがポップなラインソックスをはじめ様々なバリエーションを展開。タイミングによっては店頭から在庫が一時的に消えるほどコンスタントに売れていたようだが、わずか1年半で累計700万足以上も売れていたことは本当に凄い。

7 million pairs sold Family Mart socks
7 million pairs sold Family Mart socks

7 million pairs sold Family Mart socks
7 million pairs sold Family Mart socks

700万足突破を記念し、3足1,000円の期間限定キャンペーンを開催中!

今年6月には定番アイテムの新色なども登場し、「ファミリーマート」も〈ファセッタズム〉の落合氏も〈コンビニエンスウェア〉への情熱は非常に熱い。落合氏は過去に「コンビニで展開される商品ならではのデザイン上のチャレンジがある」と語っていたが、グッドデザイン賞の受賞や一般層から広く認知され始めていること、そして今回発表された700万足以上ものセールスという実績を見ると、商品開発自体が優れていることはもちろん、デザインがもたらすパワーも感じずにはいられない。
ちなみに累計700万足突破を記念し、期間限定で〈コンビニエンスウェア〉のマークが付いたソックス(税込429円)を3足1000円で購入できるキャンペーンを開催中(詳しくはこちらを参照)。8月22日(月)までの期間限定ゆえ、前から気になっていたんだよね~という方は今すぐ「ファミリーマート」へGO!
LIVE IN RUGGEDがお届けするライフスタイル関連の記事はこちらから。
ウェブマガジンでは伝えきれない情報を発信しているLIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。