CHROME HEARTS Keeper Ring 22k Yellow Gold with Pave Diamond

何気ない日常を特別にする CHROME HEARTS 22Kイエローゴールド/パヴェダイヤモンドキーパーリング

純度の高い22Kイエローゴールドと無数のダイヤモンドが織りなす高貴な輝きを身にまとい、この世の春を堪能しよう。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : JUSTIN REED

ダイナミックかつ繊細な〈CHROME HEARTS〉流のハイジュエリー

「驕らず控えめであれ」という価値観は仕事でも私生活でも忘れずにいたいし、筆者自身はそういう姿勢で生きている人が大好きだ。我々日本人は質素であることが美徳であるという思想と文化を大切にしてきた。実際、必要以上のモノや身の丈に合わないモノは持っていても仕方がないとも思う。しかし、人として生まれたのだから時には思いっきり振り切ったゴージャスさも楽しんでみてもいいのではないだろうか?
CHROME HEARTS(クロムハーツ)〉のゴールドジュエリーは私たちの控えめで現実的な日常生活を一変させる独特の魔力が備わっている。
Keeper Ring(キーパーリング)はブランド初期から作られている〈クロムハーツ〉の定番アイテムのひとつ。クロスモチーフの周囲にフローラルを散らしたオリジナリティあふれるデザインは多くの後発のブランドに多大な影響を与えた。程よいボリューム感と着用時のバランスの良さも秀逸で、同ブランドのファンであれば所有している方も多いだろう。
本アイテムは素材をいつものスターリングシルバーではなく、純度の高い22Kイエローゴールドで制作し、クロスモチーフ部分にいくつものダイヤモンドを散りばめたスペシャルモデル。「クロムハーツ東京」をはじめとした直営店にはストックしていることがあるものの絶対的な生産数は他のジュエリーと比較して少なく、当然価格もかなり高額だ。
スターリングシルバーからイエローゴールドに素材が変わり、ダイヤモンドがいくつもセットされたキーパーリングは圧巻の迫力。よく見ると中央に鎮座するダイヤモンドが周りよりも大ぶりであることが分かる。クロスモチーフの線の太さに合わせて石の大きさを変えることでダイナミックさと繊細さを両立させた作りはハイジュエリーそのものと言っていいだろう。

CHROME HEARTS Keeper Ring 22k Yellow Gold with Pave Diamond
CHROME HEARTS Keeper Ring 22k Yellow Gold with Pave Diamond

CHROME HEARTS Keeper Ring 22k Yellow Gold with Pave Diamond
CHROME HEARTS Keeper Ring 22k Yellow Gold with Pave Diamond

人の心を虜にするイエローゴールドとダイヤモンドの魔力

隠しきれないゴージャスさを放つこのリングを着用する自分を想像すると、冒頭で述べた「身の丈に合わないモノは持っていても仕方がない」という信念への強烈な矛盾を感じてしまう。どう考えても筆者がこのキーパーリングを身に着けるのは無理がある。それでも無理やり自分の指に収まっている様子を想像すると、今所有しているあらゆるリングでは決して味わえない特別な感情を覚えるだろうと思う。古くからゴールドやダイヤモンドは高貴なもの、絶対的な富と権力を象徴するもの、そして時には邪悪な何かから身を守ってくれるものとして世界中で使われてきた。資本主義社会の現代では特別なジュエリーやファッションアイテムの素材として用いられるように変化したが、貴金属の中でも特に価値があると認められているゴールドとダイヤモンドには今でも人の心を奪う何かがある。
とはいえ、このリングが特別な地位を持つ富豪かレッドカーペットを歩くようなセレブしか身に着ける権利がないのかというと、もちろんそんなことはない。もしあなたが自分なりのスタイルを持つファッション好きで、洋服や身の回りの持ち物に強いこだわりを持っているのであれば、きっと想像以上に似合うはずだ。
〈クロムハーツ〉キーパーリング 22kイエローゴールド/パヴェダイヤモンドは「JUSTIN REED(ジャスティン・リード)」にて16,000ドルで販売中。「これこそ長年探し求めてきたリングだ!」と感じる方にぜひゲットしていただきたい。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈クロムハーツ〉の記事はこちらから。
その他ジュエリー関連の記事はこちらをチェック。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターはフォロー済み?

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。