CHROME HEARTS Large Filigree Cross with paper chain Necklace

シルバージュエリーの癒し効果について、クロムハーツのフィリグリークロスネックレスを例に考える

人類最古の装飾品として太古の昔から現代まで愛されるシルバージュエリー。銀という素材がもたらす特別な癒し効果について、〈CHROME HEARTS〉の最高にイカしたフィリグリークロスネックレスを例に挙げて考えてみよう。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : JUSTIN REED

銀には、ゴールドやプラチナにはない特別な魅力がある

90年代に発生した空前のシルバーアクセブームを経て、ここ日本でも男性がシルバージュエリーを身に着けることはまったく珍しくなくなった。今では信じられない話だが、80年代頃は男性向けのジュエリーなんて作っても売れるわけがないと笑われていたらしい。日本では日本刀の一部やごく一部の装飾品の中で銀が使われることがあったものの、純粋に男性向けのジュエリーとしては皆無に近かった。そんな時代にボリュームのあるシルバージュエリー作りを始めたアメリカの〈GABOR(ガボール)〉や〈BILL WALL LEATHER(ビル・ウォール・レザー)〉、〈CHROME HEARTS(クロムハーツ)〉、そして日本の〈goro’s(ゴローズ)〉といったブランドの先進性は、今振り返っても偉大という一言では片づけられない(もっと振り返ると〈Hermès(エルメス)〉が数十年前から制作していた男性でも身に着けられるボリュームたっぷりのジュエリーは、先進性という点でも本当に凄い)。
すっかり私たちの日常に溶け込んだ銀という素材を使ったジュエリーは、多くのファッション好きにとっては決して欠かせない重要な存在だ。身に着けていないと違和感があると言う人もいるし、着用することでテンションが上がったり、パワーを感じることもあるだろう。憧れの逸品を手に入れるために貯金を頑張ったり、大切な誰かからプレゼントされたり、またはプレゼントしたり、親から子へ受け継がれる場合もある。銀という素材自体は決して高価なものでも希少性が高いものでもないが、値段の大小に関係なく、ひとつひとつのアイテムに特別な精神性が宿っていると捉えることもできる。
筆者は超自然的な事柄に関してはほとんどと言っていいほど信じていない。しかし、シルバージュエリーを身に着けることでパワーを得られたり、癒し効果を感じることは確かにある。それは洋服や靴とはちょっと違う特別な体験と言ってもいいだろう。毎日欠かさず身に着けることで大切な相棒に変わり、自分を守ってくれているように感じること。これこそが自分らしさなのだという自己主張の現れ。貴金属の中でもっとも熱伝導率が高い銀は、体温に応じて温かくも冷たくもなる。その温度感自体に心地よさを感じることもあるだろう。
また、ゴールドやプラチナに比べて傷がつきやすく変色もしやすいからこそ、経年変化という独特の味を出してくれる点も銀の大きな魅力だ。放っておいたらいつの間にか黒くくすんでしまう…まるで拗ねているみたいに。そういう不完全さが私たち人間に近しいようにも思える。

CHROME HEARTS Large Filigree Cross with paper chain Necklace
CHROME HEARTS Large Filigree Cross with paper chain Necklace

CHROME HEARTS Large Filigree Cross with paper chain Necklace
CHROME HEARTS Large Filigree Cross with paper chain Necklace

〈クロムハーツ〉ならではの高いファッション性と精神性

〈クロムハーツ〉のラージフィリグリークロス / ペーパーチェーンネックレスは、まさに銀の塊と言いたくなるほどのボリューム感。手に取るとズッシリと重く、緻密な彫金も相まってまるで中世時代の宝飾品のようにも見える。普段重いネックレスを身に着ける習慣がない人が着用すると「重すぎ!」と悲鳴を上げるかもしれない(実際120グラムもあり、とても重い)。でも、着用することが習慣になったら…身に着けずに外出すると形容しがたい寂しさと違和感を感じるようになるかもしれない。まるで防具(武器?)のように存在感があるから「守られている感」も半端じゃないだろう。
ボリュームはあれど、デザイン自体は非常にクラシックで完成されているため、これ自体がダサくなる可能性も限りなく低い。他の〈クロムハーツ〉のアイテムと同じように時代を超えて愛せるデザイン美が多く詰まっていて、オーナー自身のアイデンティティーを主張してくれるかけがえのないパートナーになってくれるはずだ。
ビッグサイズのネックレスが癒し効果になるなんてちょっと不思議に感じるかもしれない。しかし、〈クロムハーツ〉のシルバージュエリーには確かに高いファッション性と精神性が備わっている。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈クロムハーツ〉の記事はこちらから。
ジュエリー関連の記事はこちらをチェック。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。