エイジングマニアを虜にするトロピカルダイヤルの魅力

「美しい経年変化を味わえる最上級のヴィンテージ・ロレックス」。トロピカルダイヤルのロレックスは数年前からじわじわと人気が上がり、今では天井知らずの価格で取引されている。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : BULANG & SONS

トロピカルダイヤルとは?

一言で言うなら「経年変化によって文字盤が変色した個体」がトロピカルダイヤル。紫外線などで文字盤表面の素材が化学変化を起こし、色が変わった文字盤を持つ腕時計という認識で良いだろう。もっとも多いのが元々黒い文字盤が茶色に変色したもので、ブラウンチェンジと呼ばれている。ロレックスだとRef.5512やRef.5513のサブマリーナや、Ref.1016のエクスプローラーIが代表的。
また、青い文字盤が紫がかった色合いに変化したものもある。1980年代から発売されていたRef.16803の青サブが代表的なモデル。長い年月を掛けて文字盤がパープルカラーに変色している個体がある。他にもGMTマスター(Ref.16758)の濃いブラウンカラーの文字盤がオレンジ系に変色したものも非常にレアだが存在する。
いずれの場合も共通するのは、綺麗に変色する個体はごく稀だということ。人為的ではなく自然発生的に変色するため、「焼け具合」が価値を左右するのだ。特にロレックスでトロピカルカラーに変色したヴィンテージウォッチは近年うなぎ登り的に価値を上げており、同年代のモデルに比べかなりプレミア価格が乗せられて売買されているのが現状。ひとつひとつ表情が異なり、まったく同じエイジングをした個体は存在しないことも、マニアから熱烈に求められている理由だったりする。


見事にブラウンチェンジしたサブマリーナ(Ref.5513)。文字盤だけではなくベゼルもゴーストカラーに変色しており、ヴィンテージウォッチ特有の凄みのある雰囲気を醸し出している。

太陽光に当てるとブラウンチェンジした色合いをより堪能できる。粒状の細かい質感が浮き出るのもトロピカルダイヤルの特徴だ。

発見・即購入がお約束の世界

トロピカルダイヤルのロレックスを本気で探す場合、もっとも必要なことは根気と決断力だろう。前述したようにひとつひとつ焼け具合が異なることが文字盤の色味や濃さなどに直接影響しており、いざ探すと理想的なエイジングの個体はかなり見つかりにくいことを覚悟しなくてはいけない。文字盤以外(ベゼルや針、文字盤上のインデックスやプリント)のエイジング具合も加味すると、自分が思い描く理想の個体に巡り会うまでにもしかしたら数年以上掛かるかもしれない。
そして、もし「これだ!」と思う個体を発見した時は即購入するくらいの決断力が必要になる。1週間考えているうちに売れてしまった…ということが通常よりも起こり得るのがトロピカルダイヤルのロレックスなのだ。


少なくともロレックスで新品状態からこんな色合いの文字盤は存在しないため、見る人が見れば超貴重な個体であることが一目瞭然。価値が高く、同じ価値観を持つ時計好きに自慢できるのもトロピカルダイヤルの魅力。

こちらのサブマリーナは全体的にブラウンチェンジしているが、文字盤外側から内側にいくに従って色味が明るくなっていることが分かる。この自然なグラデーションが見れば見るほど美しい。


針の激しいエイジングにも注目。トリチウム夜光は完全に消え去り、金属部分も錆びつくように劣化している。しかし、それがワイルドでカッコいいのだ。

レザーストラップとの相性が抜群なのもトロピカルダイヤルならでは。文字盤の色味と合わせてブラウン、またはベージュ系のレザーを選ぶのがセオリーだ。

男心をこれでもか!というほどくすぐるトロピカルダイヤル

私自身何度か店頭でトロピカルダイヤルのロレックスを見たことがあるが、新品はもちろん、周りにあるヴィンテージと比べてもまったく雰囲気が違うと感じた。オーラが強いのだ。あの野性味あふれるオーラはヴィンテージギターに共通することに気付いた。
古いギター、例えばギブソン・レスポールやフェンダー・ストラトキャスターなども特定の年代に作られたモデルは経年変化で塗料の色が褪せ、薄くなり、独特のエイジングに変化する。腕時計と同じく焼け具合でルックスが大きく変わり、それぞれの色合いにファンが存在する。
「ロレックスバブル」と揶揄されるほど高騰したヴィンテージの世界の中で、ひと際異彩を放つトロピカルダイヤル。絶対的な個体数が極端に少ないレアさに注目されがちだが、本当の価値は独特の美しさにある。理想を追い求めて長いスパンで探すも良し、まずはオイスター系で(比較的)手軽に味わうも良し。男はつくづく経年変化に弱い。

ITEM CREDIT
  • ROLEX:Submariner tropical Bart Simpson dial (Ref.5513)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。