The Rolling Stones meets Soloist.

ロックスピリット全開のソロイスト×ローリング・ストーンズ限定ソファ

思わずエアギターをしたくなる超ロックなソファでおうち時間を更に充実させよう。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : HYPEBEAST

ロックへの愛が詰まった〈タカヒロミヤシタザソロイスト.〉×「ローリング・ストーンズ」ソファ

常に音楽の匂いが漂うエッジーでロックなアイテムを作り続けてきた〈TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.(タカヒロミヤシタザソロイスト.)〉とロック界の帝王「The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)」がディレクションする〈RS No.9 Carnaby(アールエス ナンバーナイン カーナビー)〉がコラボレーションした限定生産のソファを発売。両者に共通するロックスピリットと遊び心が共鳴したユニークなインテリアが誕生した。
〈NUMBER NINE(ナンバーナイン)〉で日本のファッションシーンに多大な影響を与え、多くのファッション好きと音楽好きから支持された宮下貴裕氏が同ブランドを離れ、新たに立ち上げたのが〈タカヒロミヤシタザソロイスト.〉。ブランドは違えど〈ナンバーナイン〉時代と変わらず独自のクリエイションを追求し続けており、ソリッドで尖ったデザインは多くのコアなファンを生み出している。
今回発売される〈RS No.9 Carnaby(アールエス ナンバーナイン カーナビー)〉とのコラボレーション・ソファは、「ローリング・ストーンズ」を象徴するアイコン「Lips and Tongue」が全面にプリントされたデザイン。黒地に赤のアイコンが整然と並ぶストーンズらしさ極まるルックスになっており、生粋のロックファンにとってはたまらない逸品だ。


2人掛け用。座面が盛り上がった形状でいかにも座り心地が良さそうだ。一人暮らしの方はソファベッドとしても使えそう。

もちろん背面にも「Lips and Tongue」がズラリ。


こちらは1人掛け用。サイズがコンパクトなので「デカいソファはちょっと…」という方におすすめ。

おうち時間が一気にロックになる「ローリング・ストーンズ」仕様。

インテリアの雰囲気を一変させる「強い」デザインが魅力

ちなみにこちらのソファはイタリアの巨匠デザイナー、Mario Marenco(マリオ・マレンコ)が1971年に生み出した〈Alflex(アルフレックス)〉社の名作、MARENCO(マレンコ)がベース。2人掛け用と1人掛け用の2タイプがリリースされるが、サイズの大小を問わずロックンロールスピリットが全面に出たデザインになっており、部屋の雰囲気を決定づける「強さ」にあふれている。コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が見直された今の時代、〈タカヒロミヤシタザソロイスト.〉×「ローリング・ストーンズ」という強力なタッグが生み出した異色のソファでおうち時間を楽しむのはいかがだろうか。
なお、価格は1人掛け用が5,800ポンド、2人掛け用が9,850ポンド。オーダー受付後イタリアで製作されるそう。

ITEM CREDIT
  • TAKAHIROMIYASHITATheSoloist. × The Rolling StonesLimited sofa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。