Junya Watanabe x Brooks Brothers

既成概念をぶち壊して新しいユニークを創出する、eYe COMME des GARCONS JUNYA WATANABE MAN×Brooks Brothersのコラボレーション

ただ羽織るだけでファッション好きからリスペクトされるスペシャルなアウターが誕生。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : FASHIONSNAP.COM

〈ブルックス・ブラザーズ〉のアイコン的なブレザーをミリタリーのL-2Bにドッキング
〈ジュンヤ・ワタナベ・マン〉らしさあふれるユニークなアウターに

COMME des GARCONS(コム・デ・ギャルソン)〉ファミリーとして日本から世界のファッションをリードする〈Junya Watanabe MAN(ジュンヤ・ワタナベ・マン)〉のセカンドラインである〈eYe JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN(アイ・ジュンヤワタナベ・コムデギャルソン・マン)〉がアメリカントラッドの伝統を今に伝えるに続き〈Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)〉とコラボレーション。数シーズンにわたって展開してきた両者のタッグから最新のコレクションが登場した。
ベースになったのは〈ブルックス・ブラザーズ〉を代表する名品であるマディソンフィット3ボタンサックモデルのブレザーだ。時代が変わっても色あせない紳士のためのファッションを作り続けてきた同ブランドのブレザーは、アメトラ好きならずとも一度は見たことがあるはず。しかし、〈ジュンヤ・ワタナベ・マン〉の手に掛かるとジャンルを特定できないほど革新的なデザインに。ベージュ系のジャケットは1950年代のアメリカ軍のトレンチコートに使用されていたウールライナーをナイロンリップのキルティングで再現し、ウールサージのブレザーにミックス。本来はインナーであるライナーを大胆に表側に出すことで思わず二度見してしまう個性的なルックスに変貌している。
2つめはナイロンツイル素材のL-2Bをウールフランネルのブレザーに融合。パッと見ると重ね着しているように見えるけれど、ショルダー部分に注目。しっかりドッキングされていることがよく見ると分かる。それでもブレザーのラペルがL-2Bに重なり、ひとつのアウターになっている様はとてもユニークだ。


ナイロンリップのキルティングライナーを表側に出したラギッドなデザインにアレンジ。既成概念をぶち壊す発想がいかにも〈ジュンヤ・ワタナベ・マン〉らしい。

背面のデザイン処理も実にユニーク。フロントとは打って変わってブレザーの面積を大きく取り、前後でテンションに差をつけている。


ミリタリー全開のL-2Bがアメリカントラッドを代表する洋服であるブレザーとここまで相性が良いなんて誰が想像しただろう。

こちらも背面はブレザーのデザインを活かした構造。ネイビーとオリーブカラーのカラーコンビネーションも相性が良い。

常に新しい価値観を提供する〈ジュンヤ・ワタナベ〉のクリエイティブを堪能できる逸品

オーセンティックな男の洋服のディテールを活かしながらこれほど自由な発想でアレンジできるブランドは、世界広しと言えどもそう多くはないだろう。ドッキング系のデザインと言えば〈sacai(サカイ)が有名だが、洋服好きであればご存じのように〈ジュンヤ・ワタナベ・マン〉は〈サカイ〉が誕生する以前からこの手のデザインを得意としていた。既存のルールに捉われずに新しい価値観を作り出す〈ジュンヤ・ワタナベ・マン〉の無尽蔵なクリエイティブに思わず感動してしまった。
なお、本コラボレーションは全国の〈アイ・ジュンヤワタナベ・コムデギャルソン・マン〉の正規取扱店と「ブルックス・ブラザーズ表参道」で8月18日(水)から限定販売中。気になる価格はキルティングカスタムブレザーが195,800円、L-2Bカスタムブレザーが203,500円(共に税込)となる。ビッグネーム同士のコラボレーションゆえさすがのハイプライスだが、一点一点を卓越した職人がハンドメイドで製作することと、その希少価値を考えると納得の価格だ。この手のレアなコラボレーションは生産が終了した途端に手に入りにくくなるので、気になる方はぜひお早めに検討されることをおすすめする。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ジュンヤ・ワタナベ〉の記事はこちらから。
〈コム・デ・ギャルソン〉の川久保玲氏も愛用する〈ルイスレザーズ〉特集記事もお見逃しなく。

ITEM CREDIT

RECOMMEND

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。