SAINT Michael WIND AND SEA

サステナブルな仕様が反映された日本企画の特別なスタンスミス「JAPAN SMU」

東京のアスファルトからインスパイアされたホワイト×グレーのクールなカラートーンにも注目。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : mita sneakers

〈アディダス〉が目指す持続可能な未来へ向けてのアプローチを具現化したスタンスミス

adidas(アディダス)〉の不朽の名作、STAN SMITH(スタンスミス)から、日本企画のリミテッドエディションが登場。9月10日(金)から発売される。
1973年に伝説的なテニスプレイヤーの名を冠して誕生したスタンスミスは「世界でもっとも売れたスニーカー」というギネス記録を持つ。まさに時代を超えた名作の中の名作で、LIVE IN RUGGED読者の皆様もかなりの割合が現在進行形で愛用されているか、一度は履いたことがあるはずだ。シンプルを極めたデザインはファッションを選ばず合わせられ、足元をクリーンに彩ってくれる。カジュアル系はもちろん、キレイめにもフレンチシックにも違和感なく溶け込んでくれる控えめなルックスは男女問わず常に大人気。ともすればプレミアが付くバッシュに注目が集中しがちな近年ではあるが、スタンスミスはそういったトレンドやブームとは一線を画した立ち位置を築き上げていると言ってもいいだろう。
そんなスタンスミス、実は2021年にモデルチェンジを果たしていたことをご存じだろうか。高機能なリサイクルポリエステルを50%使用した合成皮革をアッパーに採用。まるで本物のレザーのように見える上質な質感はそのままに、時代に即したサステナブルな方向へと舵取りを始めている。〈アディダス〉は2024年までに使用するポリエステルを再生材料のみにするという目標を掲げており、スタンスミスの仕様変更には企業としてのエシカルな取り組みが直接反映されているのだ。
日本企画のリミテッドエディションに話を戻すと、「JAPAN SMU」と名付けられたこのモデルもサステナブルな取り組みがなされている。プラスチック廃棄物の根絶を目指す〈アディダス〉の取り組みのひとつである独自の高機能リサイクル素材「PRIMEGREEN」を50%採用し、スタンスミスのルックスはそのままながら従来と比較すると大幅にエコな仕様に。先に述べたリサイクルポリエステルを使用したアッパー以外にも、天然ラバーや廃棄ゴムを用いたアウトソール、靴紐やライナー、補強などのディテールにも再生材を使用。見えない部分までサステナブルな素材で代用することで、より地球に優しいアイテムへと変貌している。
東京のアスファルトからインスパイアされたというデザインは、正統派であるホワイトベースにグレーの差し色を添えた落ち着いた配色。定番のジーンズを始めとした色々なパンツに合わせることができそうだ。


クセのない大人の配色と完成されたデザイン。スタンスミスが絶対的な定番であることを再認識できる。

名テニスプレイヤー、スタン・スミス氏の似顔絵と彼のサインはスニーカー好きにとって非常にアイコニックなデザイン。


バイカラーのヒールもクールなグレー。バックショットのアクセントとしては弱めと感じるかもしれないが、このさり気なさがむしろ今っぽい。

いつでもどこでも手に入る名作も、リミテッドエディションとなると話は別。買える時に買っておこう。

東京のストリートからインスパイアされた特別なスタンスミス、手に入れられるうちにゲットしよう

大人のスタイルにピッタリの〈アディダス〉スタンスミス「JAPAN SMU」は上野の名店「mita sneakers」のオンラインサイトにて予約を受け付け中。持続可能な未来へ向けてサステナブルな素材でリニューアルした永久不滅の定番スニーカーのスペシャルモデル、この機会に一足ワードローブに追加してみてはいかがだろうか。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈アディダス〉の記事はこちらから。
NIGO®肝いりの〈adidas Originals by HUMAN MADE®〉(アディダス・オリジナルス・バイ・ヒューマンメイド®)〉と、東京らしいファッション×アートを感じられる〈adidas Originals by KYNE(アディダス・オリジナルスbyキネ)〉も併せてチェックしよう。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。