Heritage meets street Levi's® x VERDY

リーバイス®×VERDY 第2弾のコラボはヘリテージとストリートを絶妙にミックス

どことなく土臭さの漂う空気感は〈リーバイス®〉とのコラボならでは。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : Levi’s®

大好評に終わった両者のタッグ、再び

説明不要のジーンズの始祖〈Levi’s®(リーバイス®)〉と、東京を代表するアーティストVERDY(ヴェルディ)とのコラボレーションが再び実現。VERDYが手掛けるブランドである〈WASTED YOUTH(ウェイステッド・ユース)〉、〈Girls Don’t Cry(ガールズ・ドント・クライ)〉という2つの超人気ブランドを股にかけてコラボレーションアイテムが発売される。
HUMAN MADE(ヒューマンメイド)〉との定期的なコラボレーションをはじめ、常にヒップで新鮮なグラフィックを生み出しているVERDYは、今や日本のファッションブランドにとってなくてはならない存在だ。自身が手掛ける〈WASTED YOUTH〉と〈ガールズ・ドント・クライ〉で構築するファッションのアプローチでも類まれな才能と傑出したセンスを私たちに見せつけてくれているが、今年5月に初めてタッグを組んだ〈リーバイス®〉とのアイテムも絶賛されていたことが記憶に新しい。
約半年の期間を経て登場した第2弾となるコラボレーションでは、〈WASTED YOUTH〉からはワーカーズジャケット、〈ガールズ・ドント・クライ〉からはトラッカージャケットとオーバーオール、701®が発売。〈リーバイス®〉が長い時間を掛けて作り上げてきたヘリテージに独自のグラフィックを落とし込んだウェアとなる。
男らしさが漂うブラックのワーカーズジャケットは左胸に〈WASTED YOUTH〉のロゴ、バックには大きくチューリップのモチーフをプリント。このチューリップのグラフィックがプリントされたデザインハもれなくプレミアが付く人気アイテムとしてセカンド市場を賑わせているので、〈WASTED YOUTH〉がお好きな方にとっては特にマストアイテムになるだろう。
一方〈ガールズ・ドント・クライ〉からリリースされるトラッカージャケットとオーバーオールはおなじみのハートロゴを彷彿させる鮮やかなレッドカラー!セールスを最優先にすると決して選ばないド派手な色を採用するのがVERDYらしい。これからの季節にぴったりのコーデュロイ素材はどことなく古着っぽくて、手触りも着心地もホッとさせてくれそうだ。
最後は〈リーバイス®〉らしさをもっとも強く感じるジーンズ。501®ではなく701®というのが通だな~と思いきや、701®はVERDYの奥様が普段着として愛用されているモデルなんだとか。もともと〈ガールズ・ドント・クライ〉というブランドは奥様のために1枚のTシャツを作ることから始まった…というエピソードはファンならご存じかと思うが、VERDYの愛妻家っぷりはここでも発揮されているようだ。
ちなみに本コレクションのLOOK撮影はアメリカ・ロサンゼルスのとある牧場で行われたとのこと。古き良き〈リーバイス®〉のノスタルジックさと枯れた空気感が漂う画像をご覧いただきたい。

プレミア化うんぬんよりも、現代トップのアーティストが老舗デニムブランドとクリエイトするファッションを純粋に楽しみたい

個性あふれる色使いとさり気ないロゴの配置、そしてVERDYオリジナルのグラフィックデザインで今回も特別感あふれるデザインが揃った〈リーバイス®〉×VERDY第2弾。発売は〈リーバイス®〉公式オンラインストアおよび「リーバイス® 原宿フラッグシップストア」そして「リーバイス®ストア 大阪」だけに絞られ、かつ抽選式の販売方法が採用される模様。10月26日(火)9:00~27日(水)23:59までの受付となっているので、まずは上記オンラインストアで詳しい販売方法を確認してみよう。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈リーバイス®〉の記事はこちら
VERDYの記事はこちらをチェック。

ITEM CREDIT

RECOMMEND

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。