Nike NBA 75th EMB COLLECTION

NikeからNBAの75周年を祝福する特別モデルがUNDEFEATED限定で登場

NBAの創設75周年を記念し、〈Nike〉からカプセルコレクション「Nike NBA 75th EMB COLLECTION」が登場。スニーカーヘッズにとってはおなじみのストア〈UNDEFEATED〉限定で12月18日(土)から発売が開始された。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : UNDEFEATED

〈ナイキ〉とNBAの長い蜜月を祝うスペシャルモデル

1946年、NBAの前身であるBAA(Basketball Association of America)が11チームで発足。その3年後となる1949年にNBLを合併し、NBAへと名称を変更した。今年開幕した2021~22シーズンでNBAは75年目となるアニバーサリーを迎えた。アラフォー世代はもちろん、現在20代の若い方々にとっても親しみ深い漫画である「SLUM DANK(スラムダンク)」で活躍していたキャラクターたちにとっての最終到達点であり、バスケットボール界のトップに君臨するシリーズであるNBA。言うまでもなく〈Nike(ナイキ)〉との関係性はこれ以上ないほど深い。歴代の伝説的なプレイヤーたちがコート上、もしくはプライベートで愛用してきた〈ナイキ〉のバスケットボールシューズは、スポーツ界およびストリートファッション界にとって決して欠かすことのできない存在だ。
NBAの75周年を祝い、〈ナイキから〉特別なカプセルコレクションが登場。スニーカーヘッズにとっておなじみのストアである〈UNDEFEATED(アンディフィーテッド)〉から限定的に発売された。AIR FORCE 1(エアフォース1)やBLAZER MID(ブレイザーミッド)といった人気モデルから全6型で構成され、これまでにないカラーウェイで新鮮なルックスに仕上がっている。

スタイルを問わずに合わせられる汎用性も魅力

誰もが知るNBAのロゴに「75」の文字が入り、各スニーカーにワッペンとして縫い付けられた「Nike NBA 75th EMB COLLECTION」。ホワイトカラーをベースに青やオレンジ、ブラックがコンビカラーとしてミックスされたデザインは、ストリートファッションはもちろん、リラックスしたアメカジや古着との相性も抜群。あるいは、ジャケット+スラックスのようなかっちりしたスタイルの外しにしてもかっこ良さそうだ。コーディネートを問わずに合わせられて「トドメのキラーアイテム」になるところが〈ナイキ〉の魅力であることを改めて実感させられる。いずれも価格は12,000~13,000円台と買いやすい設定なので、姿を消す前に大人買いするのもおすすめだ。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ナイキ〉の記事はこちらから。
年末に発売予定のAJ1 Patent Bredもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。