Junya Watanabe MAN Customized 501®

【鬼ヒゲ】Junya Watanabe MANがカスタムしたリーバイス® 501®の抗いがたい魅力

カジュアルなブルージーンズをひとつ上のファッションアイテムへと昇華させる〈Junya Watanabe MAN〉。定期的に制作される〈Levi’s®〉501®をベースにしたカスタムジーンズの中から、圧倒的な経年変化を遂げた一本をピックアップ。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : KITH

日本的で古風なパッチワークでオリジナリティあふれる501®に

オリジナリティあふれる唯一無二のデザインとメイドインジャパンの技術力で世界をリードする〈Junya Watanabe COMME des GARÇONS MAN(ジュンヤ・ワタナベ・コム・デ・ギャルソン・マン)〉が、〈Levi’s®(リーバイス®)〉501®を毎シーズンのようにカスタムしていることをご存じだろうか。シーズンごとのコンセプトに合わせて異なるカスタムを施すダブルネームのジーンズやデニムジャケットは、ハイファッション好きはもちろん、コアなデニム好きからも毎回大好評。〈ジュンヤ・ワタナベ・コム・デ・ギャルソン・マン〉にとって決して欠かせない定番シリーズになっている。
本記事で紹介する501®は既にインディゴが強くフェイドし、各所に長年穿きこんだような痕跡が見受けられる。腰回りから太もも近辺は太めのアタリがあり、ウエストバンドには強いパッカリングが発生。そして膝裏にはジャストサイズで着用した状態で生まれる細かいハチノスが再現されており、ヴィンテージデニム好きが見ても思わず反応してしまいそうな迫力あるルックスになっている。
そして、最大の特徴は前面に無数に縫い付けられたパッチワーク。柄の異なるパッチがランダムに配置され、いつもの501®がまったく異なる雰囲気に変わっている。機械的にカット&ペーストされるのではなく、明らかに人の手で裁断したうえでひとつひとつをランダムに縫い付けているため、かつて日本にあった半纏を思い起こさせる温もりのある表情に。もちろんある程度どのパッチをどこに配置するのかは決まっているのだろうけれど、ハンドメイドの良さを生かしてピッタリ同じ位置にしているわけではなさそうだ。大きさのあるパッチが太もも近辺から膝下まで重ね合わせるようにセットされ、アメリカ生まれの501®に日本的で古風なニュアンスがミックスされ、〈ジュンヤ・ワタナベ・コム・デ・ギャルソン・マン〉らしいテイストに生まれ変わった。

ハイファッションにも合わせられる振り幅の広さは〈ジュンヤ・ワタナベ〉ならでは

パッチワークの裏側に潜むアタリやヒゲ、強く入った膝裏のハチノスは、まるで本物のヴィンテージジーンズ。デニム狂であればこれらのディテールにグッとくるのではないだろうか。〈リーバイス®〉ならではのハリと柔らかさを持つデニムの質感と重み、そしてあらゆるデニムブランドがお手本にし、再現しようと試みる色落ちはこのモデルにも健在。これはいわゆる加工系のジーンズなのだが、嘘っぽさのない自然なルックスに仕上げているところも魅力だ。
男のワードローブの絶対定番アイテムであるブルージーンズに独自のカスタマイズを施し、モードやハイファッションにも合わせられるセンスを身にまとった〈ジュンヤ・ワタナベ・コム・デ・ギャルソン・マン〉の501®は、取扱店の〈KITH(キス)〉公式サイトでセール中。138,200円が82,900円とかなりプライスダウンしているので、一生物のジーンズとして一本ワードローブに加えてみてはいかがだろうか。詳しくは〈KITH〉公式サイトにて。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ジュンヤ・ワタナベ・コム・デ・ギャルソン・マン〉の記事はこちらから。
リーバイス®の記事はこちらからチェックしよう。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。