The 39th Best Jeanist Award 2022

第39回ベストジーニスト2022 – 広末涼⼦や菅⽥将暉、窪塚愛流、池⽥美優など錚々たる著名人が受賞

各受賞者の「デニデニコーデ」もデニム好きとしては気になるところ。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : FASHIONSNAP

みんなでデニデニ

日本ジーンズ協議会が主催する「第39回ベストジーニスト2022」の授賞式が11月10日(木)に開催され、広末涼子や窪塚愛流、池⽥美優をはじめとした各受賞者が表彰された。
かつては木村拓哉や草彅剛が5年連続で受賞し殿堂入りするなど、デニム好きはもちろんファッション好きからも注目を集める「ベストジーニスト」。特に1990年代~2000年代に多感な時期を過ごした世代にとっては、木村拓哉と草彅剛が授賞式で穿きこなしたヴィンテージの〈LEVI’S®(リーバイス®)〉501XXを主軸としたコーディネート…〈RED WING(レッドウィング)〉のアイリッシュセッターや〈CHROME HEARTS(クロムハーツ)〉や〈GABOR(ガボール)〉のシルバージュエリーのラギッドな合わせ方に痺れた方も多いのではないだろうか。
かつてほどデニムの人気が高くないと言われる今の時代は、「ベストジーニスト」自体の注目度も90~00年代初頭よりも大きくはないかもしれない。それでも、誰もが知る著名人が思い思いにジーンズやトラッカージャケットなどをメインにしたコーディネートを披露する授賞式はただ眺めているだけでも面白いはず。
今年度からSNS調査による投票形式を導入した「⼀般選出部門」では俳優の菅田将暉とモデルの池田美優、「協議会選出部門」では俳優の伊原剛志、広末涼子、仲里依紗が選出された。「次世代部門」では窪塚洋介の息子で俳優の窪塚愛流とモデルの横田真悠が受賞している。

The 39th Best Jeanist Award 2022
本年度はリジッド状態のジーンズを穿く受賞者はいなかった。
The 39th Best Jeanist Award 2022
世代を超えて知名度の高い芸能人がズラリ。

The 39th Best Jeanist Award 2022
「次世代部門」を受賞した俳優の窪塚愛流とモデルの横田真悠。ほぼジャストフィットの横田のコーディネートとは真逆に、窪塚はドロップショルダーのオーバーサイズを着用。
The 39th Best Jeanist Award 2022
上下デニムスタイルながら、特徴のあるトラッカージャケットでファッション感をプラスした横田真悠。

The 39th Best Jeanist Award 2022
先日〈EDWIN〉のアンバサダーに就任した広末涼子は、ざっくりとしたブラウスにブラックジーンズを合わせるモードなコーディネートを披露。
The 39th Best Jeanist Award 2022
足元はカラフルでデコラティブなサンダル。

The 39th Best Jeanist Award 2022
銀色に光るジーンズが彫刻された盾を授与されてニッコリするヒロスエ。
The 39th Best Jeanist Award 2022
40代とは思えぬ美貌。広末涼子の写真が他の受賞者より多い理由は…説明不要ですね?

The 39th Best Jeanist Award 2022
「みちょぱ」こと池田美憂はへそ出しでギャルの魂を見せつつ、落ち着いた黒のジャケットとルーズなジーンズで登場。
The 39th Best Jeanist Award 2022
両ポケット周りのダメージ具合が渋谷のストリートの匂いを漂わせる。

The 39th Best Jeanist Award 2022
全受賞者の中でひと際渋さと貫禄を出したのが伊原剛志。
The 39th Best Jeanist Award 2022
麻のジャケットと淡色のシャンブレーシャツ&ジーンズで大人の色気を演出。渋いぜ。

The 39th Best Jeanist Award 2022
そしてひと際個性を出していたのが仲里依紗。
The 39th Best Jeanist Award 2022
私物の〈BALENCIAGA(バレンシアガ)〉のセットアップというオシャレピープルっぷりを発揮した。

若者のジーンズ離れが叫ばれる中、世代を超えた受賞者たちが思い思いのコーディネートを披露

一般選出部門に選出された菅田将暉は咽頭炎により授賞式を欠席したことが非常に残念だったが、ご覧のように個性豊かな著名人が思い思いのコーディネートを披露。
「協議会選出部門」を受賞した広末涼子は「この賞をいただけると思っていなかったのでとても嬉しいです。今年はジーンズでお仕事をする機会が多かったので、見ていただけていた証拠だと思います」とコメント。アラフォーとは思えない美貌と可愛らしさで報道陣をノックアウトした。
若い世代のファッションリーダーになりつつある窪塚愛流は、オーバーサイズのトラッカージャケットとルーズストレートシルエットのジーンズで登場。「僕にとってジーンズは幼い頃から馴染み深く、今でも欠かせないファッションアイテムのひとつです。素敵な賞をいただけて、俳優として仕事に対しての意欲も高まり、やる気に満ち溢れています。地に足をつけてこれからも精進してまいります」とコメントしている。
伊原剛志の大人の余裕が漂う渋い着こなしは、多くのアラフィフ世代がリアルなデニムの着方として参考になるはずだ。一方、昨年自身のブランドである〈RE.(アールイードット)〉を立ち上げたばかりの仲里依紗は全参加者の中でも飛び抜けて個性的なルックスで登場。カラフルなドレッドヘアに目が向いてしまうが、上下デニデニで揃えたのはなんと私物の〈BALENCIAGA(バレンシアガ)〉。普段着のレベルが高い!
「今の若者は本当にジーンズを穿かない」と言われることもあり、かつてよりも明らかにデニムウェア自体の人気が低迷していることも否めない。とはいえ、若者たち全員がジーンズを穿かないわけではもちろんなく、ファッション感度の高い若者の中にも積極的にデニムを楽しむタイプも多い。言うまでもなく40代以上の世代にとってはデニムおよびジーンズはさらになじみ深いものだし、デニムのない生活など想像できないという人も多いだろう。
デニムがファッションシーンのど真ん中に戻ってくる時代がいつになるかは分からないけれど、時代はちょっとしたきっかけで巡っていくもの。その盛り上がりのひとつとして「ベストジーニスト」は今後も続いていくだろう。
LIVE IN RUGGEDがお届けするデニム関連の記事はこちらから。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。