Nike Dunk High Vintage Black

ヴィンテージ調の加工が施されたNike Dunk High Vintage Blackが近日中に登場か?

こういうのでいいんだよこういうので!!


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : SNKRDUNK

安定人気のパンダカラーのダンクから、ヴィンテージの風合いが漂う一足が登場

2021年もスニーカー業界は〈Nike(ナイキ)〉が席巻した。話題性の強いコラボモノは文字通り争奪戦となり、通常モデルもDunk(ダンク)Air Jordan 1(エアジョーダン1)Air Max(エアマックス)シリーズ、そしてAir Force 1(エアフォース1)のような絶対定番モデルを中心に安定の人気を維持。LIVE IN RUGGED読者の皆様の中にもきっと「今年もたくさん買ってしまった」という人や「欲しかったアレが手に入らなかった…」という人もいらっしゃるはず。
そして、つい先日登場が噂されたのが本記事で紹介するDunk High Vintage Black。バスケットボールシューズの絶対定番である頂点に君臨するダンクハイのパンダカラーも男女問わず常に人気の高い一足なのだが、どうやらこちらが近日中にリリースされる模様。
これまでも発売されたパンダカラーのダンクとの違いは、シューレースやミッドソールが日焼けして元のホワイトから変色したような淡いクリームカラーになっているところ。「ヴィンテージブラック」の名の通り、新品状態にもかかわらず各所がヴィンテージモデルを彷彿させる加工が施されている。ストリートファッションとの相性はもちろん、アメカジやヴィンテージ系、ミニマルなモード系など系統を問わずに合わせられる汎用性と、ヴィンテージテイスト特有のこなれ感を足元で演出できる注目のモデルとなる。

トレンドに関係なく履き続けられる絶対定番カラー

〈ナイキ〉の凄さは唯一無二と言える定番モデルがいくつもあり、そこから派生する形で新鮮なデザインもあり、さらに挑戦的な作り・素材のモノもある層の厚さ。人気が集中するレアモデルばかりが取り上げられがちな一面はあるものの、個人的にはクラシックなデザイン・カラーの定番モデルの魅力を再発見した年でもあった。どれだけトレンドが移り変わろうとも履き続けられるクラシックなモデルは(似たようなカラーを既に持っているとしても)やっぱり欲しくなってしまう。そんなところも〈ナイキ〉の魅力と言えるのではないだろうか。
ヴィンテージの風合いが漂うパンダカラーのダンクは筆者個人としては絶対に手に入れたいニューモデル。見た瞬間「こういうのでいいんだよ!!」と心の中で叫んでしまった。プレミアが付くかどうかは予測が難しいけれど、願わくば普通に買えるくらいは生産してほしいところ…。近日中にSNKRSに登場するという噂なので、気になる方はこまめにチェックしよう。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ナイキ〉の記事はこちらから。
1月にローンチされる超クールな赤×黒のAJINBAの75周年を祝福するUNDEFEATED限定モデルもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。