Beauty is to wish for the happiness of people

美しさとは、人のしあわせを願うこと – 資生堂150周年を記念した新テレビCMがスタート

時代を象徴する名女優たちが勢ぞろいするビジュアルは男性も要チェック。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : FASHION SNAP

オールスター級の女優が資生堂のもとに集結

日本を代表する化粧品製造・販売会社である〈資生堂〉が今年150周年を迎える。美の力を通じて世の中の女性たちを彩り、豊かなライフスタイルを提供し続けてきた同社が、150周年を記念した新テレビCMを制作した。「美しさとは、人のしあわせを願うこと。」をキーメッセージに1月23日(日)から全国で放映している。
【併せてチェックしたい】広瀬すずがJORDAN BRANDに加入
女優の安藤サクラ、池田エライザ、石田ゆり子、小松菜奈、近藤華、長澤まさみ、広瀬すず、前田美波里の8人が出演するCMでは、今を生きる全ての人々へ、時代を超え未来に向けたメッセージを発信。顧客ひとりひとりの生涯にわたる幸せに貢献する企業であり続けたいという、150年前の創業以来変わらない思いを広く伝えることを目的としているという。資生堂が日本初の民間洋風調剤薬局として創業した頃の懐かしい風景から、現代、未来に至るまで、時を超えた美しさを最新のメイク、新しい価値観やライフスタイル提案の歴史、当時放映したCMのオマージュ、そして未来の美のあり方を最新の映像技術で表現する。
同CMに使われる楽曲はアラフォー世代以上であれば誰もが聴いたことがあるであろう1978年の大ヒット曲、「君のひとみは10000ボルト」を採用(懐かしすぎる…)。その歌詞の内容に沿って、キャストと目が合う一瞬を捉えながら撮影したという。大御所女優から今をときめく若手女優まで幅広く出演するだけに、どんな「視線」を見せてくれるのかも注目ポイントだ。

あなたの推しはCMに出ている?

また、CMではさまざまな時代に分けてひとりひとりの女優が演じる構成のため、衣装やヘアメイクは当時の流行や設定を細部まで徹底的にこだわって忠実に再現。それでいて現代的な新しさもプラスするという難易度の高い要求をクリアしたものになるそうだ。モデルとなる女優の個性は言うまでもなく千差万別。顔立ちも雰囲気も異なる中、それぞれの美しさを引き出すヘアメイクを心がけながら表現することで、いつの時代も資生堂が「お客さま一人ひとりにあわせた、その人らしい美」を提案していることを表している。
言うまでもなく出演者全員が幅広いファンを抱えているため、短いCMとはいえ見どころは盛りだくさん。LIVE IN RUGGED読者の皆様がひいきにする女優さんはいるだろうか?個人的には広瀬すずの美しさに早くヤラれたいと願う今日この頃…。
男性にこそおすすめな〈COMME des GARÇONS Parfums(コム・デ・ギャルソン・パルファム)〉の香水「MARSEILLE」もお見逃しなく。
ちなみにLIVE IN RUGGED公式ツイッターがスタートしたことはご存じ?

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。