Koshi Inaba x NEIGHBORHOOD

B’z のボーカリスト、稲葉浩志と NEIGHBORHOOD のコラボレーションが実現

松本に相談した?ファンならずとも必見のロックスピリットあふれるプロダクトが誕生。


Written : LIVE IN RUGGED
Photo : UP TO DATE TOKYO

モーターサイクルへの愛情も強く感じるデザインに

日本を代表するロックユニット、B’z(ビーズ)のボーカリストである稲葉浩志氏と〈NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)〉がコラボレーション。2月21日(月)より受注生産を開始することが明らかになった。
B’zのファンクラブ「B’z PARTY」会員限定で受注販売にて生産される本コラボレーションは、稲葉氏自身が着用し話題になっていた「Respect」とプリントされたTシャツをはじめ、キャップ、トータルライフスタイルブランド〈retaW(リトゥ)〉とのトリプルコラボレーションとなるフレグランスリキッド、フレグランスルームタグ、フレグランスキャンドルといった様々なアイテムが登場。
Tシャツの正面には「PROUD SUPPORTER」「CYCLE FURY」というメッセージとアメリカンモーターサイクルを彷彿させるウイングのグラフィックが描かれるタイプと、「NEIGHBORHOOD ORIGINAL EXTRA TOUCH」とプリントされるシンプルなアメカジテイストの2型が用意された。稲葉氏は以前からオン・オフ問わず〈ネイバーフッド〉のウェアを愛用しており、〈HARLEY DAVIDSON(ハーレーダビッドソン)〉をフルカスタムするほどのバイカーであることはファンならばご存じのはず。一方〈ネイバーフッド〉デザイナーの滝沢伸介氏も生粋のバイカーとして知られており、Tシャツのグラフィックから両者に共通するモーターサイクルカルチャーへの愛を感じることができる。

Koshi Inaba x NEIGHBORHOOD
Koshi Inaba x NEIGHBORHOOD

Koshi Inaba x NEIGHBORHOOD
Koshi Inaba x NEIGHBORHOOD

Koshi Inaba x NEIGHBORHOOD
Koshi Inaba x NEIGHBORHOOD

プライベートでも愛用していたからこそ実現したコラボレーション

80年代後半から現在に至るまで日本のロックシーンの最前線に立ち続け、AEROSMITH(エアロスミス)Steven Tyler(スティーブン・タイラー)GUNS N’ ROSES(ガンズ・アンド・ローゼズ)SLASH(スラッシュ)のような超一流海外ミュージシャンからも非常に高く評価される稲葉氏は、ファッション的にもファンが多い。〈CHROME HEARTS(クロムハーツ)〉は90年代から今も愛用しているし、日本のファッションブランドもステージやテレビ出演時、そしてもちろん休日にも愛用している姿が目撃されている。〈ネイバーフッド〉はモーターサイクルカルチャーとロックミュージックの精神が根底に流れるブランドゆえ、その世界観に強く共感されているのではないだろうか。
本コラボレーションアイテムには、稲葉氏が90年代に右肩に入れた羽根のタトゥーを彷彿させるデザインも入っていることは、目ざといファンならすぐに発見できたはず。今後稲葉氏もしくは滝沢氏からコラボレーションの裏話などが一般的に語られる機会があるかは分からないが、あまりメディアに登場しない人たちだけにどんなエピソードがあったのか気になってしまう。そして、B’zのパートナー、松本孝弘氏にもぜひファッション業界とのコラボレーションが実現してほしい。長年〈クロムハーツ〉を愛用している松本氏には同ブランドからスペシャルアイテムが登場してほしいところだけれど、どうだろう?
稲葉浩志×〈ネイバーフッド〉のコラボレーションは2月21日(月)~3月4日(金)15:00まで受注生産を受け付けている。気になる方はB’z公式サイトで詳細をチェックしてみよう。
LIVE IN RUGGEDがお届けする〈ネイバーフッド〉の記事はこちら
馬革のエイジングをラグジュアリーに楽しめるFINE CREEK LEATHERS のライダースジャケットも要チェック。
LIVE IN RUGGED公式ツイッターのフォローもお忘れなく。

ITEM CREDIT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。